日本地図から消された島に、今も残る「戦争の傷跡」。

約700羽の野生のうさぎが生息していることから、数年前に"うさぎ島"として話題になった広島県大久野島。温泉、海水浴、キャンプなども楽しめるという、人気の観光スポットになっている。

けれど私が生まれる約10年前、1984年頃までは、ほとんどの人が島の存在を知らなかったらしい。なぜなら、「戦争の負の遺産」がねむるこの島は、長いあいだ存在自体が隠されてきたから……。

日本地図から"消された"島

テレビやネットで取り上げられることが増え、知っている人も多いと思うけれど、大久野島では1929年から終戦(一説によると1944年)まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。

当時、国際法で禁止されていたため製造は極秘で行われ、島自体が日本地図からも消されていたらしい。ほとんどの人が約30年前までこの島の存在を知らなかった理由は、ここにある。

まるで過去を焼き消すかのように、後に工場は火炎放射器で丸焦げにされたよう。毒ガスは除去され、機械も全て処分され、ドス黒いコンクリートだけが今も島に残っている。深く染み付いた傷跡をゆっくり癒しながら、平和を訴え続けているみたいに。

1990年代に取り壊す計画が持ち上がったが、平和学習に訪れていた中学生らが保存のための署名活動をはじめ、結果「修復はしないけれど、残しておく(自然風化を待つ)」ということになったそうだ。

「加害者としての責任も、
語り継がなければならない」

2a8bbcd32f50bf53799a5b0ab658ccecb493db34

大久野島西沖合いから見た毒ガス工場の写真 / ©︎まちづくり推進課

毒ガスの製造に関わっていた人たちは、今でも歴史を残さなくてはいけない。責任を一手に背負い込み、日本軍の過去を語り続ける人たちがいる。

「戦争で受けた苦しみを知る身だからこそ、加害者としての責任も語り継がなければならないのです」

これは、当時製造に関わっていた岡田黎子さんの言葉。子どもたちにも語り継いでいくために、大久野島の絵本を自費出版している。

当時のことを知るもうひとりの製造者である藤本安馬さんは、先の8月15日に放映された『綾瀬はるか「戦争」を聞く~地図から消された秘密の島~』で、「事実を語る人は少ない。だからこそ、私は本当のことを伝え続けなければいけない」、と語気を強めていた。

島の現状を知るために、<大久野島毒ガス資料館>について調べてみると、観光地として開発され始めたことにより、残っているのは砲台跡・発電場・毒ガス貯蔵庫など数少なくなってきていることがわかった。

大久野島について、竹原市まちづくり推進課にお話を伺うと、島のことを昔から知っている人たちは「足を運ぶ人が増えたのは嬉しいことだけれど、この場所で起こった歴史を残していかなければ」と、危機感を持っているようだ。老朽化を防ぐために修復したいという声も上がっているけれど、まだ実現するかはわかっていない。

いずれ、戦争を体験してきた人々はいなくなってしまう。そうして資料と建造物だけがこの国に残った時、彼らの後悔や祈りを、どれだけ伝え続けることができるだろう。微力ではあるけれど、記事にすることで今一度問い直すきっかけになれば、と思っています。

Reference:@chewsoowei, @wa_fung_photo, @lucy_lou_92, 毎日新聞, 竹原市HP, 竹原市 市民生活部まちづくり推進課 生活環境係
Licensed material used with permission by @sunnyli033
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
世界的にも評価の高い、日本を代表する映像作家たちの手でつくられた“とあるアニメーション”が、いま大きな話題を呼んでいます。作品に対しては、伊勢谷友介や松田...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
戦争の夢には、逃げ出したくなるような悲惨な状況に追いやられることもあります。ただ、戦争の夢には自分に対する大切なメッセージも隠れているんです。空襲精神的な...
ダライ・ラマ14世が「戦争の現実性」について語った、言葉があります。人種や宗教を超えた“世界平和”実現に向けて、いま一人ひとりが何をすべきなのか?世界を行...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
例えば、もしあなたが喧噪とした今の生活を離れて、島で暮らすとしたらどうだろう? そんな夢想をしたことがあるだろうか?「島」ということばを聞くと、無性に心が...
アメリカ人フォトグラファーMichael Stokes氏。彼の専門は、人間の躍動感や肉体美を表現する「フィットネスフォト」と呼ばれるジャンル。彼が今回、写...
ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
主に女性における「美」の変遷を10年ごとに刻んで再現した動画『100 Years of Beauty』。これまでにアメリカ編やロシア編など15ヵ国を対象と...
さりげないデザイン。惹かれるパッケージ。手にとりやすいコンパクトな瓶。詰められているのは、新潟県の離島「佐渡島」の特産品だ。東京23区の1.5倍という広大...
近年では、世界中の風景をストリートビューで見られるようになりました。ストリートビューは、地図としてはもちろん、その場所に行かなくても旅行した気分を味わうこ...
今、高城剛は世界中の南の島をまわっています。もちろんリゾートを満喫しているわけではありません。一時帰国した高城剛とジャーナリスト佐々木俊尚の対談には、その...
「あれ、今、私って幸せなんだっけ?」もし、都会のビルの狭間で自分自身を見失いそうになったら、ぜひとも訪れてほしい島がある。フィリピンのセブ島から小舟で約1...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...