「切ない!」「素敵すぎる!」あの花火大会のポスター、一体誰が作ったの?

7月下旬。Twitterのタイムライン上に、友人からのリツイートでとある画像が回ってきた。それは、2017年7月29日(土)に行われた、第68回呉の夏まつり「海上花火大会」のポスターだった。 

日本中いたるところで毎晩のように花火が打ち上がるこの季節。東京住みの私にとっては、呉でいつどんな花火大会が行われるのか、正直どっちでもよかった。

しかし、気にかかってしまったのだ。
原因はそのポスターの“異様さ”にある。

イラストに、
キャッチコピーだと...?

このポスターの異様さの原因。

まず、写真ではなくイラストだ。そして、キャッチコピーもある。ついでに、5パターンも用意されている。

0b78be9dd1f9cce5af6113cfc89bea1076401c48692527c490ffa576efe66f337d569f31e3cf8283F4df46d2e383c12061c05c4ef7efa628cb6540faE19ce6804dd14784d283179db6de68e8737ca0eb99d10afbb825eae5a1bf47ad8061f2ca1ce4105a

異様だ、と思った後に、気づけば惹かれていた。

ポスターデザインもだが、特にコピー。いや、これは秀逸すぎる。

そう思ったのは私だけじゃなかった。気づけばSNS上ではこのポスターが話題をかっさらっていた。「切ない」「素敵すぎる」「センス抜群」……、花火大会のポスターで、これほど世間が盛り上がったことがあっただろうか。しかも変化球で、世間の不特定多数の真部分集合を、みごと射抜いてしまった。これは“事件”である。

で、誰が作ったんだ、これ!

気になった私は、海上花火大会の関係者に聞き込みを始めた。すると、

・これはWEB限定のポスターである
・主催者が公式で出しているポスターではない

という情報が。
WEB限定ポスター……しかも、公式じゃない、だと……!?

じゃあ誰だ。誰が作ったんだ!
手がかりを求め、今度は呉市役所に問い合わせた。すると、こんな返答が。

呉市公式キャラクター「呉氏」を手がけた方が、呉市に大変愛着を持ってくださり、今回のポスターを作ってくださいました。

なんと有力な情報。ぜひ制作者の方に話を訊きたい!
そうお願いしたところ、紹介してもらうことができた。

あのPRをやっていた人でした

制作チームの代表としてお話を聞かせてくださったのは、ポスターのコピーを担当した大塚久雄さん(CMプランナー・コピーライター/株式会社電通中部支社)。

名前だけ聞いてもわからない方もいると思うので、作品を紹介したい。
大塚さんを含むクリエイティブチームが制作し、コピーライターズ名古屋『CNN賞2017』のWEB部門、三井明子賞を受賞したのが、こちら。

大塚さんの制作チームは、2016年から呉市のシティプロモーション施策として、上のPR動画や、PRキャラクター「呉氏(くれし)」の制作に携わってきた。そのなかで、「また違ったかたちでPRのお手伝いができれば」と企画されたのがあのWEBポスターだったという。

呉市役所に企画を提案したところ、快く「OK」が出た。ポスター制作には、大塚さんのほか、PR動画にも携わった鳥海雅弘さん(アートディレクター/株式会社電通中部支社)、村上史洋さん(デザイナー/株式会社インパクトたき)、家田幸奈さん(デザイナー・イラストレーター/株式会社インパクトたき)が参加した。

素晴らしいポスターデザインは呉市役所内でも話題に。多くの人に知ってもらいたいと「呉氏」のTwitterで紹介したところ、SNS上で瞬く間に拡散された——というのが事件の真相だったのである。スッキリ!!

せっかくなので、
お話をききました。

大塚さんに連絡をとった際、この「素敵すぎる」ポスターについて質問させてもらった。以下、メールインタビューです。

 

——従来の花火大会のポスターとは違う斬新な切り口で、同時に普遍的でもあり、多くの方が共感したWEBポスターでした。制作に込めた思いをお聞かせください。

 

大塚 私も地方出身なのですが「花火大会」に象徴される夏は故郷や故郷にいる家族や友人を思い出します。そんな気分を、ポスターを見てくれた人が重ねてくれたらうれしいなと思いました。ただ、地方の花火大会が持っているそのような情緒をノスタルジックになりすぎず、なんか新しくない?と感じてもらえるようなポスターを目指しました。

 

——「切ない」「素敵すぎる」とたくさんの好意的な反響が寄せられています。どのように受け取っていますか?

 

大塚 たいへん嬉しく、ありがたいです。見てくれた方、広めてくれた方に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。バズのトレンドのようなものとは対極にある意味では古典的なポスターだと思いますが、それが逆に新鮮に受け取ってもらえたのかなと思います。

結論:私、呉に興味がわく。

一連の事件を追ううちに、俄然、呉市に興味がわいた。PR動画のぶっ飛んだクリエイティブもそうだが、ひと夏だけのためのポスターを、多くの人の心に永遠に刻んだ人たちが「もっとPRしたい!」と願うまちなのだ。すべてを解き明かした今、ぶっちゃけ呉に一度も行ったことのない身で恐縮だが、なぜか愛着がわいてしまった。この記事を最後まで読んでくれた、あなたはどうだろうか?

余談ですが、大塚さんは、「呉ー市ー GONNA 呉ー市ーと、この花火大会のコピーを、同じ人間が書いたなんて、なんか闇しか感じない」と言われ、ショックを受けているとのことです(笑)。

5d09841d63bc779d8a70a829f38729c4e2f2476f
気がつけば8月も後半戦。あれほど「暑いのはもうイヤ!」と思っていたのに、いざその終わりが近づくと、一気に寂しさが押し寄せてきたり。毎年感じるこの気持ち、一...
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
数年前に転職してからずっと都内に住んでいる。地元の親友ミホとは「遊ぼう遊ぼう」といつも言ってはいたけれど、帰省するタイミングが合わなかったり、どこか中間地...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
日本の夏の風物詩、花火。もちろん、花火は世界中で見られるものだけど、そのスケールやクオリティは、やっぱり日本に軍配が上がると思う。花火の起源には諸説あるけ...
以下の映像は某所で撮影された新型の花火を捉えたもの。一体どんな仕組みになっているのか…。あなたにわかるだろうか?Reference:Trending in...
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
「見にいくんじゃなくて、入り込む」「400年も変わってなかった花火をアップデートする」「お台場からの美しさ。日常にある奇跡に気づいて欲しい」「最後には、人...
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
ポスターハリス・カンパニー設立30周年の記念展として開催される『現代演劇ポスター展2017―演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶』。渋谷のギ...
4月のよく晴れた週末、ニューヨークはマンハッタンのグリニッジ・ビレッジ。 19世紀の街並みが残る落ち着いた通りに突如現れた、まくらを抱えた人たち。 こ...
南アフリカで行われたサーフィン大会「J-Bay Open」で、オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手がサメに襲われるという事件が起きた...
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...