「産むかどうかは自分で決めさせて!」アイルランドの妊婦たちが訴える

「助けを借りないとバスタブから出られないこと」
「チキンの匂いがしたら気分が悪くなること」
「足がむくんでしまうこと」
「お腹がつっかえてペディキュアを塗ることができないこと

妊娠中、イライラすることについて動画で語る女性たち。不満を口にしつつも、自分の経験を笑顔で話す彼女たちを見ると、辛いことを乗り越えたからこそ良い思い出になっているのだと思えます。

しかし、40秒を過ぎたあたりから、動画のトーンは突然変わります。

「中絶手術のために
海外に行かなければいけないこと」

動画の後半から始まる彼女たちのメッセージは、アイルランド政府に対するもの。The Eighth Amendmentとして知られる憲法40条は、女性の命に危険性がある場合を除いて、中絶を禁止しているのです。

レイプされ、妊娠してしまった場合でも治療を受けることができない現状で、「Repeal Eight」は14歳の女性がイギリスに行き、手術を受けなければいけなかった事実を紹介しています。

2018年の選挙に向けて、この問題を多くの人に知ってもらおうという目的でビデオを制作した「Amnesty International Ireland」はこう言います。

誰であっても自分の体に関わることは自分で決められるべき。妊娠をすることも中絶をすることも、私たちの人権なのです

中絶できないというアイルランドの状況を踏まえたうえで、改めて彼女たちがイライラすることを。

5c5a7057c38dc2eba1cd5235551b87f2b567f1f8

「自分のお腹から子どもが産まれても、長生きしないと言われていること」

06e8729c6a157bef38ee469b4220d05d8d9a4aab

「自分の意見がまったく尊重されないこと」

1f28da54a256d2b30e155978bed8dc56936591a4

「お母さんになる準備ができていないのに、何もできないこと」

Df08d121a876a9b086bf675649a5b38fd176f2c8

「どうせ中絶ができないからと医者が判断して、全ての情報を教えてもらえないこと」

Db6e75c5cf116ae08abcc1537e7e0d2017aca1b8

「赤ちゃんのためだからと説得されるけど、本当は病院のためだとわかっていること」

03f8ab4902ca2f6d732c9d3eadde5417fef25cb1

「中絶手術のために海外に行かなければいけないこと」

B7eafd29a5aaad6248b3ec3f34e198da526aadae

「政府に犯罪者扱いされること」

Reference:Repeal Eight
Licensed material used with permission by Amnesty International Ireland
動画に写っているのは、ジャクソン5の『サンタが街にやってくる』を、まるで踊るかのようにして手話で歌う3人の女性。見ているだけで笑顔にさせられる動画は、Fa...
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
妊娠しているとお腹が大きくて生活に不自由したりと大変なことがたくさん。自分の妊婦体験をインスタグラムでクレイティブに表現しているのはMaya Vorder...
2015年5月、スコットランド政府が「学校の科学の授業で天地創造論を教えるべきではない」と公式に発表し話題になった。天地創造論とは、神が万物を創造したとい...
妊婦さんは「永遠の神秘」。不思議さのなかにも、心温まる愛を感じさせてくれます。米メディア「Collective-Evolution」で、男性ライターのMa...
バングラデシュは、妊産婦の死亡率が高い国のひとつ。2015年ユニセフの発表によると、日本の妊産婦死亡率が13,400人に1人なのに対し、バングラディッシュ...
日本の夫は、世界一、家事育児をしない。国際社会調査プログラム(ISSP)の調べによると、そんな事実が明らかになったそう。この危惧すべき状況を打破すべく、日...
「妊娠中はコーヒーを控えた方がいい」とか「胎児のために食事量は2倍は食べるべき」、こういった話を一度は聞いたことがあるはずです。でも、こうしたことのどこま...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
この世界を生きていくには、他人と付き合っていく道は避けて通れません。でも、人付き合いを難儀に感じている人は、少なくないはず。だって、他人の言動にイライラし...
縦に90m、横に15mは有にある巨大タンカーGalway Fisher。アイルランドのゴールウェイ市にある、非常に細い港の入口に、この巨大タンカーが入港す...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
ポリ袋に入った乳児の遺体がゴミ捨て場から見つかった、女子高生が自宅のトイレで出産し、生まれたばかりの赤ん坊を窒息死させた…。赤ちゃんの遺棄事件のニュースが...
戦争の悲惨さを訴える手法として、映像は効果的です。この動画もそのひとつ。衝撃度大のバーチャル・リアリティに、あなたは何を思うでしょう?動画はゲームのように...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕...