稀代のロックスターが“画家”として再発見された日。

この8月にアメリカはシアトルで開催された大規模な美術祭「シアトル・アート・フェア」。その展示の大きな目玉のひとつが、ニルヴァーナのフロントマンにして稀代のロックアイコン、カート・コバーンの筆による数々の絵画やスケッチだ。

アルバム『Incesticide』(1992年リリースの絶品Bサイド集)のアートワークの原画をはじめ、中には1994年の死去以来ずっと倉庫で眠ったまま本邦初公開となった貴重なものも含まれていて、現場は多くの来場者で賑わったそう。今回の「シアトル・アート・フェア」で展示されたいくつかの作品をご紹介しよう。

 

97ea84aed8eee880dda479e2fffd455cebab461b

Incesticide

acrylic mixed with oil 53 x 41 1/4 inches 134.6 x 104.8 cm 

4c179ea6aee109d1b7d6180a768bbd65fb47c8f9

Fistula

acrylic mixed with oil 41 1/4 x 41 1/4 inches 104.8 x 104.8 cm 

275b9447b2d79d8ec49c5bb5bb9682eddc211fea

Crackbabies

11 x 14 inches 

5ca7fb43668b3cdb559c45f436c322a875a77076

Pink Face

60022fa32df894f04dc7b65bb5f95c0d4c262ad8

Untitled

アメコミ風のスケッチも

434b9490e064f798db9ed40a83f3029638863a0eD73c13493d7e8aa7af97a21eca3c65e3b5f508c9Daec37c6841b5ee20fa1283132afe97091aa412c

まだ未公開の作品が多数!?

これらの作品を間近に見ようと、会期中は上のLucasさんのような“カート信者”が数多く来訪。未だ衰えない影響力を感じさせた。

主催者の話によると、カートのエージェントはこの他にも未公開の絵画や彫刻作品を多数保有しているそうなので、そう遠くない未来に日の目を見ることを願ってやまない。

Licensed material used with permission by UTA Artist Space
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
音楽史に輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、カート・コバー...
ご存知、NIRVANAと共に90年代のUSロックシーンを席巻した伝説的バンド・The Smashing Pumpkins(ザ・スマッシング・パンプキンズ)...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、フランス...
大勢のお客さんの前で歌うロックスター。さぞかし気持ちがいいでしょうね!そんな姿に憧れたことがある人も多いでしょう。そんな思いを察してか「誰の中にだって、ロ...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
Oasis不朽の名曲「Rock ‘n’ Roll Star」をカバーして話題となっているKero Kero Bonito(ケロケロボニト)。7月に日本デビ...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。かき氷の大いなる可能性(?)を語...
2016年11月26日は「Sex Pistols」の楽曲『Anarchy In The UK』のリリース40周年記念日。そのため、イギリスでは年間を通して...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
一度見たらクセになっちゃう。そんな中毒性のあるビジュアルを描いているのは、イラストレーターのChloe McAlister。彼女の作品からは、ロックの匂い...
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
日本の学校が夏休みに入った頃、アメリカでは3ヶ月の夏休みが後半戦に突入しました。「そんな長い夏休み、どうやって過ごすの?」と思われるでしょうが、アメリカの...
ネットやAIが急激に発達している現代では、技術というとなんとなく無機質なイメージ。毎日触れているのに、どこか近寄りづらい印象すらある。でも、その根底にある...