日本の真ん中から、全国に「本」を届けるブックバス!

1日1店舗。これは、日本で閉店している書店の数です。本屋さんがない街、というのも珍しいものではなくなってきました。

そこで登場したのが、この移動式の本屋さん「ブックバス」。本好きにとっては夢のようなバスです。

「古本」に新しい活躍の場を。

4cc08178cc6fa50c84634c39e0e07f52c8ac6fc3

ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販売している会社です。日夜大量の本が集まるため、インターネット上だけではさばききれないという実情がありました。

そうした本を古紙にしてしまうのではなく「本を必要としている人たちの元で活躍させてあげたい」という思いから、バスによる移動販売を立ち上げようとしているのです。

E7836e0cd1d4556255e36b206c0e0015d4ca216b3c94652faafc8f615e0fbc91ec67a423dc80b062

活動の拠点は、長野県の上田市。ここから日本各地へバスで本を直接届けよう、という試みです。インターネット上で本を買うのももちろん良いですが、たくさん並ぶ本の中から一冊を選び取る楽しみは、やはり本屋さんでなければ味わえないもの。

本屋さんがどんどん減っている中でこそ、その機会を作りたいと代表の中村さんは語ります。

ブックバスは、地域を回るのはもちろん、病院や保育施設に本を寄付する手立てとしても活躍する予定だとか。

本が必要な人のために。

1e43b913bacfa1f8c0543992a71928d332507162838915a81e2b471fe0785d8fb226332d9b603c61

中古車販売車の中から、岩手の図書館で使われていた移動図書館バスを買い取り、いよいよプロジェクトは本格始動。しかしバスを改修し、さらに全国各地を回る取り組みを継続していくためには莫大な費用が必要です。

その初期費用の調達のために、現在CAMPFIREでクラウドファンディングを実施。

E616ccaf92770300fb41455c0d384cc88cfe9b0c

支援は3,000円から。

リターンには、兎村彩野さんのイラスト入りブックバスグッズ一式セット(トートバッグ、ポストカード、マスキングテープ)や、「本の福袋」があります。その他にも、さまざまなリターンが用意されています。

ひとりでも多くの「本を必要としている人」の元に向かうため、ブックバスの挑戦は続いていきます。

Eef9de7c7977934c450dc3314dadc24cc0dcb926
Licensed material used with permission by CAMPFIRE
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
アメリカの一部地域を中心に、家の前に「小さな図書館」を置くことが世界的なブームになりつつあるんですって。具体的には、素敵な飾り付けのある小さな家のような本...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...
図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
ラトビア出身の女性アーティスト、アニコ・コレスニコヴァが、ポリマークレイや石、鉄、金などを使って手作りした「ブックカバー」が凄い!細やかな装飾が施されてお...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...
そんなバカな!と思うかもしれません。が、本当なんです。この製品は、これまでの風呂の概念を覆すポータブルバスタブ「XTEND」。ドイツ人デザイナー、Cari...
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
自分の名前とはとても大切なもののはずです。子どもだった頃は、胸に名札をつけたり、体操服には名前入りのゼッケンをつけていたり、給食袋とか上履きとか、鉛筆とか...
身近な乗り物の一つに、バスもあげられます。通勤などでバスを利用している人にとって、夢の中にバスが出てくるのは、それほど違和感はないでしょう。日常が夢に入り...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
いま、NYで最も注目を集める観光バス「THE RIDE」を知っていますか?“動くミニシアター”とも形容される、この街ならではのエンターテインメントが、乗客...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...