職業、「ハグ師」。

これ、冗談でなくプロとして、ちゃんとお金をもらっている人たちがいる現実のハナシ。

ロサンゼルスの「Cuddle Sanctuary」は、ストレスの多い現代社会に癒しとつながりをもたらすサービスとしてハグイベントを実施。そこで、トレーニングや研修を受けたプロのハグ師らによる“ハグセッション”が、高い人気をよび、参加者同士の新たなコミュニティをつくる、ひとつのキッカケになっているというのです。

人の温かさとつながりを求めて

B102ba454f8f146612575a81bac3e8553a83abae

Cuddle Sanctuaryの創始者であるSamantha Hessさんは、20代の頃交通事故に遭い、腰に慢性的な痛みを持つようになりました。治療を受けるうち、人の手で触れられることによって痛みが軽減することに驚きを覚えます。

複雑な家庭環境で育ち、最初の結婚も上手くいかなかったSamanthaさんでしたが、人と人の物理的なコミュニケーションによって、心も体も癒やされるということを知りました。そうして2013年、彼女は「ハグ師」としての活動をはじめます。

231bc66cc0d9c612cf7e70c44f26535c3b6a2b94

Samanthaさんはこの活動を通じ、人と人の触れ合いがどれほど大きな力を持つか認識しました。

例えば、幼い頃虐待を受けていた人や、病気や障害によって身体に麻痺を抱える人、心や体に障害を持つ人と触れ合うことで、人がどのように受け入れられたいと感じているかを知り、自分自身も相手に受け入れられていることに気づいたといいます。

それは、物理的なハグというコミュニケーションによって得られる大きな効果でした。

「抱きしめる」がつなぐ
あたたかいコミュニティ

1f7292349b6ab9b02ffe5a83bbec73a6c372837c

Samanthaさんはハグ師としての活動をさらに発展させ、広めることを目的にCuddle Sanctuaryを設立。ビジネスとしてハグを行い、さらにプロのハグ師を育成していくことに決めた彼女の思いを伺ってみました。

私は今でこそ毎日笑って過ごしていますが、昔はそうではありませんでした。何年もの間孤独に苛まれ、ナーバスな気持ちになることもたくさん。恋人がいれば満たされるだろうと思ったこともありましたが、本当に欲しかったのは性的なつながりではありませんでした。

私はノンセクシャルな触れ合いを必要としていたのです。抱き合って寒さを凌ぐ人たちを見て自分が本当にしたかったことに気付き、ロサンゼルスでハグ師としての活動を始めました。

はじめこそ自分のためだけの活動でしたが、そのうちハグが持つ力と効果を確信するようになりCuddle Sanctuaryを設立しました。

活動は、孤独に苛まれる人々に新たなコミュニティを提供すること。触れ合いによってつながりが実感できる癒しの効果を発揮しています。長年実現したかったことが、今ようやく実りの時を迎えようとしています。

A26283917b0fe90c9cd223f1e84c5c093feb1cb665aa7d38624b73bd33be2fb9c290a4655026ce3a

Cuddle Sanctuaryは3日間の認定イベントやトレーニングによってプロのハグ師やコミュニティリーダーを育て、その規模を徐々に拡大している最中。自分のペースでイベント参加もでき、初心者も大歓迎とのこと。

個人のハグセッションでは、プロによるガイドとあたたかなコミュニケーションでクライアントの緊張を解き、初めてでも安心してハグを体験することが可能です。

人同士のつながりが薄く、目まぐるしく変化していく社会に置いて行かれるような焦りや孤独感を感じる現代人にとって、誰かと触れ合い、コミュニケーションを取れる場は貴重な存在、人気を呼ぶのもわかるような気がします。

D2ed1856aaf29e3153a32060ac6adc1531ee6156

Cuddle Sanctuaryの活動は、誰かと顔を合わせて、触れ合うということの大切さを改めて私たちに教えてくれます。毎日の生活に疲れたら、大切な人を抱きしめたり、抱きしめてもらったり。それは疲れた心と体にとって一番の薬になるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Cuddle Sanctuary
カップルの抱き合う姿勢を見れば、それぞれの親密度や関係性が分かると「Littel Things」は紹介します。というのもハグの行為自体、普段の行動の中で一...
「うちの子に限ってそんなことはない!」。そう思いたい方の気持ちも分かりますが、驚きの調査結果を「Psychology Today」に発表したのは、動物心理...
肌と肌が触れ合うスキンシップは、人をリラックスさせる効果があり「ハグした相手のことをより信頼しやすくなる」という研究結果があると言います。それを確かめるべ...
道行く人々に、ひたすらハグ!NYのゴールデンレトリバー、Loubieちゃんが可愛いと話題です。街にこんな子がいたら、ストレスなんて一瞬で吹き飛んじゃうかも...
出張だったり、引っ越しだったり、家族や恋人と離れて過ごす時間は寂しく思う。そんな時は、お互いにメールや電話で「愛」を伝える努力はするけれど、言葉以外に相手...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
好きな子が遠くの町に引っ越してしまう。子どもの時に経験するお別れの中でも、甘酸っぱくていつまでも覚えている記憶です。お父さんの仕事の都合でカリフォルニアへ...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
コミュニケーションにおける、勘違いポイントのひとつがボディタッチ。さり気なくサラッと決められてしまうと、嫌とも思わないのに、ぎこちなさが体温を通して伝わっ...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
いつも誰にでもニコニコしていて「愛想の良い人」は、一見すごく人付き合いがうまそうに見えます。でも、その笑顔のウラには「人に嫌われたくない」という恐怖や不安...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...