こりゃビールに合いそう。NY発の「チートス」創作料理

フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではないだろうか。何を隠そう、僕もその1人だ。

なんと、その「チートス」を食材にした創作料理が登場。NY・ウェスト・ビレッジのポップアップレストラン「The Spotted Cheetah」で味わえるようだ。

有名シェフ
アン・バレルを起用

究極のチートス料理をひねりだしたのは、有名シェフのアン・バレル。彼女のトレードマークであるロックスターのような髪型は、チートスに負けず劣らずスパイシー。シェフ自身も、長年に渡るチートスファンとのことで、今回の特別なメニューづくりにも、いっそう力がこめられているとのことだ。

全11種類の料理

15e5d9819e80f1b782cbfcb34f93ca9a4c42d4a2

料理は、8ドル(約880円)〜22ドル(約2,420円)の3つのコース、全11種類のチートス・オリジナル・ディッシュが楽しめる。

少しだけメニューを紹介すると、ミートボールやタコス、ナチョスから、さらには、チーズケーキなどのスイーツまでといった幅広いバリエーション。いずれも、チートスが使われているというから驚きだ。創造性と遊び心がたっぷり詰まった料理は、きっと刺激的なはず。

C8fe94844d21735f06de5157190605270bce25f155492729d1d5588c4cdbdd5c8fe2281704f99e84

残念ながら、このポップアップレストランは、2017年8月15日〜17日までの3日間の限定営業。とはいえ、アンのチートス料理のレシピは、こちらから無料ダウンロードできるようだ。

NYで評判のシェフが、どんな風にスナック菓子を本格的料理に昇華させているのかは見てのお楽しみ。もちろん、あなたがアレンジを加えてオリジナルな一皿を作ってみるのもオススメ。自由な発想で、スパイスの効いたクッキングを楽しんでみよう。

Licensed material used with permission by FRITO-LAY NORTH AMERICA, INC
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
マンハッタンのロウワー・イースト・サイドに登場したポップアップレストラン。お客のほとんどがスマホを片手に料理を楽しんでいます。インスタ投稿用にパシャパシャ...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
炒め物や肉詰めなど、ピーマンの独特の苦味はお肉との相性が抜群です。でも、意外と1回では使い切れず、そのままダメにしてしまうことも…。そこで試してみてほしい...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
大自然のなかで食べるごはんのおいしさといったらない。そのために山を登る人だっている。道具や素材が限られているのに、食べ慣れたものでさえいつもより感動してし...
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
おもちにきなこと黒蜜をかけて食べる、山梨のお菓子「信玄餅」。その進化版とも言える「水信玄餅」は国内でも話題になりましたが、さらにこれにインスパイヤされた「...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
32歳にして小学校教師から料理人へと転職を果たし、わずか6年でトップシェフとなった鳥羽周作さん。東京・代々木上原の「Gris」は、人生を豊かにかえる味と時...
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...
写真は、第二次大戦勃発直後のアメリカで開発された、軍隊用の野戦食(コンバット・レーション)だ。レトルトパックに入った調理済みの料理や、エナジーバーなどが1...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
 あらゆるジャンルに神童と呼ばれる天才児たちがいる。美術、音楽、スポーツ、そして食。ここに紹介するOlenkaちゃんもまさにその一人。だけど、彼女の魅力は...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...