もう、絵の具なんていらない!

パレットに絞り出された油絵の具……のようにも見えますが、じつはこれ、色鉛筆で描かれた「油絵の具のイラスト」。と、種明かしをされてもなお、やっぱり色鉛筆で描いたとは思えないんだよなぁ。

6e2500ff2d13fb32dc4842d9cae8d57c7ec1b3ae

ひとつひとつよく見ても、写真で撮ったようにも、デジタル加工されたものにも見えますよね。光沢感やポトッと絵の具を落としたあの雰囲気そのままなんだから。

デザイナーCj Hendryは、以前からこうした色鉛筆を使ったリアリティあるモノクロ作品を手がけてきたそうで、今回がはじめてのカラー作品。で、このクオリティというんだから。

色鉛筆12色で描き出した「赤」

7b0469dbb06bc093c963a17135a1173b6111abd6

この赤い絵の具の絵を描くのに利用された色鉛筆は12色。

ぱっと見ると鮮烈な赤一色が視界に飛び込んできますが、その質感を出すのにたくさんの色が利用されているそうです。それぞれの色がどこでどのような効果を発揮しているのかは素人目にはサッパリ。色の組み合わせでこんなにも深みのある「赤」が描けるということに驚き。

30e3e9ca934f727bd288e09ae55c6e95ac0138330381802c1b31f800197b6b8892551ce3b122647cDab103ff97a7a7be53510adff678fbb80418d0ae14af6228eb5f457eed00a2a3a01a4894df73b07e

1枚仕上げるのに、短いものでも1日〜2日、時間がかかるときには4週間もかかるそうです。

思っていたよりずっと難しかった

とHendryさん。

6930e6098efc640048ac7c8831bcb17ab8f1874e0864e7daa0804c18bda29dfb95ba96d28a8c44a0

ファッションブランドChristian Louboutinの依頼でカラー作品に挑戦するなど、この絵の具の絵の発表で、仕事の依頼もどっと舞い込んできたんだとか。

それにしても、すごいなあ。

 

Licensed material used with permission by Cj Hendry
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
わたしの口紅、鏡を見ないで使ってたらこんな形になっちゃった。雪山みたいでしょう。 〈ADDICTION(アディクション)〉の002番。別にこのブランドにこ...
目を引く大きいカラフルな絵。一見普通のポップな絵に見えますが、よく見ると…中心に人が立っているんです。Ben Heineさんの大胆な作品をご覧あれ。Ben...
例えば、あなたがイメージする水色。水道の蛇口をひねっても、川の流れを見たって、決して同じ色はそこにありませんよね。色には、確かにそれぞれ名前がある。けれど...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。基本的...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
ゴールデンリトリバーのElla(エラ) Fitzgeraldは、絵にうるさい。なんてったって、自分の気に入った作品以外には目もくれない。彼女が絵画を鑑賞す...
水や砂糖など、身近にある材料を使って描いた作品が注目を浴びているイギリス在中のAravis Dolmennaさん。どれも遊び心いっぱいで、絵本の中のような...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...