ケモノになって動物園内を「全裸」でラン。

去る8月10日に「ZSL London Zoo(ロンドン動物園)」で開催されたイベントがある。初めて見る人には衝撃的かもしれない。恐らく日本だったら、絶対開催されないだろうから。なぜかというと、参加者は服を着ないことになっているから。

野生に戻って
園内を全裸で駆け抜ける

1148019893795dae30dc4e5d328aa1e06c3cef7500093ced25d47aecbcbef120da5e33f952bd868f

コース内のピンクの看板には「下着をつける必要はない」「ズボンは履かなくていい!」というスローガンが書かれていて、参加者はほぼ全裸、もちろんスッポンポンの人もいて、動物園の敷地内にある350mほどのコースを駆け抜けている。何周走るかは個人の自由みたいだ。

全身をペイントし、お尻にはシッポをつけて本人たちはなりきっているが、コレ何の動物かわかるだろうか?

「まじめなハレンチ集団」
目的はトラを守ること

このイベント、見た目のまんまなのだけれど、至ってまじめな目的を掲げている。チャリティーラン「Streak for Tigers」は、2013年に始まり、年に一度のペースで開催されている。

絶滅が懸念されているトラ、そしてトラの生息地を守るための取り組みに使わるための資金集めが目的だ。今年は約200人が参加し、28,000ポンド(約395万円)が集まったらしい。

A595d2198263d8267691abad4b85a6fb5b3f082b

ゴールでもらえるアルミホイルで体を包む参加者たち。トラのぬいぐるみを手にしてニッコリ。

イベントの成果について、ディレクターのJames Wren氏はこのようにコメント。

「この5年間で『Streak for Tigers』には1,000人以上もの勇気ある人たちが参加してくれて、合計200,000ポンド(約2,800万円)集めることができました。このような珍しいイベントを開催できたり多くの人が思い切って裸になり絶滅危惧種の動物を守ろうとしていたりするのは、嬉しいことです」

大胆な発想でここまで注目を集めているのだから、きっとこれもイベントとしては成功と言えるのだろう。なぜ、脱ぐ必要があるかはさておき。

気が早いことに既に2018年の開催について呼びかけている。来年はどれくらいの規模の“群れ”になるかと思うと、今から少し楽しみだ。

Reference:WWF
Licensed material used with permission by The Zoological Society of London
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
2017年になってから、早くも1ヶ月が過ぎようとしています。年始に誓った目標に対して、まだ努力できていますか?すでに心が折れてしまった人は、もう一度奮起す...
カリフォルニア州の動物病院に勤務するEvan Antin医師。彼がとにかくイケメンなんです。大人のセクシーさには、病気だったはずの動物たちも思わずうっとり...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
高速道路で出産した人のドキュメンタリーを見たことがある人はいると思う。では「動物園で赤ちゃんを産んだ人」はどうだろう?先月、アメリカのネブラスカ州の動物園...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
人間関係でよく言われるのは、動物にも好かれる人にはいい人が多いということです。実際に自分の周りを見回しても、動物に好かれる人とそうでない人がいるものです。...
TVや雑誌で一般的な「星座占い」からは一歩離れ、新鮮味のあるネイティブアメリカンの「動物占い」に触れてみてはいかがでしょう?「Higher Perspec...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...