性犯罪被害にあった女性へ、連帯を呼びかけるハッシュタグ。

インドでは、女性に対する性犯罪が後を絶たず、大きな社会問題となっています。

ある女性が夜中に男性から追いかけられた事件に対して、インド人民党の地域副大統領Ramveer Bhatti氏は、このようなコメントを残しました。

「女性が夜中に外に出歩かなければ、このような被害は起きないのではないか」

発言に反発が集まり、SNSでは「#AintNoCinderella」というムーブメントが起こっています。

「わたしたちはシンデレラじゃない」

E34ff6c961d64473c1e88df821fa27a3e3ffe5e7

このムーブメントの火付け役となったVarnika Kunduさん。彼女も夜中に男性二人から車で追いかけられる被害に遭ったそう。幸い、暴力を振るわれることはなかったそうですが、執拗なストーキングに恐ろしい思いをしたことは変わりません。

この事件に対して、政治家であるRamveer Bhatti氏が、以下のように発言をしたことが、さらなる物議を呼ぶことに。

「12時以降に女性が外出していたことがそもそも問題なのでは?家庭を守る女性が、夜に出歩くのは良いこととは言えません」

確かに、自分の身は自分で守ることは大切なことかもしれません。けれど、犯罪に怯えて行動を制限されるというのはおかしい、とインドの女性たちはRamveer Bhatti氏に反論します。

「責められるべきは犯罪者であり、犯罪をなくしていくことに尽力するべきなのに、被害者にその責任を問うことはおかしい」

批評家たちもこうコメント。SNSではインドに住む女性たちが「#AintNoCinderella」というハッシュタグを使用し、自ら夜中に外出している画像を一緒に投稿して、インドの性犯罪を減らす対策を社会全体で取り組むよう訴えています。

インドで性犯罪がなくならないのは、女性の発言力が非常に低く、犯罪自体が隠蔽されてきた歴史が影響しているのではないかという見方もあります。SNSで、このように女性が自らの声で社会に警鐘を鳴らす状況が、これからのインド社会をよりよくしていく一歩になるのではないでしょうか。

インドに限らず、性犯罪はどの国でも解決されるべき問題。国に関わらず、女性が犯罪に怯えることなく外出できる社会になっていってほしいですね。

Licensed material used with permission by Palak Sharma
「101-North」発表の動画はウエディングケーキのつまみ食いに性犯罪を例えたもの。「こんなに美味しそうに置くのが悪い。誘ってる!」こんな理論、つまみ食...
イギリスNSPCC(英国児童虐待防止協会)が手がける性犯罪予防アニメは、とにかく明るい。日本でこの手のシリアスなテーマを扱うとしたら、間違いなくこうはなら...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
いま、フランスの女性たちが自分の脇やスネ毛など、体毛を剃っていない写真をTwitterに次々と投稿し、ちょっとした社会現象となっています。体毛未処理はあり...
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
「チャイルド・トラフィッキング」これは子どもの人身売買を意味する言葉。インドでは女の子を誘拐し、強制的に売春をさせているという事実があります。けれど、加害...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「アシッド・アタック」という言葉を知っていますか?直訳して「酸攻撃」とも呼ばれるこの行為は、硫酸などをかけて顔や身体に重いヤケドを負わせるというもの。DV...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
「娘が学校のアンケートにこんなことを書いているんだけど、叱るべきなのか、ごほうびにアイスを買ってあげるべきなのか分からない…」そんなお父さんのコメントに添...
これまで、イスラム系の女性たちがスポーツをしている姿は、あまり公にされてこなかった。保守的なイスラム圏では、女性は手や顔を隠さなければならない。社会的にも...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
「VISION GLASS」は、インドの老舗耐熱ガラスメーカー、BOROSIL社が製造するグラス。直火対応OKの耐熱性とミニマルなデザインがウリです。現在...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
もっとも人間に近い猿と言われるボノボ。パッと見てチンパンジーと見分けがつかないのですが、大きく異なるところがあるよう。彼らは繁殖目的だけではなく、食べ物の...
「服ヲ、買ッテクレテ、アリガトウゴザイマス」。実はこのタグ、スマホに置くと「しゃべる」んです。声の主はウミガメやサクラ、スクールバス。買ってくれたお礼を、...
今や誰でもいつでもどこからでも、世界と繋がれる時代。ほぼ全員がその場で写真を撮って世界中にシェアすることができるし、かつ当たり前に行われるご時世。そんな中...