彼女が仕事にしたのは、音楽とかき氷…!?

ダブルワーク、要するに副業・兼業が珍しくない世の中になったとはいえ、“ミュージシャン×かき氷屋さん”という掛け合わせは、日本広しといえどこの方くらいなのでは?「ねこね、こねこね。」という一風変わった名前のバンドでボーカル&ギターをつとめ、かき氷屋さんの店長でもある、むらまつえりかさん。どこかノスタルジックでPOPなサウンドと歌声で異彩を放つむらまつさんが、かき氷に見る“夢”とは…?

ロックバンド「ねこね、こねこね。」のボーカル&ギター、そしてかき氷店「瀬戸内ひだまりかき氷」店長。ねこね、こねこね。は、7月にリリースしたシングル「ことばの海」が好評発売中。「瀬戸内ひだまりかき氷」では瀬戸内の素材を使った、パティシエ手作りの天然蜜たっぷりのかき氷が味わえます。

春夏秋冬、かきごおらー

 ――すてきなお店ですね!昔からかき氷が好きだったんですか?

むらまつえりか:もともと、かき氷はすごい好きで。春から夏の間はよく食べてましたね。

ある日、“かきごおらー”っていう、“マヨラー”みたいな感じでかき氷を年中食べ歩いている人がいて、その人と出会っておすすめのお店に行ったら冬でもかき氷が食べられることを知って。そこから完全にドはまりして、年中食べるようになりました。

それで、かき氷を食べ歩いているうちに偶然いい出会いがあって、かき氷屋さんの店長をやることになって。他に従業員がいないので、店長といっても私ひとりなんですけど(笑)。

43791bf3d0e74df6b4f45b953c3341205fc176d3B1d96936f8310bd8cd8bc0cc18c069e1c99ebdd9

かき氷には“夢”がある?

 ――かき氷はやっぱり毎日食べてますか?

むらまつ:ここの“賄い氷”は毎日ですね。あと、水曜日が定休日なので、休みの時は外に食べに行きます。

 ――かき氷の何にそこまで惹きつけられるのでしょう?

むらまつ:見た目、ビジュアルですね(笑)。とんがってるやつより、まるいのが好きです。おもしろいんですよね、かき氷って。お店によって全然味が違うし、氷でも変わるし、機械でも全然変わるので、とても奥深いし、夢があって。

 ――夢、ですか?

むらまつ:夢もありますよ!だって、食べると幸せになるじゃないですか?私が好きだからかもしれないですけど(笑)。

 

296d454142bfcb800693c4bb216109f343e2835d

 

 ーーむらまつさんのかき氷、こだわりポイントを挙げるとすると?

むらまつ:いちばんのこだわりポイントは、“まるく盛ること”ですかね。ビジュアルがやっぱり大事(笑)。

 ーーはははは。やっぱりフォルムが重要なんですね。その意味では、かき氷もひとつのアートフォームと言えるというか。実際にお店をやってみて、どうですか?

むらまつ:最初は不安もあったし緊張もしました。でも、みんなかき氷を食べたくて来てくれているので、お客さんの食べている幸せそうな顔を見るとこっちも幸せな気持ちになりますね。

だから、お客さんのために氷をいかにおいしく、シロップを活かして作れるかをずっと考えてます。氷の状態も重要で、冷蔵庫から出してから30分経ってから削るとおいしいとか。気候や気温によっても変わりますし、日々研究ですね。

冬にかき氷屋さんに行く理由

 ――これからお店をこんな風にしていきたいとか、夢はありますか?

むらまつ:今年から通年営業になるので、一年中愛されるお店になったらいいなと思ってます。やっぱり秋冬って全然お客さんが来ないんですよね。でも人気のお店は秋冬もやってて、秋冬だけグラタンを出したりとか、それがすごくクオリティが高くておいしいんです。

ここで使ってるフルーツが全部香川県のものなので、うちでは香川の名物で“あん餅雑煮”っていう、お雑煮を出す予定です。

 ーーかき氷屋さんのお雑煮。

むらまつ:はい。お餅の中にあんこが入ってて、白味噌のお雑煮なんです。もちろんかき氷もたのしんでもらって、秋冬もおいしいんだって思ってもらえたらいいですね。逆に冬の方が湿気がないので氷が美味しかったりするんですよ。当たり前ですけどかき氷は夏だけのものっていうイメージがあるので、そこを変えたいですね。

2cca032276c8f73b561957afa4c0aba92fb2bda6865a488d29c630ce5b1c28f48ccf59f103ba7396

 ――ミュージシャンとかき氷屋さん、この2つが影響しあっていることはありますか?

むらまつ:お店に来てくれたお客さんが、ねこね、こねこね。を知ってライブに来てくれたり、音楽を聴いてくれたりとかしてくれて。

あと、ねこね、こねこね。を聴いてくれてるお客さんがお店に来て、「かき氷って、こんなにおいしいんだ!」っていうのでハマって全国食べ歩いちゃったりとか(笑)。

音楽もかき氷も、お互いにもっと広がっていったら良いですね。

E5852c352628082ea68db8b55874c83a3dcf5c5f

ねこね、こねこね。のホームページはこちら。瀬戸内ひだまりかき氷についてはこちらをご覧ください。

次回からは、むらまつさんおすすめの“オール・タイム・フェイバリット”をご紹介します!

かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。かき氷の大いなる可能性(?)を語...
日本の夏の風物詩に、かき氷を欠くことはできません。でも氷で涼を得るのは、東南アジア全般でもあります。たとえばインドネシア、「エス・ブア」というフルーツたっ...
「かき氷」と言われて連想するのは、シャリッと音を立ててストローが刺さる氷の山。そこにピンク、ブルー、イエローといった、蛍光色の鮮やかなシロップがかかった夏...
かき氷屋さん「瀬戸内ひだまりかき氷」の店長(鷺沼店)にして、話題のロックバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえり...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
「みぞれ山崎」は、サントリーシングルモルトウイスキー山崎を使用したかき氷。添えられたレモンの酸味と優しい甘みの自家製シロップが、個性的な深みのある「山崎」...
「暑いときこそ、熱いものとか辛いものを食べればいい」って言われても、正直そう簡単に覚悟できるものではないですよね。汗をかくことでスッキリするのは分かってい...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。ずっと大切にしている“オール・タ...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
「たくさんの人がうどん食べに来てくれるけど、夜はみんな他の県に行ってしまう。夜も香川でおもてなししたい!」 そんな香川県の思いを叶えるべく、特産品である希...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
4人の女性シンガーで構成されたボーカルグループ、Women of the World。リーダーとして活躍する植田あゆみさんは、生粋の日本人だ。Women ...
スピーカーの前でずっと踊っていた。振動が全身に伝わる感覚が好きだ。これは、そんな人にうってつけのアイテム。“腕に巻くサブウーファー”だ。振動が体に響くだけ...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
2016年4月東京・中目黒にオープンして以来、美容・健康意識の高い女性たちだけでなく、買い物や街ブラでこの地を訪れる人たちまでもが、「見た瞬間に一目惚れす...