インスタの投稿写真でわかる「あなたの病み具合」。

SNSを通じた自己表現が、当たり前の世の中。何気なく投稿している内容が、自身も気づいていない「病み」や「鬱」を映し出しているかもしれません。

アメリカのバーモント大学で行われた実験により、鬱病の可能性がある人の写真の傾向が発見されたようです。

機械学習で分かってきた
投稿者の「病みパターン」

44f3ad3229d94e2993e73455e9b5d429f48a6439

同大学のChristopher Danforth教授の実験では、鬱と診断されたことのあるインスタユーザーと健康なユーザーを合わせた166人を集め、合計43,950枚の投稿写真の色彩と顔認識のパターン、その人たちの症状レベルを学習システムに入力し、検証しました。

すると、表情(笑顔や悲しい顔など)よりも、写真の彩度や明るさに鬱の兆候が見えるという結果に。彩度が低くブルーやグレー系の写真を投稿していることが判明しました。

加えて、鬱の兆候のある人たちの写真には明るいフィルターをかけるものが少なく、写っているのは少人数、ということも明らかに。

自殺抑止にもなるかもしれない

7aecae3abd438b5f925d9ff1a4f24d90fafc5d92

まだ166人と少ないサンプルでの実験ですが、人よりもテクノロジーの診断のほうが、早く、鬱病や自殺願望などの兆候を見抜けるのでは、という可能性が出てきました。 

ビジネスメディア「Fast Company」の取材によると、Danforth教授はこの結果にとてもポジティブな見解を持っています。

「自殺の前兆の判断はとても難しく、見逃してしまうこともよくあります。精神科医たちもとても苦労しています。

しかし、今回の研究結果により、ソーシャルメディアも自殺のリスクを軽減するために役に立つでしょう」

スマホ世代とも呼ばれる今のティーンたちにおいては、今までの世代より、孤独感や鬱病の傾向が高まっているそう。彼らの投稿は、今後の鬱度チェックなどに役立つかもしれません。

今までも電話の話し声から分かるストレスの度合いや心臓病の兆候、ブログの文章から解析する鬱病などといった研究がありましたが、今回の発表で、スマホやソーシャルメディアと精神医学との繋がりが、より深まったと言えそうです。

「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
Clarendon、Gingham、Moon、Juno、Lark、Reyes、Slumber、Crema、Aden、AmaroにMayfair…。ピンとく...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
2016年3月、インターネットを通じて世界中を賑わせたこちらの写真。一体何人の女の子が写っていると思いますか?改めて見てみましょう。左から順番に見ていくと...
FacebookやTwitterで表示されたリンクをクリックして、ここにたどり着いた人は多いかもしれません。いまや私たちの生活に欠かすことのできなくなった...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
日本在住のオーストラリア人が、深夜の渋谷で発見した「酔っぱらい」の写真を投稿し続けるInstagramアカウント。その名も「shibuyameltdown...
インスタグラムでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきていますね。...
SNSに写真をアップするとき、つい理想の自分のスタイルを演出したくなっちゃいますよね。いつもは本当はそんなに決まっていないときだってあるのに、バッチリ加工...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
NetflixがInstagramで求人を募集していたようです。募集ページによると、ヨーロッパ、中東を旅する専属フォトグラファー「Grammasters」...
二児のママであるドミニクさんは、2015年に仕事をやめてから、子どもたちと過ごす時間が増えたため、SNSやブログの更新をはじめました。ある日、彼女が次女の...
この心温まる光景は、カナダに住むエリザベス・スペンスさんの息子、アーチーくんとイングリッシュポインターのノラちゃん。毎日一緒にお昼寝をしている姿をインスタ...