「孤独死」はむしろ、若者が抱える問題だった。

寂しくて死ぬ動物=うさぎというイメージがあるけれど、何がキッカケだったのかは諸説あって、今もわかっていないらしい。実際のところは、縄張り意識が強い動物で、むしろ単独行動を好むため、ひとりが寂しくて死ぬということは考えられていないとか。動物たちの習性を紹介するPetHelpfulでも、寂しさが死に直結するとは、捉えられていないようだ。

なんてことを調べていたら、むしろこっちの話題に危機感を抱いてしまった。心理学、神経科学を専門とするJulianne Holt-Lunstad教授の研究によると、「寂しさが死に直結する」のは、われわれ人間のほうだって!?

人間は、「孤独」に命を奪われている。

041ab0feffe8c80069bcaf1c4d05105bcef5bf4b

Julianne教授は、「孤独」がどのくらい人間の命に影響を及ぼすかを総勢約400万人を対象に研究。その結果、わかったことはふたつ。

(1)人との繋がりが少なく、社会的孤立を感じている人は、50%以上早死にするリスクが高まる。
(2)1日15本以下のタバコを吸う喫煙者、肥満、大気汚染による身体的な負担よりも、人とコミュニケーションを取らずに生きることの方が、死亡リスクが高い。

北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアについては、さらにこんなことも。「寿命が長い、離婚率が高い、子供が少ない、都市での1人暮らしが多い傾向のある先進国は、他の国に比べて必然的にリスクが高まる」と。

若者の"孤独死"

あらためて<孤独死>という言葉について考えてみたい。一般的には、誰にも看取られることなく亡くなることだと解釈されている。ゆえに、老後のおじいちゃんおばあちゃんのイメージがあると思うけれど、「孤独によって命を落とすこと」と捉えた時にはどうだろう。

自殺大国という悪名を持つこの国。5月18日に厚生労働省が発表した、『自殺対策白書』では、15歳から39歳までの死因の第1位が「自殺」だった。若い世代の自殺者数がこれほど高いのは、先進国では日本だけ。自殺の可能性がある変死も含めれば、もっと数字は膨れ上がるのだと思う。

さらに、家に引きこもって人との関係を遮断している人の数を調べてみると、内閣府の調査で、約70万人にも及ぶということがわかった。15歳から39歳の間で50万人というデータもある。

孤独死の問題を抱えているのは老人よりむしろ、若者ではないだろうか?

アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
現在、日本には200万人以上の「若年無業者」が存在する若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
人生でもっとも大事なのは、人と人とのつながりなのかもしれません。自分の居場所や支え合える仲間がいるだけで「孤独」を回避し「しあわせ」を導くことができるので...
どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのよう...
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...