耳元で奏でるバイオリン…と思いきや、笑撃の事実

バイオリンの弓こそ馬の「尻毛」が使われるけど、まさか人間の髪の毛を、それも弓でなく「弦」にしちゃうって…。クラシック音楽への冒涜か、それとも新時代の幕開けか。その判断は、音色を聴いてからでも遅くない。

バイオリニストが
ストレートヘアを奏でる

これマジでやってんのか、おふざけなのか。その辺の線引きさえも、もうどーでもよくなるような内容なんだけど、奏でる音色を耳にした人だけが覚えるフシギな違和感。そう、意外にこれが聴けるってんだから、バカにしてもいられない。

自慢のロン毛をまさかの弦に置き換え、バイオリニストに弾かせたアーティストTadas Maksimovas。彼にしかできない(まず思いつかない、が正しいか)パフォーマンスは、その準備段階がとにかくオモシロい。

サラサラヘアが「弦」になるまで

51c409c55064e2afc674a5b925c5209fd275bd5b

すべては、ヘビメタ風情のTadasの長髪をまとめ上げることから始まった。それこそ馬の尻毛並みの長さ。にしても、サムネイルからしてシュール。

873bf1236b73fa7dd34d7e9f3d1ec9b8d2c6bdd44a4173ff1b2eaf0f97aa736c9cc593138a251ed9

そう、これを切るんじゃなくそのまま髪の毛だけで弦にまとめていく。細い束にして、しっかりと糊で固めて。

2e0eac2a0c150aede9eef3a243d526f236d632d8Ad6955beb6acaf671441ec34043208d700f9f3bb

まとめ上げた髪の弦を駒にのせ、ペグにかけてチューニングを合わせていくと…これが結構いい音するんだ。

仮に何も知らず目を閉じて聴いていたならば、一般的なバイオリンだと思う人だっているんじゃないか、っていうほどに。

4d44c0933402844c62c7ba78ab403b7766a54cef

こうして、人間の髪の毛でつくった弦の上に、馬の尻毛がいま…。

ほんの少しだけ、
クラシックが好きになりました

48fd84db88a37db54d9450e7aed44e00108305a2

人の心を震わせるものであれば、どんなものであろうと音楽。もう、それでいいじゃない!

041a278666506bae5a50a7a4fe8cfc2c08ba80a1

ちなみに、こちらが演奏後のTadasの髪(弦)。

「シャンプーのCMみたいな演出を
実際にやりたくってさ(笑)」

アヴァンギャルドと言ってしまうのは簡単なこと。けれど、イギリスの「ストリートミュージシャンの日」のために、このデモンストレーションを計画したTadasの真意はどこにあったのか?

髪は10年前から伸ばしてたんだよね。長くなればなるほど切るタイミングを見失っちゃってさ。いつの間にか80㎝を超える長さに。

ここまでくると、さすがに手入れがが面倒になっちゃって(笑)。で、いよいよ切ろうって決意したんだけど、ただ切るだけじゃつまらない。だからこれで音楽をやったら面白いんじゃないかなって、そんなノリだよ。

ほら、シャンプーのCMなんかで女の人のキレイな髪でバイオリンを奏でるみたいな演出があるでしょ?アレをやろうと思ったんだ。実際に人の頭がくっついてるバイオリンを演奏するなんて、クレイジーで誰も見たことなかったでしょ?

ただね、計画を実現させるのがとにかく大変だった。だって誰も僕の頭がついたバイオリンを弾きたいって人が現れてくれないだもん(笑)。ようやく、リトアニアのEimantas Belickasがこんなバカな企画にノッテくれて、本当に良かったよ。彼が「一緒にやろう」といってくれてさ、ロンドンからリトアニアまですぐ飛んでいったよ。

なんという軽いノリだろう。

演奏終了後はバッサリ…

A414cb099bf8a2f2c7441dee2a58a4213ef2b06e9f4590b06c56361981ca2aedbae7d97656b765c6

動画はまだ続いていた。

ラストシーンで待っていたのは、もうひとつの見せ場。10年間伸ばし続けた髪の毛を、潔くもバッサリと。ここまで含めて芸術作品。なるほどな、と妙な納得感にいつのまにか清々しいキモチにさせられちゃった。

これぞ、エンターテイナー!

 

Licensed material used with permission by Tadas Maksimovas, Vimeo
歴史に名を残すバイオリン製作者のアンドレア・アマティやガスパロ・ディ・ベルトロッティと同じく北イタリアで生まれたLeonardo Frigo。彼は、幼い頃...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
音楽が心にもたらすメリットは、様々なところで語られていますが、「I Heart Intelligence」に掲載された記事は、それをまとめて紹介したもので...
音の無い世界で生きる人たちがいる。耳の聞こえない聾(ろう)者たち。彼らに楽器が奏でるメロディーや歌声は聞こえない。しかし、決して音楽の無い世界に生きている...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
もしも、音を描くことができたなら…。音を生み出すのに必要なのは、指先だけ。だれもが直感的に「音楽をつくる楽しみ」に出会える音楽アプリが誕生しました。専門的...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、フランス...
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
クラブに行ったら、ライブに行ったら、普通は音楽に合わせて踊りますよね。音楽との一体感は何より気持ちがいいし、古くからダンスと音楽はともにあり続けてきました...
街角で突然看板を使ってパフォーマンスを始める男性・・・その得体の知れない絶技が凄すぎるとSNS上で話題沸騰中!一体何者だ?Post by helloU. ...
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
自分の背丈ほどもある6弦ベース(一般的にベースは4弦)を自在に奏でる少年。大人のミュージシャンたちの中に入っても、まったく引けを取らない洗練されたアレンジ...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...