トルコで80頭の羊が集団飛び降り自殺。

2014年にWHOが発表した「自殺防止に関する報告書」によると、年間80万人以上が、世界のどこかで自殺していることがわかった。

自ら命を落とす、それは人間だけに限ったことではないのかもしれない。というのも、先月トルコで80頭もの羊が崖から飛び降りる姿が目撃されたからだ。

目の前で羊たちが次々と…。
トルコで起きた“羊たちの奇行”

C7bfd67ab3d46f79856c03770f440ffb61583497

1頭の羊が崖から飛び降りると、残りの79頭も気が狂ったかように後を追っていった。どうにか止めようとしたんだけれど、まったく言うことを聞こうとしないんだ…。何かに怯えていたわけでもなく、落ちることを怖がってもいないようで、本当に何が起きたんだかさっぱりわからない。

羊飼いのErkan Ozerでさえ、羊たちの奇行に解釈つかなかったと、「The Earth Chronicles of Life」に伝えている。

けれど、調べてみると羊たちの集団飛び降りは、トルコ国内だけでも過去に2度発生していた。2005年には400頭以上が、さらに2010年にも50頭以上が、同じように命を落としている。さらに今年6月には、スイスで同じように牛が集団で崖から飛び降りて命を落とした、というケースも。

人の死と動物の因果関係
動物も「自殺」する?

いずれも理由はわかっていない。

地形や餌となる牧草の変化、あるいは気候変動などの自然環境を疑うのが定石だろう。が、万が一にも国内情勢や、人々の間で起きていることと何がしかの因果関係があるとしたら…。

こじ付ける訳ではないが、こんな数字と比較してみたい。「トルコ統計研究所」から自殺者数を調べてみたところ、微増ではあるが2001年から右肩上がりに増えていることがわかった。

2005年:2,703人
2010年:2,933人
2016年:3,064人

今回羊たちの飛び降りが起きた南東部は、トルコ国内でも特にテロが活発化しているエリア。多くの人が死傷し、緊迫状態が長く続いていたに違いない。

自らの意思で命を絶つ動物は、人間以外にありえない、とする見方が大半だが、動物に“自殺”の概念がないということの方が定説のようだ。だとすると、一連の奇行はどうして?よもや、人間社会での争いごとに嫌気がさして、とは考えすぎだろうけれど。

9月10日は「世界自殺予防デー」です。日本の自殺率は世界でも高いなか、私たちには何ができるのでしょうか。アメリカの自殺予防団体が挙げる自殺のサイン。これを...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
そもそもの見分けがつかないって人にヒントです。毛がモコモコしているのが「羊」で、角があるのが「ヤギ」という認識で探してみてください。1匹、2匹、3匹…と、...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?写真に隠れた“あの動物“わかる?カナダ中...
 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
 エッセイストの玉村豊男さんが書いた『料理の四面体』という本に、アルジェリアをヒッチハイクしていて若者たちに食事に誘われるシーンが出てくる。 若者たちは道...
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
どんな仕事にだって、ストレスはつきもの。クライアントの無茶ぶりや、長時間労働、感情的なトラウマなどなど、多くの人がストレス解消法を持ってなんとかやり過ごし...
「ノアの方舟」といえば、旧約聖書に登場する伝説の舟。大洪水を逃れるために造られた、というアレです。このものがたりの時代から食されてきたという、こちらも伝説...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
Facebookが、自殺防止のための新機能を追加することを発表した。自殺の可能性を感じるような投稿を発見したり、他の人からレポートがあった際には、メンタル...