0181:踏み心地がいい「コルクのバスマット」。

環境意識改革をコンセプトに掲げる〈GREEN MOTION〉から発売している、天然のコルクを使用したバスマット。

乾きが早く、天然の抗菌成分のため、濡れた後は立てかけておくだけでOK。布製のように頻繁に洗濯する必要はナシ。常にサラサラの状態を保つことができます。

表面には波状の凹凸があって、コルクのクッション性と合わせて、踏み心地も気持ちいい。ちょっとしたマッサージ効果も期待できそう。

こういった環境に配慮したブランドやアイテムって「コルクは樹皮の成長時期にCO2をたくさん吸収する」とか、「木を傷めずに再生できるので、環境に配慮した素材」といった意識の部分で紹介されることも多いのですが、これはちゃんと機能面で優れているところがいいですね。

いくら環境によくても使い勝手が悪いと意味がないわけで、このバスマットは“足が気持ちいい! ついでに環境にもいい”という感じ。価格もSサイズで2,800円、Lサイズ3,800円(ともに税抜き)と決して高価じゃない。

公式オンラインショップで購入可能です。

Db6e5a00760de21b9bae4e38b30271bc3399d98fB7051b644d4d97bfe6cfb0177af276d25f623a51B8b3080d90f8d0101c5e78d3a93b39a048eb2fd5

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

リアルに使えるもの、使っているもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

身近な乗り物の一つに、バスもあげられます。通勤などでバスを利用している人にとって、夢の中にバスが出てくるのは、それほど違和感はないでしょう。日常が夢に入り...
一度価値を失った何かに、新たな命を吹き込み蘇らせる──。一見するとゴミとしか思えないモノを、回収・再生して作るプロダクトが増えてきた。ここで紹介する取り組...
そんなバカな!と思うかもしれません。が、本当なんです。この製品は、これまでの風呂の概念を覆すポータブルバスタブ「XTEND」。ドイツ人デザイナー、Cari...
1日1店舗。これは、日本で閉店している書店の数です。本屋さんがない街、というのも珍しいものではなくなってきました。そこで登場したのが、この移動式の本屋さん...
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
いま、NYで最も注目を集める観光バス「THE RIDE」を知っていますか?“動くミニシアター”とも形容される、この街ならではのエンターテインメントが、乗客...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
2015年11月24日(火)に、ある夜行バスを利用した@tmcwkさん。どうやら、この日担当してくれた運転手はどこか様子が違ったそうで、そのアナウンス内容...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
寝ても寝ても寝足りない。睡眠時間は十分取っているはずなのに、なんだか体がダルくてすぐ眠くなる…。ひょっとしたらそれ、「いびき」が原因かもしれません。そんな...
ワーゲンバス。正式には「フォルクスワーゲン タイプ2」と呼ばれる車で、ワーゲンが作ったバンor ワゴンのこと。キャンパー仕様やデリバリー仕様、トラック仕様...
真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
2015年12月18日、世界同時公開からわずか1週間足らずで、5,000万ドル(約60億円)を突破した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。10年ぶりの新...
ScottとEmilyのManning夫婦は、大の旅好き。ふたりは大学を卒業してから新居を探していたのですが、ちょうどいい家がなかなか見つかりませんでした...
シカゴ市内を走る1台の市営バス。外は厚めのコートにマフラーが必要な寒さ。それなのに車内の乗客たちは、なぜかみんな半分お尻がはみ出たローライズ姿。なんか、ち...
赤ちゃんをお風呂に入れるのは、ママやパパにとっても意外と大変なお仕事。大人用のバスタブじゃ大きすぎるし、かといって専用のベビーバスはプラスチックが硬くて痛...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...