「絞り染め」が、知らないうちに海外で進化をとげていた。

古風でシブい、独特の雰囲気が日本でも人気の伝統工芸・絞り染め。でもこれを「21世紀版・Shibori」として、ライフスタイルにカジュアルに組み込んじゃうのが海外のトレンドなんだとか。

シドニーの専門店「Shibori」から、進化したその姿をお見せしよう。

壁紙やラグにも
大胆に

Bf85a171af387a419b1e09f4653064ef9674d7ef34c2d14852fd9eaa12431b7b8b3cf4a7421dc4ab

椅子の後ろのまだら模様も、不思議なパターンのブックカバーも、さらにはラグも、全部絞り染めで作ったものだ。こうしてみると日本のものとは結構テイストが違うけど、より今っぽいムードをかもし出していておおいに「アリ」な様子。

「絞り染めされた布はオーストラリアのトップデザイナーの一部にも、ファッションやインテリアの場面で使われてきました。彼らが自らの手で染めた革や売り物としての布、壁紙も世界中の展示会場で見ることができます」

と、 Shiboriの担当者。

細かなパターンを作るのが定番の日本のものとは違って、ざっくりと縛って不思議な模様を染め出すものも多いみたい。

Eec6721ed13735b4bccd758cbb3b0e5b4c2567d5B3c3538d2c993b135788935838671e3a206eb45f9a165a275b06ac071206759fb4ca5bfa55c2434fF6c64cd92b35ad0af48a472b91bc2b04d548a125

伝統工芸だけど、こんなふうにカラフルポップなテイストにも。

「お手軽DIY」という
側面も

56f8f0dd3cdba19b081494ecde4a2613bc43cd67

さらに興味深いのが、絞り染めが「お手軽DIY」としても注目されているところ。逆輸入も起こりそうな勢いだ。

さらに「Shibori」では、簡単に絞り染めができるキットの販売や、ワークショップの開催も行っているという。確かに、私が小学校のときに体験した記憶でも、多少の失敗くらいならそれなりに味が出ていた(気がする)し、初心者でも楽しみやすく、DIYには向いているのかもしれない。

4cacbe01ec1ed7cf788591f78a39e670dd2975c4

暮らしに取り入れてみたい人は、オンラインショップも覗いてみて。

Licensed material used with permission by shibori
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
都心部における不動産価格の上昇や人口増加の影響を受け、満足のいく家探しに頭を悩ませているのは、何も東京だけに限った話ではない。そう、実はここシドニーでも同...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
ヘルシーフードとしても注目され、「日本のことはあまり知らないけど、スシは好き」なんていう海外の人もいたり。その土地の人の口に合うように大幅アレンジされたも...
11月25日(土)・26日(日)に金沢で行われる『KOGEI Art Fair Kanazawa 2017』。これはよくある「工芸展」ではなく、「工芸アー...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
いま、シドニーで大注目のデザートがこちら。見た目のインパクトもさることながら、その独特の食感がやみつきなんだとか。このハイブリッド感がたまらない!シドニー...
これまでDIYに“どっぷり”できていなかったのは、どうしても製作しているときがピークに思えて仕方なかったから。満足度のハナシです。自作したものを使う喜び、...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
アラスカ在住のAna Whiteさんは、限られたスペースを有効活用する様々なアイデアで人気のDIYブロガー。そんなAnaさんの新作は、どうにも子ども心をく...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
ロールプレイングゲームを何百時間もプレイして、クリアしたときの達成感。それと同時に訪れる虚無感…。出来合いのものを消費するばかりだと、楽しんでいるはずなの...
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。伝統...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...