アメフト(NFL)が全米をアツくさせる3つの理由

2017年2月にニューイングランド・ペイトリオッツの大・大逆転で終えたNFL。明日、9月7日に新たなシーズンが開幕します。

日本でファンの多いスポーツといえば、野球とサッカーで間違いないはず。競技人口の多さも影響していることでしょう。かたやアメリカンフットボール、知名度こそ上がってきてはいるものの、まだメジャースポーツとまでは…。でも、でもです。ひとたび試合を観たら、間違いなくワクワクするはず。

数え切れないほどの見どころを、絞りに絞って紹介します。ポイントはこの3つ!

驚異の身体能力を誇る選手たちの
迫力のあるプレー

アメフトには、「ファーストダウン」や「ハドル」といった多くの専門用語があり、他のスポーツと比較してもルールが複雑。でも、いくつかのポイントにフォーカスして観戦すれば、初めて見たとしても興奮することでしょう。

例えば、相手のヘルメットが外れてしまうほどのタックルをする「力強さ」。一瞬でディフェンスを置き去りにする速さで駆け抜けていく「俊敏性」。相手にぶつかりながらもパスをジャンプしてキャッチする「バランス能力」。選手同士が激しくぶつかり合う「音」だって楽しみのうち。

では、なぜ人々を魅了する、身体能力の高いアスリートたちが揃っているんだと思います?

答えは、全スポーツ界のエリートが集まってくるから

現在、ミネソタ・バイキングスでルーキーながら活躍中のDalvin Cookは、大学3年生ながらもドラフトで選ばれた実力派。そんな彼は、高校では陸上選手でもあったそうです。また、ペイトリオッツのChris Hoganも大学ではラクロスをプレー。

つまり、NFLで活躍する選手はアメリカ全土からかき集められた、エリート中のエリートということ。

肉体は、グラディエーター
頭脳は、アインシュタイン

前述のように、NFL選手はスポーツ界のエリートたち。オールラウンダーではなく、「力が強い」や「足が早い」といった、1つの才能に秀でた能力の持ち主。ゆえに、ポジションごとに体格を比べると、みなバラバラというのも面白さのひとつ。

それがチームとして機能してしまうのは、綿密に計算された「戦術」ゆえ。しかも、これがとんでもなくたくさんあるんです。

オフェンスでは、ボールを持つ選手の走る道を確保するため、体を張って敵の侵入を防御、ときに相手を吹き飛ばすことも。ディフェンスでは、パスを叩き落とすのか、ボールを投げさせないためにタックルするのか、といった駆け引きが魅力。

ヘルメットやショルダーなどの「防具」をつけてプレーをするのは、肉体を極限まで駆使してプレーする激しさの表れ。パワーばかりが要求されるポジションもあれど、無数の作戦を瞬時に行動にうつすのに必要な知性も、必ず持ち合わせているのがアメフト選手。

それぞれ異なる体格、違う特徴を持った一流選手たちが「勝利」のために団結する。これが僕には他のスポーツに類を見ない最高のチームワークに思えてしまうのです。ひいき目に見ても。

「万年Bクラス」をつくらない
独自のシステム

NFLの魅力を伝えるうえで、ある特徴的な調査を紹介します。「We Are Fanatics」のリサーチによると、ジャクソンビル・ジャガーズのファンの65.71%は、自分の応援するチームが全米1位になるならば、職を失っても構わないと回答。またバイキングスのファンは、30.56%が1年間お風呂に入らなくても良い、と。

全てが本気でないしても、ここまでファンを狂わせる理由がこちら。NFLチームの戦力はなるべく均等になるようにコントロールされている、です。

例えば、ドラフトでは前シーズンの成績が悪かったチームから、有力選手がピックできるシステム。それゆえ歴代のスーパーボウル(NFLの優勝決定戦)に出場経験のないチームは、32チーム中たったの4つだけ。つまり、前シーズンの成績が悪くても、翌年に優勝する可能性だってなくはない!ということ。

スマホでも迫力を体感!

これまでは、BSやCSでしか試合を見ることができないという状況でしたが、昨シーズンはTwitterでストリーミング配信が行われました。また、生中継ではありませんがYouTubeでも、試合後に観戦できるって知ってました?

自分なりの観戦方法を見つけて、熱くなれ!

今日、他の連中が「したくない」ことを私はする。だから明日、彼らが「できない」ことを達成できるんだ。例えばこの言葉、ビジネス書や自己啓発本の見出しに登場した...
NFLの選手と聞けば、華やかなスーパースターを思い浮かべる。しかし「ボルチモア・レイブンズ」のガードとして活躍するジョン・アーシェル選手はどうやらそのイメ...
筋肉への伝達機能が徐々に失われ、数年のうちに歩行や会話、呼吸ができなくなる。それが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)だ。映画『ギフト 僕が君に残せるもの』は、...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
ポルトガル、ウェールズ、ドイツ、フランスとベスト4が出揃い、ますます目が離せなくなってきた「UEFA EURO 2016」。連日寝不足気味で出勤している、...
あなたにとって、理想のリーダー像とは?的確な指示をくれる人、チーム員に優しい人、叱るべきときに叱ってくれる人など、それぞれ求めるリーダー像は違うでしょう。...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
フットヒル高校のアメフト選手たちは、その日いつものようにチアリーダーたちの列の間を通って、グラウンドに入場。しかしいつもと違うのは、選手たちが1人1本ずつ...
今日、7月4日はアメリカの「独立記念日」です。昼間はBBQ、夜は花火を見るというのがトラディショナルなお祝いの仕方。全米のどこもだいたい一緒。でも、ここで...
EMSとは筋肉に電気刺激を与え、効率的に負荷を与えられるシステム。プロのアスリートも取り入れている方法です。が、さらに革命的な製品がコレ!ただの矯正用では...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
人形と一緒に写真に写る男性ーー。ちょっと不思議な光景ですが、これにはかわいい理由と、それに応える愛がありました。彼の名前はTrent McCainさん。カ...
カリフォルニア随一のパワースポットとして、世界中からヒッピーやナチュラリストたちが瞑想やトレッキングに訪れる聖山「マウントシャスタ」をご存知だろうか?その...
TVや雑誌で一般的な「星座占い」からは一歩離れ、新鮮味のあるネイティブアメリカンの「動物占い」に触れてみてはいかがでしょう?「Higher Perspec...
NetflixがInstagramで求人を募集していたようです。募集ページによると、ヨーロッパ、中東を旅する専属フォトグラファー「Grammasters」...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...