夏休みは3ヶ月。米シアトルの「サマーキャンプ」事情

日本の学校が夏休みに入った頃、アメリカでは3ヶ月の夏休みが後半戦に突入しました。

「そんな長い夏休み、どうやって過ごすの?」

と思われるでしょうが、アメリカの子供たちの夏休みの過ごし方は、家庭レベルでさまざま。何もしないというのもありですし、サマーキャンプに行くこともあれば、学年が上になると、「スポーツの練習と競技会に集中」「集中講習を受けて試験に合格し、1学年分の算数を飛び級」といったオプションも聞きます。

日本から来た人なら「日本の家族に会いに一時帰国」「日本の学校に体験入学」という過ごし方もあったりします。

といっても、私が子供の夏休みの過ごし方について考え始めたのは、わずか4年前のこと。息子が2歳半になって入園したプリスクールで「どのサマーキャンプにするの?」と先輩お母さんたちから聞かれ、初めてサマーキャンプというものの存在を知りました。

市や学校、民間団体などが夏だけ開催しているテーマ別の夏季教室で、幼児から高校生までだいたい1週間単位でいろいろな体験ができるようになっているんですね。

多すぎるくらいの
選択肢

A3c204d8965634b3620a32115fcdf86b808ec95d

オンラインやローカルの無料誌などでサマーキャンプ情報が発表されるのは毎年3月ごろ。

スポーツ、アート、生物、サイエンス、プログラミング、ロボティクス、スケートボード、サイクリング、セーリング、料理、ガーデニング、ファーミング、エンジニアリング、語学…。

チョイスがありすぎて混乱しますが、人気があるものはすぐ満席になるそうなので、我が家ではまず子供が好きなこと、好きそうなこと、やってみたいことに絞り込み、体験談や口コミ、そして仲良しのお友達と相談して一緒に参加できるよう調整し、すべて決定した頃にはもう5月です。

一般的なサマーキャンプは、午前中のみ3時間、午後のみ3時間、午前から午後まで6時間などバラバラで、値段は午前から午後まで6時間なら1週間で300ドル(約3万3,000円)前後のようです。

アメリカは教育費がどんどん高くなっていると言われますし、これから安くなることはなさそうな印象。マイクロソフトなどシアトル地域に本社を置くIT大手が提供している無料キャンプなど、プロフェッショナルが講師の無料のオプションがあれば、ぜひ活用したいですね。

「まずはやってみる」の
アメリカンな精神

プリスクールに通っていた2歳半から5歳半までに体験したものは、アートやサイエンス、レゴ(エンジニアリングの基礎とか)、動物園での動物キャンプ、ワシントン大学キャンパスにある自然史博物館での恐竜キャンプ、ロッククライミング、水泳。

219756b3b688e210eb6202c4fa9a9dc8459aa386

6歳になるとさらにチョイスが増えるようで、今年初めてやってみたのは、非営利のセーリング団体が主催する湖でのセーリング・キャンプ。「まずはやってみる」というアメリカンな精神のあらわれか、ハードルがちょっと高そうなことでも6歳から気軽にお試しできるのは、シアトルのいいところと言えそうです。

とは言え、幼稚園児や小学生が一人だけで徒歩や公共交通機関で移動する習慣のないシアトルでは、やはり一番大変なのが送り迎えとサマーキャンプの後の時間。仕事との調整に頭を悩ますこともありますし、両親や親戚や友人の協力があってこそ、という話もよく聞きます。

9d3c6091fe1b73b264ccb6da8be304118c5e4e21

でも、あと数週間もすれば新学年度が始まり、ホッとしつつも、ちょっと寂しくなる時がやってきます。今年は我が家では小学校入学というビッグイベントが控えています。

プリスクールからキンダーガーテンまで、4年間毎日車で送り迎えしてきた親のほうが、「スクールバスを見送る」という大きなステップに慣れるのに時間がかかるかもしれません。

シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...
写真家Adrian Murray氏が、今年の夏休みに撮影した息子たちの様子。その驚くべきキュートさに、いま、世界中が魅了されています。切り取られたのは、2...
ポーランドのフォトグラファーIzabela Urbaniakさんは、2児の母。2012年以来、夏になると、あるテーマに沿った子どもたちの写真を撮影し続けて...
大学4年生のみなさんは、今から1年もしないうちに社会人として1歩を踏み出すことになるでしょう。社会人生活が待ち遠しい人もそうでない人も、大学生最後の夏休み...
アメリカ、シアトルにある介護施設は、少し変わった特徴を持っています。施設の中に、幼稚園が併設されているのです!これは高齢者と子どもたちが、もっと触れ合う機...
時間ができたらタメになることをしよう。と、スケジュール帳とにらめっこしている人は多いかもしれません。でも、“暇してみる”のも良い選択肢。たとえば、夏休み。...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
「Camp Grounded」は、18歳未満が立ち入ることのできない、大人のためにあるキャンプイベント。そのコンセプトは、“小さいころに行った懐かしのサマ...
「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持...
恐怖とは無縁のゴーストたちは、海やディズニーランドで夏を思いっきり満喫。愉快な彼らの姿は、見ているこちらの心を和ませる。クスッと微笑ましいゴーストたちの夏...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
4歳の男の子が欲しいのは、生まれた時からなかった自分の右手。そんな息子の願いを叶えるために、パパが3Dプリンターで作った義手をプレゼントする。新たな右手を...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
知的なゲームとしての一面はもちろん、その美しい駒がインテリアとして愛されることも多い「チェス」。そんなチェスの駒を、アメリカの有名な都市のランドマークでか...