医師に「やっかい」と言わせる、血糖値スパイクって?

『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』(青春出版社)の著書である溝口徹さんは、日本初の栄養療法専門クリニックを開いた医師。体の不調や心の病気に繋がる「血糖値スパイク(食後高血糖)」に着目。どのような対策をとるべきかを独自の視点で解説しています。

近年、認知度が高まりつつあるこの症状、そもそも注目されたきかっけはどんなことだったのでしょう。

医師のあいだでは、
昔から問題視されていた

Ba928f498530684fc13ba257bf25b0e89e6b5514

昨年、テレビ番組で「血糖値スパイク」が取り上げられ、多くの反響があったそうです。

番組内容は、食後に血糖値が急上昇と急降下を繰り返す、血糖値スパイクという現象があり、日本人の1,400万人が発症している可能性があること。この現象が起こると、血管が傷つき、やがて大病を引き起こす。つまり、血糖値スパイク自体が様々な病気の原因になり得る……という内容でした。

一般の方にとっては聞き馴染みのない言葉だったでしょうが、医師の間ではもともと「グルコールスパイク」、「食後高血糖」、「隠れ糖尿病」などとしてよく知られていたことです。

血糖値スパイクの症状は、空腹時の血糖値は正常なのに、食後に血糖値が急上昇するのが特徴。糖尿病のように血糖値が高いまま維持されるのではなく、その後急降下し、やがて正常値に戻ります。よって、健康診断や人間ドックなどでは見つからないやっかいな状態なのです。

糖尿病治療から発見された
もう一つの合併症

E4575637d2c8e2bf55bc1916e9cada2742ec2a40

医師のあいだで血糖値スパイクが注目されていったきっかけは、糖尿病治療の過程にありました。

通常の検査結果では経過が非常に良く、血糖のコントロールが良好と判断される患者の中に、心筋梗塞や脳梗塞を発症した人がいたのです。

その原因を調べていくと、どうやら食後に血糖値が急上昇する、血糖値スパイクの症状があるということ……そしてそのような人の場合、糖尿病の治療が良好であっても、合併症を引き起こすことがあると分かってきました。

2007年、国際糖尿病連合が出した「食後血糖値の管理に関するガイドライン」では、食後血糖の状態が悪い(つまり血糖スパイクがある)場合、糖尿病の診断基準に照らし合わせた経緯が良好でも血管病変のリスクが増大し、認知症などを発症する可能性があると明記されています。

つまり、血糖値スパイクを作らないことが、合併症の予防にも繋がるということなのです。

これまで3,000人の糖負荷検査を行ってきた医師の溝口徹さんは、20年に渡って「うつ」や「パニック障害」など精神疾患の治療にあたってきた人物。近著『「血糖...
心も体も健康でいるためには、食生活を改善し「血糖値スパイク」にならないことが重要と説くのは、栄養療法を行う医師の溝口徹さん。その著書『「血糖値スパイク」が...
糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
検査のために指先から血液を採取し、さらに腹部などに注射を打つーー。糖尿病患者が抱える悩みは、想像しただけでも大変です。が、その負担を大幅に改善してくれるだ...
ストレスを抱えることがあたり前のようになってしまった現代社会。仕事は毎日忙しく、自然とイライラは溜まり、気が付けばたくさん食べてしまう。そんな方も多いので...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「skillshare」が監修した、世界の人々のさまざまな平均値を「AsapSCIENCE」が動画で紹介しています。自分は平均的?それとも、それ以上?
糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました...
私たちは、健康診断を受けたりサプリメント薬を摂取することで、元気な体を保とうとします。けれど、生活習慣を改めない限りは、真の健康を維持することもできません...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
大ブームになった低糖質ダイエット。挑戦してみたという人も多いのでは? 「低糖質食=ダイエット」というイメージが強いかと思いますが、ダイエット以外にも注目し...
カップ麺やインスタントラーメンって、手軽で便利で美味しいのでついつい食べすぎちゃいますよね。でも、ベイラー大学とハーバード大学の調査の結果では、一部の乾麺...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
高校時代には偏差値が29だったという杉山奈津子さんは、自分自身で勉強法を編み出し、東大に合格しました。彼女は勉強に加えて、ある武器を活用していたそうです。...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ショットを囲めば一気に盛りあがれるメキシコ育ちの陽気なお酒「テキーラ」。おそらく健康のために飲んでいる人は少ない。しかし、実は数々の研究結果が発表されてい...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...
アートディレクター/プランナーの佐藤ねじさんが作った「5歳児が値段を決める美術館」。これはねじさんのご子息が、4~5歳の間に作った“作品”の数々を販売する...