ペグではなく「砂」で固定するビーチ用タープ

ビーチで欠かせない日よけ対策。その手段はいくつかある中、ここではタープに絞って話をしよう。

開放的で風通しが良い反面、最大のネックとなるのが「ペグ」。荷物としてかさばるし、それなりのモノを買わないと折れてしまうことも。そしてなにより、強い風が吹くと、まぁ〜すぐに抜けてしまう。

それなら、ペグを使わずにタープを張ったらどうだろう?

3ステップで
楽々セットアップ

F42808f1fc6f168e0084dd0d8cb6adf60b05de02

「Sombra Shade」の特徴は、ペグの代わりとして「砂」を用い、その重さで固定できること。それでいて開発元は「3ステップの楽々セットアップ」を押し出している。

この手のプロダクトって、簡単だとか書いてあっても、実際は眉唾ものだったり。でも、これは、本当に楽勝っぽい。

01.
ファブリックを拡げる 

0dc77165f5c5b7ad0ed342ac0902f8f9a26d0025

02.
砂を詰め込む

D2498a521798b4f4353d21cb41420010cb71b891

03.
ポールを立てる 

3e6ee191246505b24280f65618ae104865693700

たったこれだけ。組み立てにかかるのは、2分以内とのこと。これで随分と、時間も労力も簡略化されるはず。

D591fecf1099148accd9bca6c10111426e7d020a

素材は、ストレッチがきくライクラ。98%のUVカットを誇る。

06a7ff50d8eed11731714fbd90bf70b79a3b854a

カラバリは、マゼンダ、オレンジ、ブルー、ピンク、サックスブルーの全5色。どのカラーも鮮やかで、ビーチ映えするのは間違いないはず。値段は89ドル(約9,800円)。このスペックなら、コスパが高いといえそう。

6d36336ea96181028e3bf014f8e03cbbe2ded52a

コレは欲しい!と日本へ送付可能かを問い合わせてみた。答えはOK。が、最低ロット数が300とのことで、現実的ではないのよね。(残念!)アメリカ在住の友人がいるなら、そちらの友人経由で購入することをオススメする。

1639186a2a0cb67f99e16a2165c7c0bf08fe9246

最後に動画を。設置よりもスピーディーな撤収シーンは要チェックだ!

Licensed material used with permission by Sombra Shade
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フ...
もはや今さら言うことでもありませんが、鎌倉・江ノ島は多くの魅力が詰まった人気観光地。都心からわずか1時間ほどでアクセスできる利便性も相まって、週末になると...
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
梅雨が明けると、いよいよ夏が到来。早く海に行ってワイワイはしゃぎたい!なんて思ってるアナタは水着の用意はバッチリですよね。でも今年は、それだけじゃなく「ビ...
夏。最高のロケーションと音楽を満喫したいなら見逃せないのがコレ。会場は、都会のオアシス、豊洲マジックビーチ。え、まだ行ったことがない?ナンテコッタ!ゆっく...