夏が涼しく、楽しくなる「こもれびうちわ」

夏の暑い日。つい畳の上でうたた寝をして、目を覚ます。

締め切った障子に、庭の木々を通した木漏れ日が映っている。強い日差しが障子をきっぱりと白く見せ、優しく揺れる木々にあわせて、ひらひらと光も揺れる。

こもれびうちわ」は、そんな障子に映った木の陰をモチーフにして作られたもの。

一見、シンプルな普通の白いうちわに見えますが、光にかざすと木の葉シルエットが浮かび上がる。ノスタルジックな風景が込められているんです。

女神から伝えられた
「越前和紙」

Fb25ce3d9a347da5e57db25adcb433ff5694eebc

「こもれびうちわ」に使われている越前和紙は、1,500年前にその起源が遡るといいます。現在の福井県の岡太川の上流に現れた美しい女神「川上御前」によって紙漉きの技術が伝えられたという伝説が残っており、現在も和紙の王様としてさまざまな場面で利用されています。

幻想的な起源、長い歴史、そして今も受け継がれ続ける伝統によって作られる越前和紙を使用した「こもれびうちわ」は、夏の暑さを和らげながらも、日本の奥深い文化を伝えてくれるもの。

9922eda5d2760e1d589563ced61fc415dbb2e7497a4c8366e5e3c55dedd125ded6ae97bca7904bed

「こもれびうちわ」に使われる和紙は三層に重ねられ、木漏れ日の透かし模様に仕上げられています。全てが手作業で行われるため、同じ模様はひとつもありません。

つまり、光にかざしたときにだけ模様があらわれるという控えめで美しい芸術は、熟練の職人芸によって初めて成立するもの。

また、うちわの骨組みも、京都の「京うちわ」の職人が一つひとつ手仕事で組み立てています。

外国にはない言葉
「こもれび」

6f501c19652ae7e14133c312c0db4fa32ad675ab62e19a8562980840f42412de18dcf731b372c1ad

都会の喧噪の中で、忘れてしまいがちな自然の光。「木漏れ日」という言葉は、外国には存在しない日本独自のものとも言われます。

「こもれびうちわ」は、ひとつ4,860円。

風情ある日本の夏を楽しむアイテムとして、大切な人への贈り物にも。

Licensed material used with permission by KOTOKO HIRATA
知人の結婚や出産、卒入学の時などに、祝福の想いを込める「ご祝儀袋」。直前になってコンビニで購入なんてことになりがちですが、できるなら前もってしっかりとした...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
「環境の変化に柔軟に対応する」そう聞くと、学生時代の就職活動を思い出してしまうのは自分だけだろうか?というのも、企業が求める人物像の“常套句”だったから。...
その素材はまるで、タオルになるために生まれてきたかのよう。そう言っても過言ではないほど、“両者”の特徴は、人の体を拭くのに適しているのです。このブランド「...
大学4年生のみなさんは、今から1年もしないうちに社会人として1歩を踏み出すことになるでしょう。社会人生活が待ち遠しい人もそうでない人も、大学生最後の夏休み...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
少し前に「世界で一番カッコいい納豆専用の器」を紹介したら、けっこう好評だったみたいで、取り扱い元のsasayakaさんにお礼のメールまでもらった。記事の一...
日本の学校が夏休みに入った頃、アメリカでは3ヶ月の夏休みが後半戦に突入しました。「そんな長い夏休み、どうやって過ごすの?」と思われるでしょうが、アメリカの...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
「私たちは、皆、仲間たちと素晴らしい夏を過ごしたいと願っています。もう、あなたのカレンダーにも、公園でのピクニック、ビーチパーティー、BBQ、お酒たっぷり...
恐怖とは無縁のゴーストたちは、海やディズニーランドで夏を思いっきり満喫。愉快な彼らの姿は、見ているこちらの心を和ませる。クスッと微笑ましいゴーストたちの夏...
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
自分の「すき」が、ひとつでも身のまわりにあると、なんだか守られているというか、しあわせな気持ちになるものである。それがたとえ、ままごとに使うような小さな豆...
電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマー...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...