周りからバカにされようとも「これがライフワークだ!」

愛すべき海外の「オタク」たちを紹介します。

たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた彼らの情熱をどうぞ。

こねては、磨き、またこねては、磨く

A6ccd9bbd0b51b98c15d09fb1c17932f9dfea20579902db5d9d8e398f5138122ab26c935fc7a3dac

幼いころ、土にまみれてつくった「泥だんご」。良質な砂の採集から始まるBruce Gardnerの一日。専用のフィルターでふるい、ねって、こねて、みがく。これをただひたすら繰り返すことで、宝石のような輝きを放つ土と水の芸術。ホンモノの泥だんごがここに。

→詳しい記事はこちらから。

歩いて探した10年間の執念

47447779ec2760a43211aaccc0fee17d7c63aa22

来る日も来る日も、四つん這いになって拾い集めた小石。単にキレイな石を拾うというだけなら、10年なんて月日はかからなかったかもしれない。愛石家André Quirinus Zurbriggenの狙いは、自然がつくり出すAtoZ。まさに目を皿にして拾い上げた氏の執念の結実は、石ころにも価値があることを教えてくれる。

→詳しい記事はこちらから。

ペットボトルに魅せられて

6424c0a781a51c3b7cc78778d9ab0efebec5b817

これもひとつのリサイクル法。一度はゴミとして捨てられたペットボトルに新しい息吹を吹き込んだVeronika Richterovaの作品。世界76カ国からおよそ3,000本のボトルを集めた美術館『PET-ART muzeum』の主催者でもある彼女がつくるシャンデリアは圧巻。自然に分解されないのならば、美しく残す方法を示してくれた。

→詳しい記事はこちらから。

苦節35年「つまようじ」の超大作

47b86046019b00e254c10ff480ca6aad5c5f2df1

サンフランシスコを象徴する建築物をモチーフに、じつに100,000本以上の「つまようじ」だけでつくりあげた作品「Rolling Through the Bay」。22歳から始めた制作が完成したとき、氏は57歳を迎えていた。「誰もができないことをやり遂げた俺は、クールだろ?」。誰に理解されなくたって、やりきる。これ以上クールなことはない。

→詳しい記事はこちらから。

ひたむきに汗を流して40年

E1f27fb9f1f73a7e0be617fd6517cd98e1677d38B7c51c2247400b20e1bcb902a44f9dac71d3bd12

「たった1時間のときもあれば、丸1日こもっている日もある。1ヶ月がかりってことだってね。そこは、自分の気の向くままさ」。ありのままの自然にインスパイアされ、動力を使わずに遊ぶ方法を40年、たった一人でつくりあげたBruno Ferrin。親が子どものお手本になって遊び方を教える。Bruno手づくりのエコパークは、すべて無料。

→詳しい記事はこちらから。

ブルース・ガードナーは、ニューメキシコ州アルバカーキにいる。どうやら究極の「光る泥だんご」を追い求め、日々研究と実験を重ねているようだ。きっかけはある人物...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
アニメにゲーム、アイドル、歴史、電車・・・1つのことに熱中して追いかけ続けるオタク系男子が近頃、結婚相手として人気が急上昇中なんだとか。これまでは「非モテ...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
あなたの周りにいるエネルギーに満ち溢れた人。近くにいるだけで、なぜか自分もポジティブな気分になった記憶はありませんか?ここで紹介するのは「Elite Da...
いかにも海外で好まれそうな日本のアイテムーーと思いきや。それだけではありません。「The BRELLI」は、地球とお肌に優しい、世界で唯一の傘なのだとか。...
大好きなものを、大好きな人と一緒に食べることが、じつは一番の健康法なのかもしれません。米・ワシントン州に、それを体現しているかのような可愛らしい夫婦がいま...
健康のために、変わったモノを摂取するブームは、昔から話に事欠かない。日本が誇るレジェンド・オーガニックドリンク「青汁」。様々な「酢」を飲むブーム。昨今では...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
きっと「英語を習得しよう」という動機は、人によってさまざまだと思います。試験のため、世界を自由に旅してみたいから、友人や恋人とのコミュニケーションツールと...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
庭用のなかでも、巨大なビニールプールがあるというのは知っていました。けれど、本格的に船で引っ張り水場に設置して、そこに小さなウォーターパークを作ってしまお...
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...
過去に、5月21日〜6月20日生まれの「ふたご座」と付き合ったことがある人なら、思わず頷いてしまう、あるある。自身もふたご座であるというライターのAlic...
備えあれば憂いなし。サバイバルが必要なシチュエーションなんて、さずがに人生の中でも想像できないだろうけど、この方法、知っておくだけで、何かとアウトドアシー...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、奄美大島の魅力をあげたらキリがない。けれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」...
この写真、合成ではありません。ここはセントラルパーク内「Sheep Medow」。満開の桜のようにも見えます。映画によく登場する「Gapstow Brid...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...
日本では絶対にあり得ない、「Cut.com」による、あの衝撃映像シリーズが帰ってきた。今回は、マリファナを3人のおじいちゃんが吸引して、会話する様子を収録...