大っきすぎる「赤ちゃん」との21年ぶりのバースデイフォト。

数奇な運命をめぐって、再びひとつになった家族を紹介します。その愉快でしあわせそうな写真は、なぜかちょっと笑ってしまうようなもの。

Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそうです。

いま、Claytonさんは21歳。それが赤ちゃん役って!?

20年越しに、再び愛を育む親子

16aa51a4d67698f71c958ff96f5b12f355a0207e

Rebeccaさんは高校生の頃に、Davidさんとの子供であるClaytonさんを妊娠しました。しかしその後Davidさんとは別れ、お互い別の相手と結婚して子供を持ち、それぞれの人生を歩んでいました。離れてはいても、Claytonさんのために友人関係を保ち続けていたふたり。

その関係性に変化が生まれたのは、2013年にRebeccaさんの夫が亡くなり、2015年にDavidさんの妻が癌で亡くなったことがきっかけでした。 

A67bad62f4be685d1d42026e8edf9f88b270e3f2

お互いに最愛の人を亡くした悲しみを共有し、支え合うようになったRebeccaさんとDavidさん。やがて、ふたりの関係は友人同士から以前のようなロマンチックなものへと変わっていったのです。

そこでRebeccaさんは、大切な息子であるClaytonさんが生まれたときに家族写真を撮らなかったことを思い返します。

21年かかってしまってけど、生まれたときの喜びを写真に残すのはどうだろう?

こう提案したRebeccaさん。

最初は半分冗談のつもりで。「嫌だよ今さら、気持ち悪い」なんて一蹴される覚悟もあったそうです。ところが、父と息子の反応はそうじゃなかった。非常に乗り気で、すぐに撮影の日取りが決まったそうですよ。

しかも、「絶対思い出に残そう!」とClaytonさんの方がノリノリ。

69e3b01cd480620329635fc1c4e277168ca5d918C36308888471042f5b669fb28c74b2ddeb57930f

せっかくのベビー写真を撮るということで、3人はフォトグラファーのDuffi Crowsonさんと念入りな打ち合わせをします。はじめは大きなテディベアやバスケットを使って演出するという案も出ていましたが、最終的には一番シンプルな、3人にスポットを当てたものに決定。

19b9636bc3082664b8dd4c19c4132be861bd4d2f

撮影を終えてRebeccaさん。

どうなるかわからないのが人生、ここ数年でそれを実感しました。行き先を知らずに、それでも私はここまで自分の選択をしてきて良かったと思います。今一番大切なものが手の中にあるんだから。

28baf4e87b52237a1c3090223559c70423b08877

愉快で幸せそうな家族写真。これからまだまだ人生を歩んでいく3人にとって、この写真はきっといつまでも大切な記憶として残り続けていくことでしょう。

Licensed material used with permission by Duffi Crowson,
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
二児のママであるドミニクさんは、2015年に仕事をやめてから、子どもたちと過ごす時間が増えたため、SNSやブログの更新をはじめました。ある日、彼女が次女の...
写真家Adrian Murray氏が、今年の夏休みに撮影した息子たちの様子。その驚くべきキュートさに、いま、世界中が魅了されています。切り取られたのは、2...
「天使のようなかわいさ」とか言いますけど、まさにその通り!でも子どもの成長は早く、どんどん新しい表情に移り変わっていきます。スクスクと大きくなっていく姿も...
確率5,500万分の1。この数字、一体なにを示したものかわかりますか?実は「五つ子の妊娠確率」なのですが、このたびそんな“生命の奇跡”を経験したのは、オー...
5月は、アメリカでは卒業式の季節。青い空に向かって卒業生が一斉にハットトスする様子に、一度は憧れた人も多いのでは?そんなおめでたい写真の数々がSNSを賑わ...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
時を経て、同じ場所に訪れてみる。自分だけのお気に入りの場所がこの世界にあるということは、人生の大きな楽しみだったりする。カリフォルニア在住のLisa We...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
ロシアの写真好きが集まって結成された非営利団体「AirPano」は、ヘリコプターや飛行機、時には気球などに乗り、空中から高画質写真を撮影しています。世界中...
モントリオールで活動するフォトグラファー、Mikaël Theimerの一番大好きな被写体は、恋人のMarion Munezさん。写真を撮られるのが大っ嫌...
Instagramで約20万人のフォロワーを持つアカウント@reagandoodleは、アメリカ・ポートランドに住む3歳の少年と、愛犬の成長を記録したもの...
犬を飼っている人のカメラロールは、たいていワンちゃん達の可愛い姿でいっぱい。心を許したあなたにだから見せる表情があるはずです。では、彼らからみた飼い主の表...
この心温まる光景は、カナダに住むエリザベス・スペンスさんの息子、アーチーくんとイングリッシュポインターのノラちゃん。毎日一緒にお昼寝をしている姿をインスタ...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
もうすぐ赤ちゃんが生まれる。そうなったら、オムツの準備が必要です。でも予定より早く、小さく、生まれた赤ちゃんは、オムツを選ぶのもひと苦労。小さなサイズを探...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
カナダ・モントリオールで活動するフォトグラファー・Mikaël Theimerさんの被写体は、街中でみかけたキスやハグ。どれも見ているだけで心が暖まる。彼...
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...