マイケルの「スリラー」がインドで突然変異した結果…

音楽史に燦然と輝くスタンダード・ナンバー、その知られざるリメイクやカバー・バージョンをディグりまくる連載企画「disCOVER!」

今回ピックアップしたのは、“キング・オブ・ポップ”ことマイケル・ジャクソンの金字塔的ナンバー「スリラー(Thriller)」です。

そのミュージック・ビデオは既成概念を打ち破る約14分にも及ぶストーリー、1億円以上ともいわれる巨額の制作費、精巧かつ生々しい特殊メイク……と、すべてが規格外で、1983年に発表されるや一大センセーションを巻き起こしたのはご存知のとおり。今見てもまったく色褪せない、どころか、そのインパクトは未だ鮮烈ですね。

独自の進化をとげた
インド版「スリラー」

この「スリラー」の世界観を独自に進化(?)させたインド・バージョンを発掘。これが、いろんな意味でなかなかにスパイシーで…。ともかくは実際の動画をご覧ください!

進化したかどうかはさておき(テンポはちょっと早くなってるけど)、もうツッコミどころ満載だし、何度となく吹き出してしまいました…。

調べてみると、これは1985年に発表されたインドのアクション映画のワンシーンで、キレのいいダンスを披露しているヒゲのおじさんは、インドでは“メガスター”と呼ばれるかなり著名な映画俳優なのだそう。

この他にも「ムーンウォーカー」などいろいろとリメイク、独自のダンスを披露されているので、もっと知りたい!という奇特な方は彼のお名前「Chiranjeevi(チランジーヴィ)」で検索してみてください。

ちなみに本家「スリラー」は最新技術を駆使した“3Dバージョン”が制作中とのこと。こちらも要チェック!

音楽に全く興味がない人でも、その名前くらいは耳にしたことがあるでしょう。マイケル・ジャクソン。そう、“キング・オブ・ポップ”として「スリラー」「バッド」と...
マイクを持ってベッドに座っている女性。ですが、この人ただ者ではありません。動画開始後すぐにその凄さに気づくはず。声だけで楽曲を完璧に再現していきます…。彼...
動画の男性が演奏しているのは、たった1本のアコースティックギター。しかし、見事にマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」をリズムからメロディまで完全...
官能的で、エロティックで、そして何よりロマンチック――。そんなキスシーンが印象的なミュージックビデオをセレクトしてみました。夏は終わってしまったけれど、こ...
激しくも心がジーンと温まるすばらしい出来栄えとなった、奈良の3人組バンド・LOSTAGE(ロストエイジ)の最新作『In Dreams』。早くも名盤との呼び...
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
人類史上最も成功したエンターテイナーと称された、マイケル・ジャクソンの写真や資料を集めた書籍は、これまでにも世界各国で、数多く出版されてきました。1992...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
これは、スマホ依存・無関心などを描いた風刺アニメ。ミュージックビデオとして作られたもので、内容はどれも身近なことばかり。わかってはいるけれど、何が起こるの...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
ビースティ・ボーイズを代表する1曲といえば、『サボタージュ(Sabotage)』。今でもジャンルを超えて、様々なアーティストやバンドにカバーされているほど...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
アメリカ人女性のDeliberate Wanderer氏(blog,http://deliberatewanderer.com/)は、旅行先のインドで、カ...
Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌て...
その実績は言わずもがな。NBAへの貢献が認められ、背番号「23」が永久欠番になっているほどです。極度の負けず嫌いで、競争心の塊とも言われた強烈なキャラクタ...
画質の荒さから推測するに、決して昨日今日に撮影されたものではないだろう。一見すると、移動式の床屋のようにも思える。が、その実態はトンデモなかった!「さあ、...
インドのNGO団体が制作した映像が話題になっています。ここで紹介されているのは、ムンバイで生きる野犬にカメラをつけることで彼らが日々どんな生活を送っている...
パン生地をコネて!投げて!コネて!ひたすら投げ続けるインド人がヤバい!受け取る方がドジを踏んでも成立しなくなるチームプレイにも驚きだが、なによりその場にい...
インド北部の町ルディヤーナーに行くことがあれば、たとえあなたが大の肉好きだろうと、ぜひ座席数72シートのベジタリアンレストラン「HAWAI ADDA」に、...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...