「クロスフィット」は、飽きっぽい人でも続けられる。

この記事を読む人の多くが「クロスフィットってなんだ?」だと思います。ひと言で表現するなら、主に日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニング。毎日メニューが変わるのですが、例えば、階段を上り下りしたり、何かを持ち上げたりする動作といったところ。

ほとんどのボックス(クロスフィットの「ジム」はこう呼ぶ)には、筋トレマシンがありません。なぜなら、身体機能の向上と健康状態の改善が目的だから。そのため、女性からの人気も高いんですよね。

そんなクロスフィットを始めると得られる7つメリットを、米スポーツライターChelena Goldmanさんがまとめています。

01.
限界がきてからの
「あともう1回」が日常でも

3812a7b6e6c7563b690f0dc310869b6f9929ce68

クロスフィットのメニューでは、持っている力を最大限に使って、重いものを持ち上げることもあります。これは精神的に辛いもので、諦めたくもなります。だけど、どんな状況でも「あともう1回」と踏ん張れるようになります。

「Bodybuilding.com」は、あえて難しいことに挑戦することが折れない心をつくるとアドバイスしています。これは仕事などの日常生活でも役立ちますよね。

02.
カロリーを消費しながらも
筋肉をつけられる

もし痩せたいなら、クロスフィットを体験すると驚くはず。思いっきり力を入れてやるワークアウトなので、たくさんのカロリーを消費します。と同時に、多少の筋肉がつきます。体重は増えるかもしれません。

でも、あなたの体が筋肉質に変化し始めたということなので、イイことではないでしょうか。もちろん、食生活にも気を使うべきですけど。

03.
食生活を改善する
カウンセリングも受けられる

E2cee3094104ecc90c3953497bf15e5a2f530341

食生活を意識をし始めたら、あなたの体もきっと変わるはず。「Livestrong.com」によると、何を食べたら良くて悪いのかというカウンセリングのようなものを、アメリカでは、多くのボックスでおこなっているそうです。

食べるものを変えて、結果が現れ始めたら、よりストイックに制限してみたくなるでしょう。

04.
日常動作で実感する「恩恵」

他のワークアウトと違って、クロスフィットはここでのメリット以外にも日常生活に役立ちます(これ重要!)。だから、トレーニーたちのほとんどがハマっているのです。

そのうち、インターネットで調べることも、SNSで流れてくる情報もクロスフィットに関わるものになるかもしれません。

05.
自分の力を効率的に使えるように

485397166527b63d464a6969ece2df0cea3e2799

トレーニングメニューが豊富なうえ、一度にたくさんの種類をやるから、必然と自分が何回やったのかを数える機会が増えるはず。

「The Huffington Post」の情報では、ワークアウトをしている途中に数えることは、限界がきてからの数回をやりやすくしてくれるそうです。

06.
ランやサイクリングより
肺機能が向上する

強度が高いワークアウトと健康的な食事がそろえば、あなたの耐久力は劇的に変わっているはず。ランニングやサイクリングよりも、クロスフィットの方が肺機能を高めてくれると「Men’s Fitness」は説明します。

07.
心臓機能にも効果アリ

35c44762f73d8e173393b209a004faf37aab0e93

クロスフィットを続ける中で効果が分かりやすいのは体力です。「The Huffington Post」によると、前日からの筋肉痛が残っていても、徐々に体力が向上することで、エネルギーの消耗量も少なくて済む、と予想しています。日々の運動によって改善された心臓機能が影響しているのかもしれません。

Licensed material used with permission by Chelena Goldman, The Cheat Sheet
毎日忙しくて、時間がなかなか取れない方でも、ちょっとしたコツを知っていれば、腹筋を割ることも難しくはありません。自宅で無理なく続けられる筋トレ方法や食事管...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
ほぼ毎日と言っていいほど、ジムに通っている僕。「今日は胸の日」「明日は背中の日」といった具合に、その日ごとに鍛えるパーツを決めて重点的に筋トレをおこなって...
筋トレを日課にしている人、旅行に出かけたらいつものトレーニングメニューができなくてむずむずすることはありませんか?「Flexr」は、折りたたみ式の懸垂マシ...
みなさん、「筋肉という財産」を増やすと、どんな素晴らしい変化が起こるかご存じですか?健康的になるのはもちろん、若さや美しさ…時をさかのぼるように調子を取り...
筋肉をビルドアップするとき、その重さや回数はあまり重要ではないかもしれませんーー。「QUARTZ」の記事にそうまとめたのは、ヘルス&サイエンスレポ...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
ここで紹介する筋トレは4種類。左右交互にやって、合間に10秒の休憩時間を入れても約5分で終わります。隙間時間でもできるワークアウトで、ぷりケツを目指せ!
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
常日頃から筋トレをしている人って、歳を重ねても若々しいイメージがありますよね。ここでは、久野譜也さんの著書『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老...
筋肉は、体全体の健康に大きく関わってきます。「若いうちから筋肉を落とさないことが大切」「いま運動しておくことが未来の健康につながるんですよ」と、全国各地の...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
ダイエットの第一歩は毎日体重計に乗ることですが、体重だけでは効果が出ているのかどうか、いまひとつピンときません。そんなときにこの「SHAPESCALE」が...