「部下を持つ悩み」を解決するシンプルな方法

上にあがればあがるほど、責任は増すばかり。あらゆるタスクをこなしつつ、部下と信頼関係を築くことは、並大抵なことではないはず。

そこで、Peter Eonomy氏が「Inc.」に掲載したアドバイスを紹介。目新しい内容ではないかもしれないけれど、20年間のマネージメント経験をもつ彼が発するからこそ、説得力を伴って届くはず。

01.
自発的に
コミュニケーションをとる

904ec2f39ec9b58f59f380f0e4e6ac0772584ec6

多くの上司は、さり気ない会話を重要視せずに冷たい印象を持たれがち。自分からチームのメンバーに声をかけ、休憩中に話をするなど、フレンドリーでいよう。 

02.
関係性構築のために
時間をつくる

常に、外部の人とのミーティングで忙しいあなた。それでは部下と信頼関係をつくる時間が少なくなってしまう。ポジションを問わず、部下の意見や悩みに自分も興味があると示すだけでも、信頼につながるのだ。

03.
チームがピンチな時こそ
精力的でいる

25f4e53adf38335662cf6a54e462f0e477e531f9

トラブルは必ず起こるもの。そんな時も、精力的でありつづけ、柔軟な対応ができるようにしよう。そうすれば、チームのダメージを少なくすることができるから。

04.
ポジティブを心がける

責任を抱えることが多いと、上司といえどネガティブになってしまうことも少なくないはず。しかし、あなたがいつもポジティブでいることで、部下も新しい視点を持つことができるかもしれない。常にネガティブでいるよりは生産的でいられるはず。

05.
部下の手本になる

2db6a3cc5d05fa348c4042895d9e7ed43395e22c

自分の上司がデッドラインをしっかり守っていると、部下も「自分も」という気持ちになる。上司だからといって特別扱いなどない。さもなければ、部下はあなたを尊敬しなくなってしまう。

06.
フィードバックをしつつ
感謝を忘れない

いつも忙しい上司は、部下の仕事に対して評価する時間をなかなか確保できないもの。しかし、その状態では「自分は必要とされていない」と思われてしまうかもしれない。

そうならないためには、部下の仕事ぶりに対してフィードバックをしつつ、時には感謝の気持ちを伝えることが大事。

07.
思いやりを持つ

慕われる上司になる一番のポイントは、優しくなること。部下もあなたと働ける喜びを感じるだろう。

Licensed material used with permission by Peter Economy
これはビジネスに関するコンテンツを多く紹介している「Entrepreneur」にて、起業家のPeter Daisyme氏が記した記事。上司という立場にいる...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
毎日「退屈な9時-17時」を過ごしていませんか?ここで紹介するのは、弱冠24歳にしてフリーランスコンサルタント&マーケッターとして活躍するレナ・エルキンス...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
毎日決まった仕事をこなしていると、慣れてしまうせいか、当初のワクワクを忘れてしまいがちです。やりがいを感じないまま仕事をしていると、「果たしてこのまま続け...
人はいろいろな問題を抱えて人生を歩んでいます。しかしそれらは、心理学を使えばすべて解決できる、とビジネス心理研究家の神岡真司さんは言います。ここでは彼の著...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABO※イベントは終了致しました。いつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だった...
毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか...
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
社会人になって数年過ぎると、様々なタイプの上司と仕事をする機会を通して、その影響力の大きさを思い知る。尊敬できて、周りを引っ張ってくれるような人が上にいる...
自分で考えてくれない部下、年上の部下、怖い鬼軍曹上司など、プレイングマネジャーが相手にしなければならない相手は様々です。自著『プレイングマネジャーの教科書...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
仕事で思うような評価が得られずに、くすぶることは誰にでもあると思います。そんな時は「Elite Daily」に掲載されていた「あなたの職場での価値を上げる...