ひたむきにタトゥーを彫り続ける「12歳の少年」

宇宙飛行士やプロサッカー選手など子どもの夢は限界がなくて面白い。年齢制限やこうあるべきだなどの固定観念がないから、大人が予想していなかった発想が出てきたりして驚くこともあるはず。

では、12歳の男の子がタトゥーアーティストになりたがっていた場合はどうだろう?パナマのEzrah Dormon君は家族や知り合いに協力してもらいながら、既に本格的にタトゥーを彫りはじめている。

絵が好きだった少年は
タトゥーに心を奪われた

A62df08fc14f1bd52654f11de32cd593c29afa74

元々絵を書くのが大好きだったEzrah君、外へ行っても時間があれば、ほら写真のとおり。

Konbini」によると、はじまりはお母さんと一緒にタトゥースタジオを訪れたことだったという。タトゥーを彫るオーナーを見て、その姿に釘付けになっていたEzrah君。熱い視線にオーナーが気づくと、「やってみないか?」と声をかけたそう。こうして出来た師弟関係。師匠から弟子へ、基礎から一つひとつ丁寧に教え込んでいるみたい。

871dfea68f9c00bd90a487ef795a1fcca143131e

ひたむきな姿に周りも応援

7989067cc996777a166bdf2c01dccf47c9df6db2

練習は、実際にタトゥーを彫る機械を使いおこなっている。普段はグレープフルーツを練習台にしているということだ。

時々彫ってもいいと協力してくれる人がいるそうで、彼らには感謝の気持ちを忘れない。SNSに目一杯のありがとうを込めたメッセージを添えて写真を投稿している。

Thanks for trusting me and support me in all this. Today I am better because I had this amazing oportunity. Thanks @bemund ⚡️❣️

Ezrah The Shark Dormonさん(@eztheshark)がシェアした投稿 -

Thanks Gabriela. Thanks for being so cool and supporting my apprenticing.

Ezrah The Shark Dormonさん(@eztheshark)がシェアした投稿 -

お母さんが協力してくれた時も、もちろん感謝を忘れない。こちらは初めて色を入れた時のものだという。

なんと学校の先生までも。とても前向きに協力してくれたようで「今日は最高だったよ!」とEzrah君。

正直、日本人の感覚からすると、賛否両論があるかもしれない。しかし、12歳の男の子が自身の夢に向かって努力を続けているのは紛れもない事実。Ezrah君が目指す姿になれることがなによりではないかと私は思う。

Licensed material used with permission by @eztheshark
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
入れる人の想いが詰まっているタトゥー。日本では、文化的に広く受け入れられているとは言い難い。が、それでもこの「Skin Motion」は、注目に値する。そ...
20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、その後多くのフォロワーを生んだ現代美術の大きな流れのひとつにキュビズムがある。ルネサン...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
ひと昔前の入れ墨の認識とは違い、今やファッションの一部として楽しむ人も少なくないタトゥー。以前と比較すると、そのイメージはややカジュアルなものになり、街中...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
コチラの記事では、2週間限定のタトゥー「inkbox」自体の紹介をしたけれど、ここでは簡単な使い方について。貼り付ける箇所によっても変わるけれど、基本的に...
この手に癒され続けて来たのだから、スタンプのようにペタッと残しておきたくもなりますよね。最近のインスタでは、#pawtattooで見るとわかる通り、実際の...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
まだ10歳のとき、初めて目にした「iMac G5」に一目惚れした少年。おもちゃのミニバイクと家の除雪機とで、物々交換して手に入れた人生初のパソコン。それか...
ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「in...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
10代から20代へ。未成年から成年へ。子供から大人へ。変わるのは年齢だけで、実際感覚的には何も変わらないはず。しかし、世間一般では自立することが求められて...