スターたちは、いつも僕の「脳内」で戦っていました。

オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話をきいています!5回目となる今回の “フェイバリット” は、ボクシング

フェイバリット紹介者:柴田秀行さん

赤羽にあるR&B喫茶『CAFE B-3』のマスター。元プロレス少年。お店の片付け作業のBGMは、もっぱらプリンス。

 #FAVORITE 05.
ボクシング

 

柴田秀行さん:子どものころ、『あしたのジョー』が好きで。これが新日本プロレスを好きになる理由としてもリンクしていくんですけど。梶原一騎の描きかたとかね、“ヒーローが負ける” というのがすごいインパクトでした。最後は負けてしまうヒーローではあるんですけれど、それがただただカッコいい。まさに、“敗者の哲学” を、描き切っているんです。それからボクシングという格闘技に興味が湧いて。中学生の時とかかな。

 

 ーーボクシングが流行っていたころ。

柴田:辰吉丈一郎とか、鬼塚勝也とか。アメリカだと、マイク・タイソンとか、日本で何度目かのボクシング全盛期でした。タイソンの試合とかだと日本ではあまり観られなかったですけど、ヘビー級だからわかりやすいというか、試合そのものが派手でしたよね。

 

 ーースターと呼ばれる選手が活躍していて。

柴田:以前のボクシングブームのときに活躍していた、ムハメド・アリが引退してしまって、中量級から “fabulous 4(ファビュラス・フォー)” と呼ばれる、シュガー・レイ・レナード、トーマス・ハーンズ、ロベルト・デュラン、マービン・ハグラーという、個性的な4人のスターが出てくるんです。今もある『Number』(マガジンハウス刊)という雑誌から、80年代の試合ビデオとかも出ていて。 

この4人が本当に強い。当時、他にも強いボクサーがいたんですが、彼ら4人でみんな倒しちゃって。この4人が中量級の試合でそれぞれぶつかり合うんですが、これが本当におもしろかったんです。でも、海外の試合ってめったに観られなくて。当時リアルタイムで海外のボクシングを放送していたのが、WOWOWしかなくて、あのころは、WOWOWに加入するのが一番の夢でした(笑)。 

 

 ーー動画サイトとかもなかったですし。

柴田:そう。ジョー小泉さんというボクシング評論家の方が自身の会社から試合のビデオをだしていたんですけど、昔のビデオって本当に高くて。とてもじゃないけど、買えなかった。

だから、本で試合の様子を読み込んで、脳内で試合を再生するんです(笑)。とにかく細かく読んでは、すぐにその試合内容を想像して....というのを繰り返して。そのあと、WOWOWに加入するという夢は果たすんですけど(笑)。

 

 ーーまた少しずつ、格闘技も盛り上がりつつありますよね。

柴田:今はあまり観なくなっちゃいましたけれど、日本のボクシングはまた盛り上がってきていますね。格闘技がディフェンスの進歩と安全性を優先して、スポーツ化されてきて。

それは良いことだと思うんですけど、“fabulous4”や、前に話したアントニオ猪木のように、“技術に裏打ちされた感情が表に出る闘い” を観られる試合は少なくなってきてしまっています。僕は、そういう勝負が好きでした。

 

“ぜひ、ここを見て!”

ジョー小泉さんがだしている、『世界のKO(ノックアウト)アーチスト』(福昌堂刊)という本には、ムハメド・アリ、マイク・タイソン、4人のスターの中にいたシュガー・レイ・レナードなど、KOアーティストと呼ばれる選手たちの知られざる姿が書かれています。ぜひ、これを読んで試合を脳内再生してみてください(笑)。

前回のファイバリットはこちら

オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話を伺いました!最終回となる...
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話をきいています!4回目とな...
どんなものでも、それは、だれかにとっては特別でロマンのあるもの。この世は、小さなものから大きなものまで、だれかの “フェイバリット(=好きなもの)” で溢...
「B型女性はマイペース」「個性的で理解しにくい」と性格をしているとよく言われます。しかしいったん仲良くなるとどんどん可愛らしさが増してくるのがB型女性。周...
どんなものでも、それは、だれかにとっては特別でロマンのあるもの。この世は、小さなものから大きなものまで、だれかの “フェイバリット(=好きなもの)” で溢...
性格や行動パターンをおさえながら、B型女性の恋愛傾向に関する主な特徴をまとめて紹介していきましょう。もちろん、すべてのB型女性に当てはまらないかもしれませ...
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話をききました!気になる3つ...
B型の一人っ子と聞いて、どんなイメージを抱くでしょうか? 世の中で言われているところによると、独自の感性に基づく世界観をとても大切にする傾向があるようです...
B型の女性は、発想が豊かで楽天的な性格の人が多いと言われています。そんな彼女と付き合っていると、いろんな驚きがある反面、ときには戸惑ってしまうこともあるか...
一般的におおらかでマイペースとイメージされているのがB型の特徴です。また、B型は日本人の中で3番目に多い血液型 (A型39%、O型29%、B型22%、AB...
B型男子の性格や、よくありがちな特徴について、まとめてご紹介していきましょう。各項目をチェックすることで、周りにいるB型男子との対処方法に迷ったときには、...
B型女性の性格と特徴を踏まえた、効果的なアプローチを8つに絞ってご紹介していきます。ちょっとしたコツや傾向を知ることで、目からウロコが落ちる気分になるかも...
どちらかというとマイペースな人が多いようですが、彼らと素敵な恋愛を始めるにはどうしたらよいでしょうか。ここでは、B型男子の性格や特徴にふれながら仲良くなれ...
日本人の血液型の中でA型、O型に次いで3番目に多いのがB型です。飲み会や合コンなどでも格好の“ネタ”にされがちな血液型でもあり、一般的におおらかで気まぐれ...
「人と同じ」や「無難」がキライ。好きな事には、ものすごい集中力を発揮する。人見知りをする。口が悪いときもあるけど、基本的に人情深い。ーーじつはこれら「B型...
「まさに、その通り」と共感できるB型の人にまつわる「あるある」をご紹介します。全体的にポジティブなB型をイメージを集めているので、B型の人、本人も楽しめる...
B.R.Fは、「Brooklyn Ribbon Fries(ブルックリン・リボン・フライ)」という店名のこと。このお店のモットーは「ポテトとジンジャーで世...
B型男性の特徴を「マイペース」「我道を行く」タイプと形容することがありますが、ここに「自由奔放さ」を持ち「要領のよさ」を発揮する次男の特徴をプラス。B型×...
血液型B型は、日本の人口の約20%だとか。全体では3番目に多い層になります。一般的に「マイペース」「気分屋」「好き嫌いがはっきりしている」といったイメージ...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...