「東海道五十三次」をアレンジしたら、静岡でミラクル連発。

53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。(前回の記事はこちら

東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも驚きの出来事があった。

11ab5c8227584a88a3f38ab0228b5662565784a0

静岡で働く友人と会うまで時間があったので、「クラフトビアステーション」というお店にひとりで入った。お店の方に「今こういう企画で旅をしていて」と話していたら、カウンターで飲んでいたお客さんが突然口を開いた。

「あ、クラフトビール飲みながら東海道五十三次歩いている方!?」 

「え、どうして知っているんですか!?」

実は、ぼくがこの旅をスタートした際、あるクラフトビールメディアが偶然ぼくのブログを見てくれたようで、「ユニークな企画だ」とFacebookで紹介してくれたのだ。

「あー! 五十三次さんだ!」

411f98c64220ec9dbe9f2b5a7bd9283755caac4b

この企画のために友人の春日井智奈さんが描いてくれたイラストもインパクトがあり、たくさんの方が投稿をシェアしてくれた。

この方は、その投稿を見たらしい。

「まさか、その本人に静岡で出会えるとは! 応援していますんで、ご馳走させてください!」

625a256850873bdee30efdd7427884317c911d36

なんと夕食をご馳走してくださった。さらに、静岡のクラフトビール好きのお仲間たちを招集してくださり、途端にお店が賑やかになった。そこで、クラフトビールまでご馳走になってしまった。反射炉ビヤ(伊豆の国市)の「太郎左衛門ペールエール」

B4d3e74a2e5021ffd089a8c251942feb74e8b302

話しているうち、静岡にはクラフトビールのお店がたくさんあると知った。ぼくは静岡に2泊したため、翌日もまた出会った方々がおすすめのお店に連れ回してくれた。

「BEER GARAGE」という静岡で一番有名なクラフトビールのお店へ入った途端、店員の方が叫んだ。

「あー!五十三次さんだ!」

お客さんが一斉にぼくのほうを見てきた。「あ~、彼がそうなのか」という声が小さく聞こえた。

「中村くん、あんたもう有名人だな(笑)」

地方都市におけるクラフトビールファンの世界は狭く、一夜にして噂が広まったらしい。まったく馴染みのなかった土地で、年齢関係なくたくさんの友人ができた。

A035311a329a860ff4b961b8030c1a57f5625011

ここではAOI BREWINGの「Zen-Infused OCHA ALE」(お茶エール!)など、静岡らしいクラフトビールも飲むことができた。ほのかにお茶の香りがした。

「またいつでも静岡に遊びに来いよ!」

静岡が好きな街になった。

今も残る
広重が描いた「丁子屋」

「中村さん!」

翌日、静岡市の市街地を抜けたところで、ぼくを呼び止める人がいた。見知らぬ方かと思いきや、見覚えのある顔。

静岡のテレビ局に勤める仲田くんだった。6年前、ぼくがダイヤモンド社で講演をしたとき、彼はそこで学生記者としてインターンをしていた。当時はまだ大学1年生だったけど、「将来記者になりたい」と言っていた彼の目はとても澄んでいて、尊敬する後輩のひとりになった。しかしもう何年も会っていなかった。

「車で走っていたら、橋を渡っている中村さんの姿が見えたので、先回りして待っていました。これ、差し入れです」

2daeb8c8ec990bf72e653dc629d549ac5aa1b402

立派に記者になった彼との、奇跡の再会だった。

「頑張ってください!」

8e3283eaed87617e552cac8bc6b9f1d89c041a76

歌川広重『東海道五拾三次之内 鞠子 名物茶店』 静岡市東海道広重美術館蔵

そこから2時間ほど歩くと、江戸から20番目の宿場、鞠子(丸子)宿に到着した。

この広重の絵に描かれている「丁子屋(ちょうじや)」は、今も鞠子に残っていて、外観・内装ともに風情たっぷり。

7e8a836935b66a59cae0e8be078f7dc684f22d11

名物の「とろろ汁」をいただける大きな部屋には、広重の『東海道五十三次』の全55点が飾られていた。

434982d1230984204cf73c8adeca4698e05ce19d88fb47de28ff79bfb854849691dcb3520958e25a

日本橋から京都三条まで、こうして一連で眺めるとやはり壮観。

通ってきた宿場と、これから通る宿場。自分の現在地点を把握し、絶対に京都まで行こうと気合いを入れ直した。

浜松で待ち受けていたのは…

旅の10日目は、掛川から浜松への28km。浜松で思い出すのは、2010年7月のこと。

当時ぼくは、大学4年生。翌月に控えるヨーロッパ自転車旅の実現のために、協賛集めに奔走していた。

ある日、大阪の自転車会社の社長さんから、「中村さんの夢を応援したい」と、ロードバイクを提供していただけることになった。

それで大阪まで夜行バスで向かい、自転車を受け取り、そのまま自転車に乗って大阪から横須賀まで、5日間かけて帰ってきた。

その途中、浜松に立ち寄った。理由は、当時ぼくのブログを読んで、その旅に協賛してくださった中島さんという方が浜松でカレー屋さんをやっていて、「良かったら店に寄ってください」とTwitterで声をかけてくださったからだ。そしたら中島さんが、おいしいカレーをご馳走してくださり、とても応援してくださった。

153e8d956f8f9ab8738fea2e75d861eab120b115

歩きながらそのときのことを思い出し、ふとお店に電話をかけてみた。7年も前のことだ。向こうも忘れているかもしれないが、直感には従うことにしている。

「もしもし、中島さんですか?」

「はい」

「あの、ぼく中村洋太と言いますが、昔、自転車旅の際にお世話になりました…」

「…あー!」

覚えていてくださった。

「え? 今度は歩いてるの? 今夜浜松に? どこ泊まるの? ネットカフェ? うち泊まっていきなよ」

人とのご縁とは素晴らしいものだ。しかも中島さん、数年前からクラフトビールの大ファンだという。そしてその日は週に一度の定休日でもあり、今日は空いているという。本当に偶然なのか…?

「いやー、嬉しいなあ。行きつけのクラフトビールの店があるから、一緒に行きましょう!」

1c518b5c607631f72ba6e5932d62216cdc530633

そして、本当に再会できた。クラフトビール専門店「ティルナノーグ」で飲んだ「ゴールデンティルナ」は、このお店でしか飲めないもの。開店1周年記念として沼津ベアードビールに特注したものだ。うまい!

50d929c386eb844830722be8fc28eeaf78aea706

中島さんに電話をしなければ、ぼくはこのお店に来ることもなかったかもしれない。どこかでひとりでビールを飲んで、いつも通り、ネットカフェに泊まっていたかもしれない。

しかし、ふと思い立って電話したことがきっかけで、様々なことがつながり…。昔話に花が咲き、本当に偶然なのだろうかと思うほど素晴らしい夜になった。

12日目。東西に長い静岡県を越えて、ついに愛知県に入った。疲労は溜まってきたが、奇跡はなおも続いた。

C9ab8be008af7f30841a40e7a2baecc4ad4c1224

(つづく)

Licensed material used with permission by 中村洋太, (Facebook), (Twitter), (Instagram)
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
53杯のクラフトビールを飲みながら、東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。愛知県に入ったのは、日本橋を出発してから12日目の...
『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。描...
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
「フリートラベラー」中村洋太が目にした-39℃の世界、アラスカ。厳冬に生きる人々と自然を独自の視点で記事にしました。
幼少期の影響が性格に出ることもありますよね。たとえば、幼いころからお姉ちゃんと一緒に育ってきた三女は、他人に可愛がられやすく、コミュニケーション能力に長け...
デヴィッド・ボウイの遺作『★(ブラック・スター)』は、とてもクリエイティブな作品だった。新世代のジャズ・ミュージシャンなどが参加したという事実からも、作品...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた「ほととぎす巻」。落花生、水飴、辛子粉をベース...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
最近、新しいスタイルの本屋さんが続々とオープンしています。ビールを飲みながら店内をぶらぶらできる下北沢の「本屋B&B」は、そんな先がけのひとつ。そ...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...