決して洗ってはいけない「箸」の秘密

一見するとちょっと太めの普通のお箸ですが、よく見ると確かに木製のものとはちょっと違った感じ。

でも、使い方は普通のお箸と変わりません。食べたいものを掴んで、いつものように口に運んでください。

98116af96599b05a0147fe8e8764691e9ac723ef

ただし、普通のお箸に比べると折れやすくなっているので、突き刺したりかじったりするのはやめましょう。

この箸が本領を発揮するのは、ここからです。

畳に使われる「いぐさ」が実は食べられるってことを知っていますか? 食物繊維はレタスの約60倍で、お腹の環境を整えるのに抜群の効果を発揮してくれるそうです。この箸は、そんな「いぐさ」でできています。

その名も「食べられるお箸(畳味)」100%熊本産のいぐさ。

畳味のインパクトが大きいですが、ご飯を食べられる上にお通じも助けてくれると思うと、優れものだと思わざるを得ません。

安心、安全の国産いぐさと小麦粉、卵を使用し、食べやすさにこだわり、じっくりと低温で焼き上げたサクッとした食感。

年々生産量が減少している国産いぐさの、新たな可能性を見出した商品とも言えます。

F2ed6fa9e24b1b2bb98aa5e55d1301ace5506662

なんだか、懐かしい味

58dc9a386dde2378abbbf18f551eb1014cc8cb8cC54421618c19dadef23d881d4975a0eecafa0835

食事が終わったら、デザート代わりに。

箸に使えるように焼きしめてあるため、折るのには少し力が要るかもしれませんが、ひと口大に折って口へ運びましょう。もちろん、そのままかじってもOK。

Fa4697fb5227e571214c374a41baf0ee4bdd0dee

味は、商品名にもある通り「畳味」です。ほんのり甘い味付けにいぐさの良い香りが広がり、何だか懐かしい気持ちになります。

いぐさの香りにはリラックス効果もあるので、食後のひとときを過ごすのには抜群のパートナーかも?

温かい玄米茶などと合わせれば、実家の田舎に帰ってきたような気分を味わえるかもしれません。

F60b2b93b20918d407981d9ced4d01b7cdddcf93

畳にもっと親しみを持って欲しい、という想いから生まれた「食べられるお箸(畳味)」は5本セットで1,930円(税別)。

もうお分かりですね? 1930=いぐさ、です。

Licensed material used with permission by 食べられるお箸(畳味)
できたてのハンバーグステーキが、じゅうじゅうと音を立てながら運ばれてくる。そんな様子を、思い浮かべてみてください。こんな時、どうしても「お箸で食べたい!」...
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
健康的なダイエットには欠かせない「食物繊維」。消化を促進してくれ、少量で満腹感が得られ、脳卒中や心臓病のリスクを下げるとも言われています。多く含まれる食材...
もともとは、アメリカの女性作家ジーン・ウェブスターによる小説。主に両親のいない子どもに金銭的な援助をおこなうが、しかし、その正体は絶対に明かさない。現代日...
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
畳の歴史が、いま変わろうとしている。京間や江戸間など地域によって若干のサイズの違いはあった。しかし、そのカタチは一定して長方形だった。ところが、この畳は複...
食物アレルギーではないはずなのに、何か特定の食べ物を食べた後は決まって具合が悪くなる。コレ結構多くの人が抱えている悩みだそう。吐き気や胸焼けに限らず、疲れ...
忙しく生きる現代人は、毎日の食事もつい「早食い」になってしまいがち。しかし、早食いは肥満の原因となり、健康にも悪影響……。健康診断などでメタボを指摘され、...
健康のことを考えたとき、一番に始めるたいのが「食生活の改善」。野菜を多めに摂ったり、玄米にしてみたり、なんとなくでも栄養管理をする人も多いはず。しかし、そ...
震災からまもなく1年を迎える熊本。その節目となる4月16日(日)、表参道COMMUNE2ndで熊本の魅力を発信するイベントが行われます。この日だからこそ、...
暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥...
男女の平均寿命が「84歳」と、世界一の長寿大国を誇る日本(2015 WHO調べ)。その要因を一概に語るのは難しいですが、「健康的な食事」が理由のひとつかも...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ごぼう=初冬、のイメージが強いかと思いますが、夏に旬を迎えるのが新ごぼう。そんな旬の新ごぼうをあえて「洋風のマリネ」にしてみました。こうすることで、ビック...
テレビ番組で特集が組まれるほど注目されている「パクチー」の美容・健康効果。では、具体的にどんな効果があるのでしょうか? 今さら聞けないパクチーの秘密と、そ...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
体の芯から冷え込むような、本格的な冬がやってきました。そんな季節を風邪知らずで乗り切るために、ぜひ取り入れたいのが今注目の「甘酒」です。それもフツーの甘酒...
健康を保つため特に注意が必要なことは、体の中でも繊細な消化器系の調子をいかに整えておくか。だけど、私たちの生活習慣において、逆効果な行動が多々あると「Li...
小さな果実に栄養がたっぷり詰まったキウイ。春から夏にかけてはニュージーランド産が多く出回りますが、9月下旬からは国産モノも数多く登場してきます。健康維持、...
健康食材としてのアボカドの認知度は、今や疑いようのないもの。ところが、本当に栄養があるのは、なんと果肉よりも種なんだとか。ライターAlanna Ketle...