ウォーホルも手がけた「ペーパードレス」いま着たい!

「ペーパードレス」とは、文字通り紙製のドレスのこと。

1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティストが意匠を手がけたことで知られています。ゆえに、当時は美術館でも販売されていたのだとか。

家庭用紙製品メーカーScott Paper Companyが、ノベルティとして作ったことから始まった一大ブームを当時の画像とともに振り返ってみましょう。

レトロで“味”のある
ペーパードレス

7df01c79d8b7639b9a5993cee1a4ab3c2626f129

60年代以前にもペーパードレスは存在していましたが、一部の愛好家によってのみ生産されていたため、脚光を浴びることはありませんでした。

Scott Paper Companyが火をつけたこのブームは1966年の春に始まり、その年の終わりには50万枚ものドレスを生産。流行を受け次第に同社以外のメーカーも、ペーパードレス製造に着手するようになったそうです。

赤と白のペーズリー柄やモノクロのオプ・アート柄など、どこか懐かしくて可愛らしいデザインが多かったようですね。

70a49d6d70629e0c6d0c4bc085aaace75627f771

ペーパードレスの流行に乗って、ハートフォードの美術館Wadsworth Atheneumは、1967年に著名なアーティストにドレスのデザインをしてもらうという企画を実施。

ウォーホルによるキャンベルスープ柄のドレスも、ちょうどこのときに作られたもの。

D953966c8ef3f97e448e1598717c72ca6cd29eb8

また、アート作品としてだけではなく商業的、あるいは政治的な広告媒体としても活用されました。ケネディ大統領の弟であるロバート・ケネディをはじめ、 ジョージ・ロムニー、リチャード・ニクソン、ネルソン・ロックフェラー、ピエール・トルドーなど、1968年の党大会に向けて政治的キャンペーンに彼らの顔がデザインされたペーパードレスが作られます。

071692d2c4a52cf8a9106e97fa88e39951d94db550971f4578a786b9baf4e40803c267b5af3aeab6

素材に高級感を出し、高値で売り出されるドレスも誕生しました。

この金色のドレスは、航空機のファーストクラスのキャビンアテンダントの制服としてデザインされたそうです。

8c4292d7a85d46939ae873327cbbc0aef6bfafa2

使い捨てということもありコスパは抜群。けれど、その流行は長くは続きませんでした。理由はその使い勝手の悪さ。風で膨らんだり、座ったときに形が崩れたり、パーティで男性にわざと飲み物をかけられるようなことも多かったそうです。

常に破れることを心配したりと、あまり着心地の良いものではなく、次第にペーパードレスは姿を消していきました。

2eadc1ddc85058d80418cc08563adfb14ee1f9ca

1960年代のファッションを代表し、一時代を築き上げたペーパードレス。私たちには、むしろ斬新。ちょっと、着てみてもいいかもな。

Licensed material used with permission by Fashion History Museum
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
本物のお花を活用した作品を生み出す、マレーシア人アーティスト、LimzyことLim Zhi Weiさん。Instagramにはその多くが投稿されていますが...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
「まっしろ」にこだわるのもいいけれど、今こんなアレンジが流行っているみたい。ね、かわいいでしょう。しかも、どうしても地面に擦れることでついてしまう汚れを目...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
世界のあらゆる場所で、ドレスを風になびかせているのは、ロシアのブロガーNinelly。自らのフォトプロジェクト「My Dress Stories」を立ち上...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
色鮮やかで個性的なドレスを身につけてポーズを取る、Emily Seilhamerさん。彼女のお手製なんですが、素材はちょっと意外なもの。何だか分かりますか...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
エアギター、ビキニ、BBQなどアメリカには、風変わりなコンテストが数知れずあるけれど、その中でもコレは突き抜けている。だって、トイレットペーパーでつくられ...
噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
夏のジメジメした暑さはなんとも言えない心地悪さ。シャワーを浴びてもすぐまた汗をかいてしまいどうすればいいのか…。だったら視覚から涼んでみない?水を浴びせら...
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
世界最大規模のシークレット・ディナーパーティーをご存知ですか?参加者全員が真っ白な装いで、公共のど真ん中で楽しむフランス発の大人のパーティー。「ディネ・ア...
写真は、5歳のCianくん。スーパーヒーローや自動車が好きな普通の男の子です。でも、彼にはもうひとつ大好きなものが。ワンピースやスカートなどのいわゆる女性...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...