美容師の数だけ道がある。『髪とアタシ』

私が最初に出会った「アタシ社」の本は、『髪とアタシ』でした。

美容雑誌なのに、なぜ渋谷・青山エリアではなく離島の美容室!?
美容雑誌なのに、リーゼントに角刈り!?

と疑問がわき、思わず『髪とアタシ』を手にレジへと向かっていました。

Fd3deaba3e499c62ad326941866469e7477ef095

髪とアタシ』第四刊の特集「BAD HAIR」より(画像提供:アタシ社)

『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。

流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではありません。髪に関するあらゆる事柄をカルチャーとして切り取っていく美容文藝誌です。

編集長のミネシンゴさんは、美容業界で美容師・編集者・Hot Pepper Beautyの広告営業を経験されたという、ちょっと変わった経歴の持ち主。

そんなミネさんに、これまでの仕事について、雑誌について、お話を伺ってきました。

知られざる「美容師たち」

B2b03c2a3f808f6bcf5a8ba2b2192d42336734cd

東京・神奈川で計4年間美容師をしてきたミネシンゴさんですが、椎間板ヘルニアをきっかけに辞めることになります。

同じ美容業界で、美容専門出版社「髪書房」で編集職を勤めた後、リクルートでHot Pepper Beautyの営業職へと転職。営業でたくさんの美容師と出会うなかで、ミネさんはあるジレンマを抱えるようになります。

「美容業界誌で取り上げられるのは、東京の美容室ばかり。もちろん業界誌は美容師向けの雑誌ではあるんですが、そこに在る美容師像だけが、美容師の世界ではない。そのイメージを壊したかった」

そのジレンマから生まれた雑誌が、『髪とアタシ』の創刊号

「まだ世の中の人には知られていないけど、生き方がかっこよかったり、面白いことをしている美容師さんは大勢いる。そういう美容師の働き方や生き方を、ちゃんと読み物にした雑誌を作りたいと思ったんです」

7efbef0a4816ed3bb4b971b9a4b5e83e7718e6d9

髪とアタシ』の創刊号

美容業界において「現場」「編集」「営業」の3つを経験してきたミネさん。

だからこそマスコミが取り上げる”カリスマ美容師”以外にも、オリジナルの道を築くことができるということを知っています。

「業界誌を見て、”売れたい”とか”デザインを作りたい”というわかりやすい方向を目指している美容師さんがたくさんいる。でももっとそれぞれの道があっていいのになって思うんです。茨城で美容室やりながら駐車場でベンツを売っている方とか、人口350人の沖縄渡名喜島に美容室を作った方とか、面白い方たちがたくさんいます。そういうローカルスターの美容師さんって、売り上げというより街への影響力があるんですよね。『自分が表現したいこと×美容師』は、一体なにが生まれるんだろうと、いつも興味津々です。自由な発想で美容師ができたら、最高におもしろい職業だと思うんですけどね」

13998d33803bd972dbe02a1eca796837f7bb54d6

髪とアタシ』第三刊の特集「考える髪」より(画像提供:アタシ社)

「拡張する美容師」
として

第二刊の「拡張する美容師」には、新しい美容師の生き方が提示されていますが、ミネさん自身もまた「拡張する美容師」のひとり。

E878e8a481cf52ac0d4b6027f6c7ea5fa04e7c73

五刊目の特集「音楽と髪」でクリープハイプの尾崎世界観さんにインタビューしたことをきっかけに、「もうすぐ着くから待っててね」のCDビジュアル制作の依頼を受けます。ジャケットのイラストは毎号『髪とアタシ』の表紙を描いているイラストレーター・一桝香欧さん、デザインは奥さんの三根かよこさん、そしてアー写の撮影をミネシンゴさんが担当。

ポスターや歌詞カードのデザインを手がけるのはこれが初めての経験だったそうですが、「結局紙媒体を作るのと同じといえば同じ」とミネさん。一度限りではなく、映画『帝一の國』主題歌になったシングル「イト」のクリエイティブも担当しました。

そして2017年3月には「アタシ社」発の単行本を出版。伝説の美容師といわれるMINXの鈴木三枝子さんの生き様に迫りました。

5db387ac63babb205a81ffbef3568e40f76c22ba

美容師の数だけ道がある。

ミネさんは、ハサミを置いた後も、ラジオのMCとして、カメラマンとして、美容師の道を拡張しています。

アタシ社の本の購入は、こちらから。

Photo by 金田 裕平
夫婦2人の出版社「アタシ社」は、神奈川県逗子市にあります。ミネシンゴさんは美容文藝誌『髪とアタシ』の編集長、三根かよこさんは30代向け社会文芸誌『たたみか...
白と黒、男と女、既婚と独身…。二項対立で考えることは、物事を単純にわかりやすくするという利点があります。メディアでは二項対立による議論が取り上げられること...
みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 - 8月 8, 2014 at ...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
その独特のカラフルさで夢中になる人が続出した、海外限定の「ユニコーンフラペチーノ」。数日間だけのメニューだったのにも関わらず、爆発的な人気だったのだとか。...
女性の黒髪がほんの数秒で赤へと変わり、また黒へと戻る。普通はこんな映像あり得ないと思うんだけど、事実というのだから驚きです。秘密は、現在開発中の「温度」に...
明日のため、寝る前にするヘアセットの下準備。三つ編みをして寝ると、朝にはパーマをかけたようなカールができている、いわゆる「貧乏パーマ」が有名ですが、これか...
25年間ANA(全日空)にCA(客室乗務員)として勤め、天皇皇后両陛下や、各国首相・国賓の特別機に乗務したトップCAである里岡美津奈さん。全ての乗客に満足...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
多くの人が経験していることだとは思いますが、髪の状態はブラッシングによって大きく左右されます。でも、自分のブラッシング方法が正しいかどうかなんて、なかなか...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
これが、2018年度『Guinness World Records』で認定されたアフロ。彼はBenny Harlemさん。アメリカを拠点にモデル・歌手とし...
スニーカーはファッションとしてもギアとしても好きで、だいたい50足ぐらいを所有しています。街履き用、山用、自転車用、ランニング用など、フィールドやアクティ...
長崎県・玄界灘に浮かぶ島「壱岐島」の港町である芦辺浦という地域。この地である夢を叶えようと奮闘する夫婦が暮らしています。妻は海女、夫は釣り師海に囲まれ、島...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...