「今日は忙しかった…」を「今日は生産的に働いた!」に変えるハウツー

もし、あなたがティム・フェリスの『The 4-Hour Work Week(週4時間しか働かない仕事術)』を読んだことがなかったら、ぜひチェックしてみてください。この本の最も重要なポイントは、多くの人が「忙しい」ことと「生産的である」ことの違いについてわかっていないという事実です。

フェリスが「忙しくするのではなく、生産的になることに集中すべきだ」と強調するように、これら2つは似て非なるもの。

一日を振り返ったとき「今日は忙しかった」と感じたなら、こう自分に問いかけてみてください。「今日1日で何をやり切ったのだろうか?」と。

私たちは、しばしば物事を前に進んでいないのにも関わらず、全力で車輪を回すことだけに労力を割いている時があります。この記事のライターJustin Gammillの表現する、“忙しい”から“生産的”に変える5つの方法がまさにそれ。「I Heart Intelligence」よりどうぞ。

01.
目的を認識する

97fb33cb1bf1d1eb6ff319f2ec18633637add060

生産的に動くためにまずしなくてはいけないことは、あなたが何をしようとしているかをきちんと理解することです。それが簡単そうに、そして不要なことのように聞こえるのはわかっています。でも、これが本当に重要。

たとえ主婦だとしても、とある会社のCEOだとしても、すべての物事にゴールを見据えて動くことが求められているのですから。

02.
タスクを可視化

このことは、残りの人生の生産性を最大限に高めるため、とくに役立つステップ。基本的に、あなたがしなくてはいけないことをリストアップし、それを細分化していくのです。私の場合、これらの作業をホワイトボードの上や、メモ帳の上で行なっています。

こうすれば、タスクが大きくなればなるほど、より細分化することもできますし。困難なタスクを、より取り掛かりやすくするだけではなく、進捗を具体的に把握しやすくもなるのです。To-Doリストを消していくことほど、楽しいことはありません。

03.
優先順位を整理する

E8fa128f5eb20e7f84bc75349666ddd5e9a04f8d

タスクを可視化するときに、毎回タスクの一覧表を作る必要はありません。1分ほど時間をかけ、優先順位をつけて整理します。

例えば、あなたが特定のタスクでオフィスを離れる必要があるとき、デスクを離れたからこそできる仕事、デスク以外でできることをひとまとめにして終わらせましょう。

繰り返しになりますが、シンプルで誰にでも出来るようにみえる習慣でも、実際にはあなたの混沌とした仕事をより効率的にするチャンスなのですから。

04.
抱え込まない

タスクを人と協力してこなす機会があれば、抱え込まずに状況に応じてタスクを振るべきです。一人で巨大なタスクに取り掛かろうとすべきではない、ということ。

例えば、家庭を持つということは大きなプロジェクトともいえるでしょう。そこで、すべきことをお互いに分担することで効率的にタスクを完了することができるのです。

05.
頭の中を整頓する

E6b16436f2d46b573d87320acf15c72416f6ef1a

何日もかかるプロジェクトに取り組むときは、まず頭の中を整頓することほど大切なことはありません。再度になりますが、頭の中を整理するときは可視化が役立ちます。あなたが行ったことをメモに書き留めて、そして何が完了しているのかを理解してください。何を終わらせたのかを理解するということは、何に焦点を当てるべきかを知ることと同じくらい重要なのです

最後になりましたが、忙しいことと、生産的ということの大きな違いは、あなたが始めたタスクを終わらせられるかどうかなのです。私たちが忙しいときというのは、全てのタスクが中途半端になっていることがほとんどなのだから。

私は決して、あなたがマルチタスクな仕事ができないと言っているわけではありません。しかしながら、ここで私があげた5つの方法を意識することで、より早く、より賢く、タスクをこなすことができるようになるでしょう。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
「月曜日だ!会社に行きたくない!」週末も終わりが見えてくると憂鬱になるのは仕方がないことですが、そうは言っても「月曜日」は必ずやってきます。ならばいっそ、...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
同じことをしていても、忙しく感じさせる人と、余裕があるように感じさせることができる人がいるもの。「忙しい人」と「余裕のある人」の間には、いったいどんな違い...
好きな人に出会えたら、ほとんどの人は逃すまいと必死に会う時間をつくろうとするでしょう。しかし、どんなに順調だと思っていた片思いも、このひと言で一気に雲行き...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...