南極大陸で「100年前のケーキ」が発見される。

先月、南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見し、大きな話題となりました。

ブリキの箱に入れられたケーキは”自然の冷凍庫”の中で保存され、今でも食べられそうなくらい保存状態は良好だとか。

南極大陸「最古の小屋」で
眠っていたケーキ

Dff476251d1f5fd420fa40543d3d77045c8ef1aeAc66400251593890441be54b4ae228b0c9acd33e

南極のアデア岬には、大陸最古の小屋があります。この小屋は、1910年から1913年にイギリスのロバート・スコットが率いた探検隊が使用したもの。

かつて南極点への人類初到達をかけた熾烈な競争が、ノルウェーとイギリスの間で起きました。ノルウェー隊を率いたのは、名探検家として知られていたロアール・アムンセン。そしてイギリス隊を率いたのが、軍人であるスコットでした。

結果はアムンセン隊の勝利。スコット隊も遅れて南極点に到達するものの、帰り道で遭難、そして帰らぬ人に。

Antarctic Heritage Trustがそんな歴史的遺構であるこの小屋の保全のために作業を進めていたところ、中から106年前に使われていた道具や食品が見つかったそうです。

肉や魚などの生ものはひどく傷んだ状態だったそうですが、このフルーツケーキだけは、箱や包み紙こそ劣化している状態だったものの、中身は食べられそうな状態なのだとか。

60e5e3da340b3a0913d1bfae709b3383abd61d5f

どうやら、それはイギリスのHuntley & Palmersというお菓子メーカーのものでした。栄養価が高いフルーツケーキは、南極の探検家には非常に好まれる食品だったようです。

実際に食べられるのか、どんな味なのか、そこも気になるところですが、フルーツケーキは南極特別保護地区の規定に従って、小屋の保全作業が全て終わったあと元の場所に戻される予定。

中身をちょっとだけ、チラ。

4fe37d629a793cf503c3a5971fc84f39d4131cde

スコット隊が帰途で遭難し、全員が死亡したのは1912年3月29日と言われています。英国の誇りのために最後まで諦めなかった英雄たちの中には、たった2日間の食料しかないテントで、小屋に置いてきたフルーツケーキのことを思い出していた者もいたかもしれません。

アデア岬の小屋のフルーツケーキは、亡くなった隊員たちを弔うように、これから先もその場所にあり続けるのでしょう。

Licensed material used with permission by Antarctic Heritage Trust
いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねて...
偉大なる探検家である彼の名前は、ロバート・ファルコン・スコット。イギリス海軍の軍人で、南極探検チームのリーダーを務めました。ショーン・アッシャーさん編集の...
100年前というと第1次世界大戦真っ只中。そんな遥か昔の、毎日の生活に役立つ知恵袋が、いま話題になっています。「現代のものだって100年後に通用するかは分...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
南米大陸の南緯40度以南、そこから先がパタゴニアだ。アルゼンチンとペルーにまたがるこの広大な土地の「南」の果て、約1,000kmの海の向こうはもう、南極大...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
61年前と同じ“種類”のケーキではなく、正真正銘そのときにつくられたものの一部を今も食べ続けているのだそうです。えっ、だ…大丈夫なの!?アンさん(82)と...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
世界を変えられるとしたら…こんな質問に下は5歳、上は105歳までの男女が、「if」の世界を言葉にしている。意外にも、ほぼ全員が“誰かのため”に世界を変えた...
ビジュアルは、どこからどう見てもデコレーションケーキ。でも、その実態は…これは、見て楽しい、食べて楽しい、笑顔があふれる新しいかたちのサラダ「ベジデコサラ...
ロシア人パティシエ、Olga Noskovaさんのケーキが海外メディアやSNSで話題。なぜかというと、まるで鏡のごとく光沢がーー。つやっつやのピッカピカ!...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
意中の相手は自分から捕まえにいく。いまのご時世、女性から積極的に声をかける「逆ナンパ」も珍しくありません。恋愛に奥手になっているのはむしろ男性の方…。かど...
この、美味しそうにデコレーションされたチョコレートケーキが、いまからクルクルと回転していきます。すると…メチャクチャ不思議!楽しい仕掛けがぎっしり詰まって...
世界7大陸の最高峰を登る、通称「セブンサミッツ」を若干19歳の若さで見事達成した女性がいます。冒険家で大学生(早稲田大学)の南谷 真鈴さんがその人。201...
ここで紹介するのは、白黒写真に写った昔の日本風景に色をつけたもの。当時の雰囲気が伝わってきます。1900年前後の様子を、いまの生活と見比べてみては?木造建...
エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100...
100歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんが語る「人生のアドバイス」。その数、70人以上。フォトグラファーのポール・モブリー(Paul Mobley)さんは...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...