ささやく声が聞こえてくる「忘れないで…」

荒涼とした土地にひっそり建つ白い家。

伸び放題の雑草を見るに、おそらくもう永いこと誰も寄りついていないのだろう。人気のない寒々しさだけが漂っている。

E51e3d86795fc9f0a649672eb6500f412af41463

恐る恐る中へ。

壁は剥がれ落ち、床板は朽ちていた…。もう戻ってはこない家主が、写真フレームの中から笑いかけてくる。

E404830eaf822aa7ccb0870c75ddfcc128c8157d

棚や台所には、まだ本や鍋が置いたままだというのに、床には破片が散乱。置き去りにされた“生活感”だけがそこにある。

2039f24a829a3ffca84a3c8deed4e5390e9dc7b6

誰かに見られている気がする…その刹那、現れたのは少女の横顔。悲鳴をぐっと飲み込んで、彼女の視線の先を追ってみると…。

E097ad6873a96ce2a2ef1f9810aa1cef8ab076c2D56f495eb3665d5db3c24f25e7d83c23e943aec84b7555f29ef7daa11d0763ce7966e68ae4f63ec77d34282ca42d66c02c2e54386f23fb7cd8dd564dC57ac69c2abe00ee663ed8dab5d6f49e6eb5c8c1F363ecdfbdffa5e24d17a77d9c1ab655e9ce10ca

彼女たちは、取り壊される運命にある廃墟の最後に花を添えるべく、メルボルンのストリートアーティストが施したもの。アートか、落書きか、どちらにしたって、誰の目に触れることなく葬り去られていただろう。

けれど、こうして多くの人に最後を知る機会を与えられたとすれば、この家も寿命をまっとうしたと、思えるかもしれない。

それにしても、彼女たちの虚ろな表情を見ていると「私を忘れないでいてね…」なんて声が聞こえてきそうでゾクッ。

Licensed material used with permission by Rone, (Instagram)
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
大事な命を授かって間もなくして、離れ離れに暮らすことになった夫婦。アメリカから約7,000マイル(約11,000km)先の日本に行く愛する人の無事を祈りな...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
大型スーパーなどの駐車場に車を停めると、車内でお行儀よく待っている(なかには吠えまくっている子も)犬を見かけることがあります。ご主人が去っていった方向ただ...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...