BBQで顔面やけど、ケガで計156針も縫った男の話。

ローリング・ストーン誌の読者が選ぶ『 “最高のメタル・バンド” ベスト10』において文句なしの1位を獲得。1981年、アメリカ・ロサンゼルスで結成されたヘヴィメタル・バンド、メタリカ

最近では、人気ロックバンド、ONE OK ROCKのヴォーカルであるTakaがメタリカのTシャツを着てライヴでパフォーマンスしたことから、『METALLICA』というファッション・ブランドがあると勘違いする若いひとが多数いたとか。

話を戻すと、そんなメタリカ。ヴォーカル&ギターのジェイムズ・ヘットフィールドはいつも身体中に傷跡があったそう。ヘヴィメタのヴォーカルなら、まぁありえるんじゃない....?と思った方、なんと、演奏中以外に “やらかした” 傷痕が多いんです。

『ロック豪快伝説』(立東舎刊)に、こんなエピソードが紹介されていました。

※以下は立東舎文庫『ロック豪快伝説』の「the 波乱万丈 衝撃のグループ編」からの抜粋です。

本当の
“メタル・サウンド” とは....

怪我で縫った針の数は156、さらに身体には何ヵ所もの火傷の痕が残っているその男は、プロレスラーでもスタントマンでもない。ジェイムズ・ヘットフィールド、メタリカのヴォーカリスト&ギタリストだ。

当たり前だが、出す音がメタルだからといって、その身体は鋼鉄に覆われているわけではない。ライヴ中、リハーサル、またまたオフの日にも生身の身体に、数々の怪我を負ってきた。ここでは、ジェイムズの負傷歴のなかから一部を紹介したいと思う。

1987年3月、リハーサル中に腕を骨折。まさかギターで轟音を搔き鳴らしすぎて折れたのか?そんなわけはない。空のプールでスケート・ボード中の事故であった。

ほかにもスケボーが原因の怪我が2回あり、併せて85針を縫っている。腕には一時期 鋼鉄の板を入れていたので、そのとき奏でられたのは、ある意味本当の “メタル・サウンド” だったと言えるだろう。本人にとっては笑いごとではないが。

BBQで焦がすのは
肉だけじゃなかった!

92年8月はカナダのモントリオール、オリンピック・スタジアムのライヴでの出来事だ。

ステージ効果で使用した火薬の量が多すぎたようで、爆発と同時にジェイムズは大火傷。すぐに病院に運ばれた。火傷の深さは右腕は1度だったが、左腕は2度から3度だった。1度は皮膚が赤くなる程度だが、3度となると、皮膚が焼けただれるほどの重症だ。

さらにモントリオールでは、オフでバーベキュー・パーティをしていたときに、顔の左面を焦がしている。どうも彼は、この土地では火に縁があるようだ。しかし手ならわかるけど、何をどうすればバーベキューで顔を焼くことができるのか。ちょっと理解しかねるところではある。

沖縄時間、
ならぬ “メタリカ時間” ?

ところで業界では、“メタリカ時間” というものが有名らしい。

所属レコード会社で以前にメタリカを担当していたディレクターの話では、取材などの集合時間には必ず15分押しでやってきたということだ。常にきっちりと15分で、それが狂うことはなかった。その理由が定かではないが、きっちり遅れるのがまた、メタリカの “メタル・ジャスティス” なのだろう。

時間に関してはもうひとつエピソードがある。

メタリカのライヴでは、ギター・ソロのときにほかのメンバーはステージを降りるのだが、そのときドラマーのラーズ・ウルリッヒは緊張しているのかリラックスしているのかわからないが、大体トイレに行っていることが多いという。そのときほかのメンバーやスタッフは、ソロが終わるまでに戻ってくるのかどうか、イライラ、ヒヤヒヤさせられているそうだ。

 

Top illustration by 鈴木順幸

激しくも心がジーンと温まるすばらしい出来栄えとなった、奈良の3人組バンド・LOSTAGE(ロストエイジ)の最新作『In Dreams』。早くも名盤との呼び...
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...
かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。かき氷の大いなる可能性(?)を語...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
人気ハードロックバンド、Linkin Park(リンキン・パーク)のボーカル、チェスター・ベニントンさんが去る7月20日、ロサンゼルスの自宅で死亡している...
官能的で、エロティックで、そして何よりロマンチック――。そんなキスシーンが印象的なミュージックビデオをセレクトしてみました。夏は終わってしまったけれど、こ...
ダイエットの第一歩は毎日体重計に乗ることですが、体重だけでは効果が出ているのかどうか、いまひとつピンときません。そんなときにこの「SHAPESCALE」が...
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
1回こっきり使い捨てBBQコンロ「CasusGrill」。網もグリルも炭も、必要なものはすべて揃って、終わった後もこのままゴミとして捨てられる。しかも、こ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はONE OK ROCKやストレイテナー、andropなど数々の...
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...
スピーカーの前でずっと踊っていた。振動が全身に伝わる感覚が好きだ。これは、そんな人にうってつけのアイテム。“腕に巻くサブウーファー”だ。振動が体に響くだけ...
年に数回のために収納庫からグリルを出し入れしたり、準備や後片付けのことまで考えると、決してラクではない。もし、片手でひょいっと持ち運べるBBQグリルがあっ...
2011年に結成したお茶目なロサンゼルスのバンド「Vulfpeck(ヴルフペック)」が、3月2日にアルバム『The Beautiful Game』の日本盤...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
土から芽を出して、ぐんぐんと天に向かって伸びていく植物。地に根を下ろして、静かに育ち続けます。この写真は、木が生い茂る自然の中で、目を閉じている時の感覚に...