侵入禁止の「世界の闇島」を集めました。

ある夏の夜、ホラー映画を見ながら、世界中の怖い場所特集をしたいな〜なんて情報収集をしていると、「隔離された危険すぎる場所」を、たくさん見つけてしまいました。心霊的なものではないけれど、この世界の闇を感じてゾクッとします…。

今回はその中でも、足を踏み入れることを許されない、最恐レベルの島を紹介しようと思います。

侵入したら毒ヘビの餌食
【ケイマーダ・グランデ島】

まずは有名どころから。

ブラジルにあるこの島は、別名スネークアイランド。誰も住んでいないどころか、海軍の許可がなければ近づくことも許されていません。1平方メートルにつき1〜5匹という過密状態で、毒ヘビがいるんだそう。

@world_ukraine_がシェアした投稿 -

2枚目を見てもらえればわかるけれど、とにかく島中が毒ヘビだらけ。

@mybestplaceがシェアした投稿 -

Smithsonian.com」の情報によると、世界で最も危険なヘビの一種である、ゴールデン・ランスヘッド・バイバーの最大生息地。およそ2,000〜4,000匹も生息しているのだとか。想像しただけで、身の毛もよだつ量。

かつて漁師や、好奇心旺盛な人々がこの島に足を踏み入れたようだけど、ひとり残らず彼らの餌食になってしまったという都市伝説があるようです。実際のところどれほどの犠牲者が出たかは、カウントする人もいないため明らかになっていません。

先住民のヤリが飛んでくる
【北センチネル島】

インド領アンダマン諸島のひとつであるこの島には、現代文明から完全に隔離された、地球最後の民族とも呼ばれている「センチネル族」が住んでいます。「LoveBite Productions」が制作したビデオによると、アフリカ出身の最初の人間の直系子孫であり、6万年以上島に住んでいたと考えられているとか。

この島には、まだ未発見の新種生物が多く生存していると噂があるけれど、とにかく彼らが近づくことを許さず謎に包まれたまま。2006年には、実際に漁師が殺されるという事件が起きています。

Daily Mail」によると、どんな理由でたどり着いたか、友好的かどうかに関わらず、近づく人は全員敵としているよう。2004年の津波の後、警備隊のヘリコプターが食量を降ろそうとしたところにも矢を放ったのだとか。

これには政府もお手上げ状態。今は約5km以内に接近することは、違法とされています。

細菌兵器がつくられていた
【ヴォズロジデニヤ島】

アラル海に浮かぶこの島は、かつてソ連が大規模な細菌兵器の実験研究所をつくった場所。1930年代から研究が開始され、炭疽菌、ボツリヌス菌、ペストなど40種類以上の各種細菌がここでつくられ、動物実験していたそうです。

88bde2c6b281ac389ece7d93810ba0779115ce2841f934d10e63adc965f554400f16646ce772e4c7

ПM」によると、1970年代にサルで実験を行うと、住民へ瞬く間に広がり、島中が汚染されてしまったそう。

ヴォズロジデニヤ島については諸説あり、現在の正確な情報はわかりませんでした。けれど兵器計画を隠蔽するため地中に炭疽菌を埋めたせいで、この島は原子爆弾を抱えているような状態に。島内の生物はウイルスに感染しているという話があります。

世界で一番遠い島
【ブーベ島】

この島は、南アフリカの2,200キロメートル南に位置するノルウェー領。「Norwegian Polar Institute」によると、島の93%が氷河に覆われています。人に会える1番近い場所は、2,250キロ北西の南アフリカ。そのため世界で一番遠い島と呼ばれているのです。

探検家にとってもかなり過酷な場所とされていて、政府の許可がなければ上陸できません。

番外編
【生物を石化するナトロン湖】

地獄に血の池があるとしたら、こんな感じなのかも。北タンザニアにある「ナトロン湖」は、火山灰により自然に出来上がった強塩湖で、炭酸ナトリウムや塩化ナトリウムを多く含んでいます。その成分は、かつてエジプト人が死体をミイラ化させる為に使っていたものと、ほとんど同じなのだとか。

@gd31224がシェアした投稿 -

4、5年前に写真家Nick Brandtがこの湖を訪れた時、数々の石灰化した動物を見つけました。どうやって動物がこの状態に至るのか、過程は誰も見たことがないそう。


このほかにも調べてみると、今の人類にはどうしようもできない(もしくは見放されて放置されている)場所は、かなり多いということがわかりました。漫画に出てきそうな場所は、知らないだけで実在しているんですね。

近年では、世界中の風景をストリートビューで見られるようになりました。ストリートビューは、地図としてはもちろん、その場所に行かなくても旅行した気分を味わうこ...
世界には数々の離島が存在します。本島と離れているがゆえに情報が少なく、いまだに謎が多く残されている島も多いのです。そんな離島のミステリーを追求したのが、お...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼ...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
鹿児島県の小さな離島、上甑島(かみこしきじま)。さまざまなテレビの撮影地としても話題に上がることが多いこの島は、四方を海に囲まれていて漁業が盛ん。そして秋...
カラフルでハッピーなインスタ映えを意識する写真が増える中で、Mimmi Strinnholmは「闇」のある写真を公開し続けている。彼女の魔女をイメージさせ...
日本のみならず世界には沢山の離島が存在します。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、謎と神秘に満ち溢れた世界の離島について驚き...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
ハワイ語で「曲がった水」を意味するワイピオ渓谷。壁のようにそり立つ崖に周囲を囲まれた谷の奥の奥へと向かって、近頃、観光客が続々と分け入っていくそうです。地...
Facebookやインスタを見ると、いつも誰かが南の島で楽しんでいる。うらやましい。僕も行きたい。我慢は、できない。単調に過ぎていく日常からどうにか抜け出...
世界には、まだまだ未知の出来事や現象がたくさん残されています。とくに「離島」ともなると情報が遮断されている分、じつに興味深い逸話が聞けることがあります。お...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
スコットランドの海に、新しい主人を待つ11万㎡の島がある。ポツリと佇む真っ白な灯台が映える。そのふもとには、白で統一された小さな家。けれどこの島には、住ん...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
例えば、もしあなたが喧噪とした今の生活を離れて、島で暮らすとしたらどうだろう? そんな夢想をしたことがあるだろうか?「島」ということばを聞くと、無性に心が...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...