つかまえられない “妖精” のようなビョークに、永遠にふりまわされたい。

独自のアイデアやファッションセンス、“妖精のよう” と形容されるピュアな出で立ちや、唯一無二の歌声。50代に突入した今も、多くのファンを魅了しつづけているビョーク。先日おこなわれた『FUJI ROCK FESTIVAL 2017』でも、最終日のヘッドライナーを見事につとめあげました。

彼女はアイスランドの生まれながら、三島由紀夫の文学、川久保玲やジュンヤ ワタナベの洋服、荒木経惟の写真を好むなど、親日なアーティストとしても知られています。

そんなビョークですが、幼少期より「天才」として語り継がれる武勇伝は数多く。『ロック豪快伝説』(立東舎刊)に掲載されているエピソードを、いくつかご紹介します。

※以下は立東舎文庫『ロック豪快伝説』の「the 色彩乱舞 魅惑の女性アーティスト編」からの抜粋です。

天才少女、ビョーク

5歳のときから音楽学校に通い、クラシックと音楽理論を学ぶと、まもなく曲を書き始めたという。そして、11歳のときには早くもアルバム・デビューを果たした。自作の曲まで収録されたこのアルバムは、アイスランドでゴールド・ディスクを記録する大ヒットになり、一躍 “天才少女” ともてはやされた。

ところが、このデビュー・アルバムが大ヒットしたにもかかわらず、続くアルバムの発売を拒否すると、その2年後に自らドラマーとしてパンク・バンドを結成したのだった。

そのワイルドさはDNA?

ビョーク好きのアメリカの評論家、エヴェリン・マクドネルの書いた『ビョークが行く』(エヴェリン・マクドネル著、栩木玲子訳、新潮社)には、雑誌『インタビュー』でジョン・サヴェージに語ったコメントが載っている。

「私の子供時代は本当にワイルドだったけど、育てられ方としては最高だったと思う」。で、そんな最高の育て方をした母親はどんな人だったかというと、「母は信号機のてっぺんにのぼって幽体離脱をしちゃうような、そんな人だった。頭が良くて誇り高くて」。

10代半ばで組んだバンド、
ステージにでてきた姿は...

10代半ばで詩人や芸術家たちと始めたククルというバンドで、アイスランドのテレビに出演したときのことだ。眉毛を剃って登場したうえ、当時ビョークは妊娠していたのだが、その大きく膨らんだお腹を出しながら歌ったのだ。

しかも困ったことに、その番組を見ていた視聴者の女性がビックリ、心臓発作を起こしてしまった。

愛されすぎたがゆえに...

96年、音楽を通じて意気投合したゴールディとの婚約を発表したのだが、これにショックを受けたアメリカ・フロリダ州のファンが本の中に爆弾を仕掛けて、ビョークのロンドンの自宅に送りつけるという事件が起こっている。

爆弾はビョークの自宅に届く前に無事処理されたのだが、爆弾を送りつけたファンが自殺するという悲劇的な結末となった。しかもそのファンは自殺までの一部始終をビデオに残し、そのBGMにはビョークのアルバム『ポスト』に収録されている「アイ・ミス・ユー」が使われていた

ビョークが “天才” だけに、やはりエキセントリックなファンが多いのだろうか。

 

Top illustration by 鈴木順幸

2016年6月29日より日本科学未来館で開催される展示「Bjork Digital ―音楽のVR・18日間の実験」は、ビョークが最新テクノロジーを駆使して...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
「ロック・スター、ホテルで暴れがち〜」とは、かのレイザーラモンRGの名言(?)だが、そんなイメージを植え付けたのは、あるいはレッド・ツェッペリンの功罪とい...
ご存知、NIRVANAと共に90年代のUSロックシーンを席巻した伝説的バンド・The Smashing Pumpkins(ザ・スマッシング・パンプキンズ)...
マンチェスターとバーミンガムの間に位置する歴史の深い産業都市ストーク・オン・トレントは、ファンタジー映画に出てくるようなレンガ造りの大釜などが特徴的で、観...
昨年4月に、突然この世を去ってしまったプリンス。あまりにも急なニュースに、言葉を失ったのもまだ記憶に新しいです。ディアンジェロ、アウトキャスト、日本では岡...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
Metallica(メタリカ)のヴォーカル&ギターのJames Hetfield(ジェイムズ・ヘットフィールド)はいつも身体中に傷跡があったそう。ヘヴィメ...
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
オードリー・ヘップバーンは、生涯を通してたくさんの人々に愛情を注ぎ、また多くの人々から愛されました。大女優でありながら献身的な心を忘れなかった彼女の行動は...
ニルヴァーナのカート・コバーンによる絵画やスケッチが8月上旬にアメリカはシアトルで開催された「Seattle Art Fair」で公開されました。中には1...
大勢のお客さんの前で歌うロックスター。さぞかし気持ちがいいでしょうね!そんな姿に憧れたことがある人も多いでしょう。そんな思いを察してか「誰の中にだって、ロ...
フォーブス・トラベルガイドの「眺めのイイ世界のベストバー」を筆頭に、数々の受賞歴を持つ「絶景バー」をご紹介。場所は、インドネシアの人気リゾート地・バリ島。...
ネットやAIが急激に発達している現代では、技術というとなんとなく無機質なイメージ。毎日触れているのに、どこか近寄りづらい印象すらある。でも、その根底にある...
吉田ユニやPARTY川村真司など、これまでに数多くの著名クリエイターたちが映像制作を手がけてきたスペースシャワーTVのステーションID。先日公開されたその...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はONE OK ROCKやストレイテナー、andropなど数々の...