SNSは「凶器」にもなる。

友人とより深い関係を築けたり、異なるバックグラウンドを持つ人たちと繋がることができるSNS。本当に便利なコミュニケーションツールだけれど、その長所が仇となり人を傷つけることも。

便利さからくる弊害とはどのようなものがあるか…。普段からニュースをチェックしている人であればすぐ思い浮かぶかもしれないが、デザインという切り口でこの問題に触れることができる3枚の画像を紹介したい。

使い方によっては
一生消えない傷を残すことも

F05c4dccd388ef66fbae6d320b2e0ed24b6eea25D15383fd05662893b78b346240b7cf523a5211cfA950f4ad540d7104f2b25cb49a35adf422e0fac1

これらのデザインはアート学校の生徒らが、インターネットでのいじめ防止を啓発するためにUNICEFと組んで作り上げたものだという。

ネットいじめというと表面化しにくいことが特徴の一つとしてあげられる。陰口をネットで広めたり、本人が嫌がる画像や動画を投稿したり、手口は陰湿なものが多い。

これまで起きたことを例にあげると、集団でいじめのターゲットを暴行する様子をSNSへ投稿したり、知人のプライベートを覗き見してその内容をバラしたりなど、と数え切れないほどだ。最悪の場合、被害者が自殺してしまったケースも。逆に第三者が暴行行為などを発見しSNSでその様子を公開することで、問題が発覚したというケースもあるが…。

いまや私たちの生活の一部となっているものだからこそ、改めてSNSのプラスとマイナス両面を心に留めておきたいもの。もし直接関わりがなかったとしても、第三者として何かあった時に「おや?」と気づけるようになるかもしれない。

Licensed material used with permission by Felix Ebell, Hana Ovčina
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
これは「リア充っぽい投稿」に見え隠れする影の部分を描いた作品。いつも目にしているフィードと見比べると…思い当たる節があるかも。編集された生活とその結末とは...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
大切な人、仲間、家族に日本語だと言いづらかったり、ちょっぴり恥ずかしいことも、ハワイ語なら気軽に伝えることができます。ここで紹介するのは、基本フレーズ7つ...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
“Facebookページにいいね!してくれたら、一杯無料”。そんなコーヒーショップが目の前にあったら…、何の気なしにアクションしちゃうかも。でも、そこから...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気にな...
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
私たちが普段、新聞やニュースでよく目にする「GDP」や「株価」などの、お金の動きの背景には、様々な人と人とのつながりがあり、信頼関係があります。そのような...