「壁なんか作らないで楽しく飲もうぜ!」国境に架けるビアバーが計画中

「メキシコとの国境に壁をつくる」と言ったり、「太陽光パネルを設置する」と言ってみたり、依然不透明なままの国境問題。トランプ大統領は建設費をメキシコに求めたが、メキシコ政府は断固として拒否(あたり前!)。世界中で揶揄され、ムーブメントにもなっている。

が、それだけではなかった。

MAKE BEER, NOT WALLS

発言を逆手にとって、国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。

MAKE BEER, NOT WALLS(壁ではなく、ビールを作ろう)という指針は説得力があり、妙に応援したくなってしてしまった。だって、壁で人を分けるより、ビールで人を結びつける方が素敵じゃないか。

 ふたつの国のビールを堪能

1310d83c0a724063fe8f1c004a0a4cab773d6d0c

BrewDogの計画しているビアバーは、「Bar on the Edge」とネーミングされているようだ。国境というのは2つの文化が楽しめる場所。しかも、両国には、美味しいクラフトビールが揃っている。ビールラバーには理想的な環境だと言ってもいいだろう。

1杯目をアメリカ産、2杯目をメキシコ産、3杯目はハーフ&ハーフで…なんて様々な味を楽しむことだって。

テクス・メクスのようなビールを期待

C20dab0b2ff91575194bf395cc6b376a1379ca41

アメリカには、メキシコと国境を面している州が4つ。西から、カリフォルニア州、アリゾナ州、ニューメキシコ州、テキサス州となる。BrewDogのサイトを見る限り、どの州にオープンするのかは不明だが、個人的にはビール版テクス・メクス(テキサス風メキシコ料理)のようなケミストリーが起きて欲しいと願っている。

ブリトー、エンチラーダ、チリコンカンなど日本人に馴染みのあるものは、じつは、すべてテクス・メクス料理。実際、4州を旅したことがあるのだが、アメリカで食べるメキシコ料理は、本場メキシコのものが程よくアレンジされていてとても美味。 

C1a3f51e3478f0e03f2480caf51b75a70ba9ba33

2ヶ国の素材をミックスさせたクラフトビール、テキーラやメスカルなどをミックスしたビアカクテルなど、一味も、二味も違ったものを期待してしまうのは、ビールラバーの性なのかもしれない。

ミスター・プレジデント。壁とか太陽光パネルとかではなくて、いっそ、国境はビアバーをずらりと並べて「クラフトビアライン」でもつくったらいいかがだろう?その方が、新たな米国観光ブームが創出できて雇用機会の増大にもつながり、さらには、ビール需要による経済効果だって見込める、かもしれないし。

Licensed material used with permission by BrewDog
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
東欧のハンガリー。首都のブダペストでは、数年前に話題になった移動式のバーがいまだ人気。乗車する人たちが自らこがなきゃ進まない。飲んでエクササイズもしながら...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
カナダ・マニトバ州南部の町ウィニペグを流れるアッシナボイン川。一面が厚い氷に覆われるこの時季は特設スケートリンクとして、人々のレクリエーションの場に変わる...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...