「さっき私がデートした男、6股かけてるみたいなんだけど」

Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。その2日後、もう一度デートすることになったふたり。友人が働いている店でお酒を飲んでいたのですが、彼の様子がおかしいことにLisetteさんは次第に気付きはじめます。

なんと彼、同じ日に別の女の子ともデートの約束をしていたのです!

それも同じバーで。ありえる?その一部始終をTwitterで実況したLisetteさん。これは……修羅場の予感。

同じ店で鉢合わせた女性二人は…

友達のバーで男性とお酒を飲んでいたLisetteさんのところに、同じ日にJustinとデートの約束をしていた別の女の子が現れるという、超がつくほどの大事故が発生。Lisetteさんには、バーで働く友達から「あいつ本当に最低だからやめたほうがいいよ」とのメッセージが届きました。

友達から紹介されただけの男だったそうで、そこまで執着はないものの、女遊びが過ぎる“サイテー男”に、Lisetteさんはドン引き。しばらくバーでその様子を窺いながら、Twitterで自分の状況をツイートし始めました。

友達の紹介で男と飲んでるんだけど、45分後に彼と約束があるっていう別の女の子がバーに登場。仮にその子のことを<Katie>って呼ぶけど、彼はKatieにわたしのことを「友達」って言って切り抜けようとしてる。

まあその場は合わせてあげたけど、あいつが席を立ったときにKatieに本当のこと全部バラしてやったわよ(笑)。

「本っ当に最低!」とLisetteさんとKatieさんは意気投合。そりゃそうだ。

あろうことか、三人目が登場。
そして・・・

LisetteさんとKatieさんが話をしているところに、Justinと今日このバーで飲む約束をしていたという3人目の女の子が登場!?ここまでくると、もうほとんどコント。

Justinは3人の女の子から徹底的になじられてたじたじになっていた様子。まあ当たり前の報いですよね。

De5bcda6a402127635329cc48f0c3a705933ac95

Lisetteさんたちは別のバーで一緒に飲み直すことに。きっかけは散々だったけれど、素敵な友達ができたと気分良く盛り上がっているLisetteさんのところに、さっきのバーで働いている友達からメッセージが届きました。

あの男、また別の女と飲んでるよ。

開いた口が塞がらないとはまさにこのこと。さらに、Lisetteさんたちが飲んでいる店に、友人経由でJustinの実態を知った5人目の女の子が合流しました。女子会はますます盛り上がりを見せます。

3907761be0037c2bb1cf304834cfd4f55fb02761

4人目の女の子にも連絡を取り、Justinとのデートが終わったら女子会に参加して欲しいと告げるLisetteさん。サイテー男なんて放っておいて、誕生日に一晩で多くの友達ができたことが素直に楽しくて嬉しかったと振り返ります。

「僕は“効率的”な人間だから」

Dc306ad4e0e227ed315307e0333bddab029946fc

さて、自分が誘った女の子たちが結託しているのを知ったJustinは、どうにか言い訳をしようとLisetteさんにこんなメッセージを送ってきたそうです。

僕が一番楽しみにしていたのは、もちろんキミとのデートさ。でも僕ってプロジェクトマネージャーだからさ、効率よく時間を使いたくって。今日は挨拶がてらって感じだったんだよね。

何を言っているのやら。

呆れたLisetteさんは、

効率がいいのと非常識なのを一緒にしないでくれる?あんたはただのクズ。

と、一蹴。ちなみにそのあと、Lisetteさんは6人目になるはずだった女性とも知り合うことに。あの夜意気投合した5人と一緒に仲の良い友人グループとなりました。

今もグループチャットを使ってみんなでランチなどに出かけているそうですよ。最低な男女関係から生まれた最高の女同士の友情は、これからも育まれていくことでしょうね。

それにしても、こんなことある? 

Licensed material used with permission by Lisette Pylant
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
彼氏のいない期間が長いと、男性のちょっとした優しさに心揺らいでしまう女性もいるでしょう。でも中には、見せかけのやさしさを悪用する男もいて、長い目で見ると痛...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
「女は追われる恋愛の方が幸せになれる」なんて言うけれど、そんなのできたら苦労しない。男の人って追ったら逃げていくし、でも「好き」な気持ちは抑えられない。そ...
あくまで、アメリカにおける20代、30代の恋愛観を前提にした、こちらの記事。ですが、ライターPhoebe Parsons氏が主張する通り、恋愛においてあれ...
素敵な恋愛がしたい!とは多くの女性が願うことですが、実際それを叶えるのは難しい……。ここでは「Thought Catalog」に掲載された、付き合うべきで...
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
気になる彼との初デートほど、ドキドキで不安なものはありませんよね。そして女性なら誰もが、そこで彼の人間性を見極めたいと思うもの。「Elite Daily」...
アメリカでは、まさに私くらいの年代(20代前半)を称して「The Age of Tinder(Tinder世代)」と呼ぶらしい。分からなくもないのは、日本...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
比べても仕方がない、と頭ではわかっていても「彼ってなんで元カノと別れたのかな」「私と元カノどっちのほうが好きなのかな」なんて思ってしまうことがあるものです...
「恋は盲目」というフレーズほど恐ろしいものはありません。なぜなら、絶対に別れたほうがいい男性なのに、それが冷静に判断できなくなってしまうから。最高だと思っ...
ものごとを赤裸々に語る口調から、多くの女性に支持を得ているNYライターのZara Barrie。彼女が「Elite Daily」に綴ってくれたのは、「本物...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
都合のいいときだけ連絡がくる、ウソをつく…。この人、大丈夫かな?と思いつつ気持ちをごまかしていたかもしれませんが、その男性「恋人として最低」の可能性もあり...
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でしておくべき、というのがこの記事の主張。語って...
恋愛コラムニストであるボビー・ボックスが、熱く語ったのは、データで見る「初デート」。疑問が浮かぶところもありますが、男女問わず、共感を得ているようですよ。...