スイーツ界の巨匠に「自分好みのパフェをつくって!」の無茶ぶりができる企画

お菓子を作ってほしいんだけど。チェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、希望通りのスイーツをこしらえてくれるパティシエ。それも自分のためだけに。

中世の貴族たちのようなこの優雅さ、「ギンザシックス」で実現できます。

世界にひとつ。自分だけの
オートクチュールパフェ

45413838da310467256b14a4e14d21b4739cd387

事前に好みを聞いたうえで、それをもとに材料を揃え、目の前で一流パティシエがあなたのためだけのパフェをつくってくれる(※要申込)。さらにはそのレシピ、1年間限定ながら何度でも再現してもらえるという、まさしくオートクチュールなあなただけのレシピ。

このパフェのお値段、正直言えば高いです。だって1万5,000円だもの。いくら甘党のみなさんでも、さすがにパッと飛びつける金額ではないでしょう。けれど、前述したようにこの世にひとつのオーダーパフェであることや、そのレシピをきちんとお店で大切に保管してくれて、1年間好きなときに楽しめる(実質6食分・要事前予約)ことを思えば、決して目の飛び出るようなものでもないはず。

“スイーツの革命児”が
無茶ぶりを叶える

さて、じゃあ誰がそのオートクチュールを仕上げてくれるのか。この人です。

37962f2f011432b29a75fca62b4e2ff1b522fa06

“スイーツの革命児”と称されるフィリップ・コンティチーニ。今年4月ギンザシックスに日本初出店し、すでに多くのファンを得ているフランス人パティシエです。ちなみに彼、スイーツはもとより料理においても卓越したセンスと技術で、コンテンポラリー・ガストロノミー界がいま注目する人物だそうですよ。 

コンティチーニの来日に合わせ、9月15日(金)~18日(祝月)の期間、自分だけの夢を叶えてみてはいかがでしょう。クラウドファンディングサイト「Makuake」を通じて申し込みが可能です。

Licensed material used with permission by Makuake
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
上品な味わいの「マスカルポーネチーズ」は、ティラミスだけでなく、さまざまなケーキに使用されています。あの濃厚なクリーミーさを冷蔵庫にあるもので再現できたら...
この春、銀座の街を歩く人たちの手にするバルーン(これは透明のもの)を注意深く見てほしい。もしも、膨らんだ中に何やら小さなお菓子を見つけたら、それは「空飛ぶ...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
エディブルフラワーを使ったスイーツ、と聞いてピンときたあなたは、かなり流行に敏感。というのも、そのあまりに美しい見た目が、じわじわと女性の注目を集めている...
「クロナッツ」、「フローズンスモア」、「クレームデュラコーン」、これまで数多くのメディアがどれだけドミニクアンセルベーカリーを紹介しても、ユニークすぎるお...
アメリカやイギリスを中心に、海外ではスイーツ感覚で食べられている「ライスプディング」。あれ苦手という声をよく耳にします。日本人からしてみれば、お米を牛乳で...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
白いプリンに赤いソースが華やかなこのスイーツは、イスラエルの「マラビ」というもの。大切な来客のおもてなしや、祭事につくってみんなで食べる、特別感のあるデザ...
コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透し...
焼いたマシュマロをチョコと一緒にグラハムクラッカーで挟んだ、キャンプの定番スイーツといえば「スモア」。これなしではキャンプにならない、とまでアメリカやカナ...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
ロシア人パティシエ、Olga Noskovaさんのケーキが海外メディアやSNSで話題。なぜかというと、まるで鏡のごとく光沢がーー。つやっつやのピッカピカ!...
キュッとしまった腰に細くスラッと伸びた脚。バレリーナという職業は、体型維持にとっても神経を注ぐそうです。そんな彼女たちでも、甘いものが食べたくなることだっ...
ここで紹介するのは、クロワッサンとマフィンを掛け合わせたハイブリッドスイーツ、その名も「クラフィン」!クロワッサン×ドーナツから成る、ニューヨーク発のクロ...
おもちにきなこと黒蜜をかけて食べる、山梨のお菓子「信玄餅」。その進化版とも言える「水信玄餅」は国内でも話題になりましたが、さらにこれにインスパイヤされた「...
誰もが知るフランスのファションブランド、シャネル。では、その旗艦店となるシャネル銀座ビルディングの屋上テラスに、期間限定カフェがオープンしていることをご存...