氷河期に存在した「海底に沈む森」へご案内。

メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。

地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」と聞いたダイバーが潜ったところ、水深18mの地点に「巨大なイトスギの森」が沈んでいるのを発見したのです。

はるか昔に姿を消し、今も非常に良い保存状態で存在する海底の森。一体どうして森は海に沈み、今まで誰にも見つからずに存在していたのでしょう。

5万年以上前、
地上にあった「イトスギの森」

F39aa10253197beb8f646cb17e5be4e2ed461a2e691b0237b9f38865403d74ba09f5b1d251535a194b341a12a5feda59b03b35471616290415b0582c3da8c39c80c37822c99bf741fe331c5db14c260e

アメリカ、アラバマ州の約24km沖で見つかったのは、約1.3平方mの巨大な森。放射性炭素年代測定によると、その森のイトスギは今から5万年以上前、氷河期の時代に存在していたといわれています。

現生人類であるホモ・サピエンスの出現が約5万年前といわれているので、それよりもずっと前からこの場所にあったということになります。

海底にありながらその保存状態は非常に良く、木の内部は新鮮なままで残されており、現在研究が進められています。

巨大ハリケーンがもたらしたもの

618eb43d23f7c4a77edb385ad86276b6b5dadf46

この海底の森が見つかったのは2006年。

それまで誰の目にも触れずにいたのは、森が深い泥の下に眠っていたからであることが明らかになっています。森の発見のキッカケになったのは2005年に訪れた巨大ハリケーン・カトリーナが海底の泥を払ってしまったこと。

イトスギがもともと丈夫な性質であったことと、泥が蓋をしてくれたおかげで5万年もの間、森は良質な状態で保存されていたということです。

704f7dd11a4f752396ec0a2b4edec579fa580321Bdfe2ed4371c59d773b2865be74f31755f242ed2

では、なぜ森が沈んでしまったのか。それは氷河期と間氷期の間に海面の水位が大きく影響したためだと考えられています。

例えば、恐竜のいた時代(約2億年前)は温かく、アメリカ大陸のほとんどは海底に沈んでいました。それが氷河期になると海抜が122mほど下がり、今まで沈んでいた土地が海上に表れたといわれています。

03472d1a027ab16cc22acaff12215cb555b137ee

地球は大体4万年から10万年の周期で氷河期と間氷期を繰り返しています。

イトスギの森は氷河期に地上にあったものが間氷期で海抜が上がったことにより、海底に沈んだと考えられます。

599cb416c19e884783a6ae1d8c1bd5a7ad11abb2

これが、現在の海岸線と氷河期時代の海岸線の比較。約48kmの距離が氷河期の終わりに海底に沈みました。

88623a6cb99aedfb58abfeef0848d282d3e89895

海底のイトスギの森は、ちょうど沈んだ海岸線の真ん中辺りに位置していたようです。

Bbe2dbd864e55b7aed0a5f725ffded69e7e8a64e

海底の森は泥が払われたことにより、魚たちの住処となりました。この辺りで大量に魚が捕れるのはそのためです。長い間泥の蓋に守られていた森は、これから魚たちの生活によって朽ちていき、森の研究ができるのもあと2年ほどといわれています。

氷河期に存在したイトスギが環境の変動によってどのように変化していったのか、今後も研究者の調査は続いていきます。

30分近い動画ですが、調査研究に興味のある人はどうぞ。

Licensed material used with permission by This is Alabama
これは、米・フロリダ州キーウエストに建設される海底ホテルです。すでに認可を受け、300万ドル(約3億6,500万)の資金を調達中、集まり次第着工し4ヶ月ほ...
「何が起きても、どんなに希望がなくても、生きることを諦めないって約束してくれ…」そうローズに伝え、冷たい海の底に沈んでいくジャック。映画『タイタニック』の...
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
この記事をみているあなたは、世界一可愛いタコ(!)の目撃者になるかもしれません。ふわふわと泳ぐその姿は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたよう。こちらは...
もし自分が病気か事故で一度死にかけて、その後「第二の人生」を送れるチャンスを得たとしたら、何をするだろうか。アメリカのカリフォルニア州に、病気で命を落とし...
オランダの森の中に突如現れた、泡のような不思議な建物。おとぎ話の世界にでも迷い込んだかのようなこの場所、いったい何なのでしょうか。ここ「LOUD SHAD...
きっと多くの人が見慣れているのは、小豆ときなこの“2色”のはず。でも、以下の整然と並べられた“丸っこいものたち”だって、み〜んな「おはぎ」なんですよ!くる...
自宅にいながら世界のどこかを旅したり、物語の主人公になってゲームの中に登場する。現実ではない別の環境を人工的につくり出すその「没入感」において、ヴァーチャ...
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
プロジェクションマッピングといえば、「建築物」に映像を投影するのが一般的。たとえば、東京駅の事例「TOKYO STATION VISION」がわかりやすい...
森の中に入って目をつむると、つぼみが開いていくように、感覚が研ぎ澄まされていくのが分かります。頬を撫でる風、緑のにおい、鳥の声。自然のものに触れると、ほっ...
渋谷・道玄坂沿いにある「森の図書室」は、深夜までお酒やコーヒーを味わいながら本を読める、くつろぎの場として人気。2016年3月18日には、その2号店がオー...
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...
今年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEE...
佐賀県武雄市の御船山楽園で、「かみさまがすまう森のアート展」が開催。チームラボと資生堂がコラボしており、プロジェクションマッピングを用いて、「生命の連続」...
アウトドアといえば、どう考えても夏のイメージ。寒さゆえ外で過ごす機会が減ってしまう冬は、はっきり言って不向きでしょう。でも、こんなグランピング体験なら話は...
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...
大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時...