ここにあるのは、50年間のかけがえのない思い出。

ベートーヴェンのシンフォニー6番(田園)、亡きご主人作のクラシックリスト……“オール・タイム・フェイバリット”について語るおばあちゃん(名曲喫茶「でんえん」店主)は、語り口こそ軽妙だったけれど、これまでの90年という人生の一部分を手のひらにのせて慈しむようでした。最後に挙げていただいたのは、たくさんの思い出が詰まったこの一冊。

新井富美子さん

昭和2年(1927年)7月24日生まれ。東京・国分寺の名曲喫茶「でんえん」オーナー。

#FAVORITE.03
 東京ノスタルジック喫茶店

新井富美子:好きな本といえば、10年くらい前に、こういう本を出して下さったんですよ(と言って、書棚から「東京ノスタルジック喫茶店」という本を取り出す)

いろいろな喫茶店が紹介されているんですけど、うちもずいぶん大きく出して下さってね。あんまりこういった取材ってイヤなんですけど(苦笑)、お店も50周年の頃だったのでせっかくだからと思って。すごく丁寧に話を聞いてくれて、本にまとめてもらいました。

(掲載されている写真を指差して)これは主人と私が若かった時、このお店をスタートした頃ね。そう、がっしりとした大柄な人だったの。人相は良くないけどね(笑)。これは前にお話しした美人ウェイトレスですね。タカラジェンヌみたいな人もいたんですよ。見てるとね、いろいろと思い出しますよね。

Bef36531a34a33d9ed3967f050dbb1364e39fd3c

 ――お店には本もたくさんありますね。

新井:お客様からいただいたものもあるけど、ほとんど主人のものなんです。とっても本が好きだったんですよ。

 ――ご主人はどんなジャンルの本がお好きで?

新井:文学書と、写真集とか、いろいろ好きでしたね。私も、若い頃はよく本も読みましたよ。「アンネの日記」とか「風と共に去りぬ」とか。昔のことなので内容はよく覚えてませんけど(笑)。

 ――この本にあるような老舗の喫茶店とは、やはりつながりがあって?

新井:昔はうちみたいな名曲喫茶ってたくさんあったんですけど、ほとんどなくなってしまいましたね。中野とか、高円寺とかにもありましたけど。

 ――中央線には古くからの喫茶店が多いイメージがあります。

新井:そうね。主人も中央線沿いに出したかったみたいで。やっぱり都内寄りは家賃が高いですよ。西へ来るほど安いですから。立川駅は家賃がもっと安いじゃないですか。それでまぁ、この辺にしておこうと思って国分寺にしたんじゃないですか。

 ――何かゆかりがあったわけではなく?

新井:特にないんですよ。ここが貸店舗で出てたんですね。ところが十何人見にきて借り手がなかったんですって。それで大家さんが根負けして、家賃はどうでも良いから借りてくださいとおっしゃったの。それでここに決めたみたい。幸か不幸か。

 ――今では国分寺の代名詞のような喫茶店ですし。

新井:もう60年ですからね、よくやりましたよね。本当に。それで、こういう本を出してくださって感謝しています。いい記念ですよね、とっても。

前回はこちら)

Photo by Akihiro Okumura(TABI LABO)
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。前回ま...
東京は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」。60年あまりの歴史を誇るお店には、お客さんのリクエストでクラシックの旋律がゆったりと響きわたり、まるでここだけ時間...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。前回ご...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
東京は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」。御年90歳になる店主のおばあちゃんが切り盛りする、半世紀以上も愛され続けている老舗です。前回につづいて、お店のこと...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。生い立...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
納屋や蔵の奥に思わぬ家宝が眠っていた…。なんて、夢みたいな現実の話をご紹介。親子三代が引き継ぐことになった、廃車寸前のオンボロ車。おじいちゃんの道楽と思い...
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
7月2日、3日。今週末の土日は、このお店に注目。01.COBI COFFEE AOYAMA02.Little Pool Coffee03.The AIRS...
動画の男性が演奏しているのは、たった1本のアコースティックギター。しかし、見事にマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」をリズムからメロディまで完全...
音楽好きにとっては、すごくいい時代だと思う。ビジネスとして見たら、音源が売れないとかいろいろ課題があるのもわかってるけれど、いちリスナーとしてはこんなに楽...
「ああ〜職場に戻りたくない」「ミーティングがなくなれば」なんて嘆きや、「この一杯が最高!」という、休憩中にカップを手にした時の気持ちを、うま〜く表現してい...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
淹れたてのコーヒー美味しさを、いつまでもキープし続けるためには、最適な温度を維持すること。この目的のためだけに開発された、コーヒー好き必見のサーモマグをご...