難民キャンプの若者たちが、「生の声」を雑誌に。

日本で何不自由なく暮らしている私たちにとっては、「難民」というワードがいまいちピンときにくい。でも、ギリシャの難民キャンプに住む若者たちが制作した雑誌を読んだら、彼らのことが少し身近に感じられるかもしれない。

自分たちの「声」を
届けるために

5c70b01f534fffa9aecf8d00440afc4b76303be7

8月12日の国際青少年デーにあわせてインターネットで公開が開始された『Ritsona Kingdom Journal』は、10代後半から20代中盤の難民の若者たちが自分たちで企画し、NGO団体と協力して作り上げたもの。自らの声や経験をクリエイティブな方法で世界に届けたいと願い、思いついたのが「雑誌」という形だったようだ。

内容は日々の様子から絵や写真まで多岐に渡る。今回、記念すべき第1号と第2号が同時に公開され、ホームページで読むことができるようになっている。

許可を得たので、一部紹介したい。

97c01421c9385cb0af52184f6ea1c91402d8bbb4

【第1号】
趣味やアート

5a954137b91def17f4c22ca18778409a0a1a3042E4298e21deaad2b5b4ee7aa4e9aa77481155e9ba657328ac08a9c1beefb1fa620661e4fc758b0f92

戦争や生死と絡んでいるような絵が数枚。きっといつも胸に隠している思いを描きだしたんだろう。

左上はヨーロッパへ逃れてきたことで家族と生き別れになってしまった少女が母親へ書いた手紙。「国を離れてしまってごめんなさい。また会えるのを楽しみにしています。いつもお母さんのことを考えているわ」と綴られている。

F252f3d4887e08779f7c080f678c91cdc1cb5a94

難民キャンプで生活していてもオシャレはしたい女の子たちは、毛糸やビーズ、プラスチックを使ってアクセサリーをつくるみたい。

【第2号】
キャンプでの日常

D7e0afc6e966dfc2803e9dded2fd7f53d9591c49

「シリアでの戦争を止めよう。強い国が“シリアの血”を飲んでいる」という訴えが書かれた表紙。

5efd4dad305f2b579b9366c3e9ee3f63d7ad9d677a5df18031760e8f96abfa3e8197891f71161f47

難民キャンプから見る空はまるで色鉛筆で描いたかのような優しいグラデーション。「祖国での問題を考えずに夕日を楽しんでいる」というメッセージがここに。

9f85a40ed45ce3e1d8d317c627655600c1a82315

野菜を買うことができない人は、自分たちで育てているらしい。

0e893e96545b87fa0395ec11253af79ff5ab45e3

 

ここに載せていないページは、まだまだたくさんある。気になる人はチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Lighthouse Relief
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
初めに言っておくと、ライターShantanu Prasher氏が書いたこの記事は、少し極端な内容かもしれません。というのも、20代では「真剣な恋愛」などす...
10代から20代へ。未成年から成年へ。子供から大人へ。変わるのは年齢だけで、実際感覚的には何も変わらないはず。しかし、世間一般では自立することが求められて...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
多感で怖いもの知らずな10代で経験する恋愛、もちろん勢いもあってウキウキするでしょう。でも、その場の楽しさだけでは、上手くいかない結果が待っていることも。...
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
若くてエネルギッシュな20代。勢いにまかせて、ときには理性を失った決断をして取り返しのつかない失敗をすることも…。もちろん「失敗を糧にする」ことは大事です...
最初はだれでも恋愛初心者。付き合い方も相手の選び方もよくわからず「感覚で付き合っていた」なんて人も多いのでは?そんな行き当たりばったりの恋愛も、大人になっ...
社会に飛び出して、自信をつけた人もいるでしょう。逆に、周りから差をつけられて焦っている人もいるでしょう。30代に向けてのステップアップでもある20代…。「...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...