任侠映画をみるとき? それは「 “空気” を入れたいとき」。

 

音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしているものがあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今回は東京・阿佐ヶ谷にあるロック・バー『ジャニス』のマスターが登場。まだ見ぬ世界を覗き込むように、梅村さんの話に耳をかたむけてみてください。

 

フェイバリット紹介者:梅村 勉 さん

東京・阿佐ヶ谷にあるロックカフェ・バー『ジャニス』のマスター。

昔、軽井沢のレンタル自転車屋さんでジョン・レノンと遭遇した過去あり。

(声をかけたものの、ジョンは颯爽と自転車で走っていってしまったそうです)

#FAVORITE 01.
東映の任侠映画

 

梅村:今、ほとんど撮られていないんですよね。Vシネマみたいなものって。劇場作品もまったく撮られていないので、時代が変わったんだなと。すこし前に松方弘樹さんも亡くなってしまいましたし、彼が出ていた『修羅の群れ』とか『最後の博徒』とか、その辺りで終わっちゃったのかなと。

 

——たしかに、若い世代は観ているひとも少ない気がします。

梅村:若くなくても、観ているひとは少ないですよ(笑)。昔は任侠映画専門の小屋(映画館)があったんです。最初は新宿の『昭和館』、それがなくなって引き継いだのが、中野の『武蔵野館』。それも、もう何年も前になくなってしまって。まわりにも観ている人がいないから、なかなか話が合わなくて(笑)。

 

——素朴な質問になってしまいますが、任侠映画を好きな理由って?

梅村:もう本当にただ好き、というだけなので、理屈じゃないんですけどね。やっぱり非現実的で、今はこういうのってあまりないじゃないですか。なんていうか、反近代的。移り変わっていく時代に取り残されている人間というかね。裏の社会を描いているから、そりゃそうなんですけど。

その中でもエンターテインメントとしての面白さがあって、人物設定もわかりやすい。リアリティがないっていえばリアリティがないんですけどね。人間ドラマとしては非常に面白いところがあるなと。

任侠映画って
つまりそういうことをいっている

 

——若い頃から観られていたんですね。

梅村:昔の、学生運動が激しかった頃ってわりとそういうのを見てね、カッコよくいうと、映画の中で繰りひろげられる “権力に対する反逆”みたいなものを、自分に投影しちゃったりして。それにちょっとこう、勇気をもらうというか。そういうことを、昔は「空気を入れる」って言っていたんですけど。

 

—— “空気を入れる”って、はじめて聞きました。

梅村:今はつかわないよね。そういう映画を観て、弱気な自分を鼓舞するというかね、鼓舞というほどでもないかもしれないんだけど。自分に勢いをつけるというか。そういうことをいう言葉だったんです。

 

——では、若い頃はそうやって空気を入れていたんですね。

梅村:まぁ、多少はありましたね。そんなに過激じゃないけど(笑)。今はなかなかないよね。「義を見てせざるは勇なきなり」っていう言葉があるんだけどね、ちょっと空々しいような気もするけど(笑)、「正義をみて、見て見ぬ振りをするのは勇気がないからだ」というようなことで、任侠映画ってつまりそういうことをいっている作品が多いんだよね。

現代社会にも通ずるもの

 

——恥ずかしながら、任侠映画がどういうものかも、あまりよく知りませんでした。

梅村:いわゆる『任侠路線』といわれるものはそういう作品で、その反対の位置にあるのが『実録路線』。名前の通り、きちんと取材を重ねてつくられていく作品がそう言われていて、『仁義なき戦い』とかがそれにあたるんだけど。任侠とは真逆で、「“義”とかそういうものってくだらない」というスタンス。

それもそれとして、僕は正しいとは思うよ。たとえば現代でいえば、サラリーマンのひとたちが組織の中で戦う感じとかは『仁義なき戦い』を観ていてもおなじものがあるというか。上下関係、力関係とかね、いろんなしがらみが渦巻いている中で戦っていたり、自己保身の術が重要だったりとか。

シナリオライターの笠原和夫っていう人がね、非常に優れていたんだけど。彼が書いている『笠原和夫 シナリオ集』(映人社刊) は、実録路線の作品のセリフを知れて、おすすめです。

どちらも現代社会にも通ずるものがあって、今の時代に観ても楽しめるものなんじゃないかな。 

 

今日のみじかいことば。

「任侠映画の常連だった、高倉健も、菅原文太も亡くなってしまったからね。追悼っていう意味で、昔の作品を見返したりすることもあるよ。」

次回のファイバリットはこちら

音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
ご存知、NIRVANAと共に90年代のUSロックシーンを席巻した伝説的バンド・The Smashing Pumpkins(ザ・スマッシング・パンプキンズ)...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
日本最大のモザイクタイルの生産地として盛り上がりを見せる、岐阜県多治見市笠原町。ここで『幸せなお家』と呼ばれる建物再生プロジェクトが始まった。
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
ニルヴァーナのカート・コバーンによる絵画やスケッチが8月上旬にアメリカはシアトルで開催された「Seattle Art Fair」で公開されました。中には1...
お菓子のコンセプトは、それぞれの作り手が独自の考えを持っているはず。それがハッキリと名言されない場合もあるとは思うけれど、僕が知るかぎり「映画」を題材にし...