結婚を考えるとき、「当たり前のこと」ほど背中を押すものはない

正直に言わせてもらいますと、当ったり前のベタな内容。きっとこのライターAnjali Sareen Nowakowski、新婚さんなんだろうなあ。ちょっと“おのろけ”にも聞こえなくもない。

でもでも、きっと人生でそう何度もない大きな決断をするときほど、こういうシンプルな問いかけの方が、自分の本当のキモチと向き合えるんだ。

01.
「運命の人」だと思える?

33413e2f7667212a5fc659f09cba939fc03a3814

ありきたりのことだけど、やっぱり大事なのがこの質問。

夫と付き合い始めてすぐ、「この人だ!」とお互いに確信しました。それまでは二人とも“運命なんて信じない派”でしたが、一緒になってから運命を信じるようになったんです。何より、同じタイミングでその想いを共有できたことが良かった。

となると、永遠の愛を誓うときのひとつの決め手は、やっぱり相手を運命の相手と思えるかどうか。確かな気持ちがないのなら、まだ結婚は早いのかも。お互いのことをパーフェクトと思えて、ようやく「生涯のパートナー」と呼べるのですから。

02.
無条件に「信頼」できている?

相手を信頼できているかどうか。これも、一生を共にする決断を下すときに重要なこと。私は夫と約8週間で結婚しましたが、そんなことができたのはお互いに信用しあっていたから。

基本的にはつきあいが長くなるほど信頼が増すもの。ただ私たちの場合、お互いの行動や周りからの評価を基に、付き合い始めてすぐに「この先もお互いを傷つけることはないだろう」と確信できたから、結婚に踏み込むのも早すぎるとは感じなかったのかも。

この質問に対して、お互いに自信を持って「はい」と答えられるのなら、永遠の愛も夢じゃありません。「永遠の愛」なんてある?と思う方、本物の相手にさえ出会えば、手に入ります。信頼は、永遠の愛には欠かせない材料ですから。

03.
本音で話すことができている?

46dade384b1f90f097cbe92eda176eed4dbd1150

あなたはパートナーと、なんでも腹を割って話せていますか?

「私たち、いつも何でも話せてるよね」なんて話を夫とよくします。思えば私たちは、より良い関係を築くために、会話をたくさん重ねてきました。問題があればすぐに向き合いますし、気になることがあればすぐに相手に伝えるよう心掛けています。そうしているからこそ、深い絆が生まれたんだと思います。今のパートナーと、生涯一緒にいたいと思うのなら、お互いに「なんでも話せる」と思い合えているかが肝心です。

といっても、「本音=侮辱や批判」ではありません。心理学者であるJennifer Rhodesは、「この二つが会話に含まれていると、離婚に繋がる可能性が非常に高い」と述べています。

またそのいっぽうで、上っ面の会話しかできていない場合、お互いの本音を探る勇気がないと、問題が浮上したときに上手く解決策を導けず終わってしまう可能性もあるので、要注意。

04.
一緒に成長していける?

パートナーとの将来が見えてこそ、結婚も視野に入れられるもの。

夫と結婚したとき、じつのところ私は彼のことをほとんど理解できていませんでした(8週間で結婚するとそうなりますよね)。でもひとつ分かっていたのは、二人とも好奇心が旺盛で、一緒に成長していく意思があったということ。もちろん結婚を考えるうえで「相性」も重要な要素でしたが、それ以上にお互いに高め合えるかどうかを重要視していた気がします。

今のパートナーとずっと一緒にいたいのなら、今だけでなく、この先も一緒に成長できる自信があるかどうかを見極めましょう。

05.
どんなときも
親友のように楽しめる?

6ea191e3f8c2040464adaa603267bcd04d506761

パートナーと一緒にいて楽しいかどうか、あなたが思っている以上に重要な要素です。

私たちはライブに行くことや、騒々しいEDMをガンガンにかけて聴くことが大好き。あとは一緒にジムで鍛えたり、遊園地に行ったり、ドライブに出かけたり、スーパーに寄ったり。大したことじゃなくても、とにかく一緒にいればすべてが楽しくなっちゃうんです。

心理学者Rhodesは、こう言っています。自分のパートナーが「一緒にいて楽しむことができる親友なのかどうか」を時おり確認するといい、と。一緒に楽しい時間を過ごすことで日々のストレスを吹っ飛ばして、二人の絆を深めていきましょう。

※この記事は、「Elite Daily」で紹介されていたものです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
結婚願望があまり強くない男性が増えてきている昨今。10歳以上も年下の彼氏と付き合っているならなおさらですよね。とはいえ、いつまでも年下の彼氏に結婚を先延ば...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
「reddit」のスレッドには、多くの男性が奥さんとのなれそめを投稿しています。それらをまとめた「WorldLifestyle」Linda Barsi氏の...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
彼氏/彼女を「パートナー」という呼び名に置き換えたなら、あなたの恋人にどんな変化が起きるか?たんなる表現の違いで、「もっと精神的に深く結びつき、お互いを尊...