「軽い機材」にこだわる、ネイチャーフォトグラファー

登山家よりも、重い機材を運びながら仕事をするカメラマンのほうが過酷なのではないか…そんな話を1度や2度は聞いたことがあるはず。

プロの使う機材は、一眼レフでも重量のあるプロ向け、レンズも明るさを確保するために大きくなってしまうのが常だった。

しかし、この常識は崩れつつある。

「三脚は使わない」

8978f10f94d8704773708b88752e79325a215882

そう教えてくれたのは、新進気鋭のネイチャーフォトグラファー、柏倉陽介氏。

「昔は、暗い場所でシャッタースピードを遅くする必要があって、自然を撮るときに三脚は必須でした。今はカメラの進化によって、暗くてもあまりシャッタースピードを遅くしなくてもいい上に、手ぶれ補正が強力になっています」

今でも、写真を撮るために意気込んで、常に三脚を立てて撮影に臨む人が多く見られるが、写真家やカメラマンの動く姿を見てみれば、きっと三脚を手にしていないことに気づくだろう。ネイチャーフォトに限らず、三脚を立てる手間と時間をフットワークに使うことで、作品のクオリティやバラエティが上がることは多い。

もちろん、星空を撮影するときなど、三脚を使わなければいけない写真もある。

「今でも三脚は持ち歩きますが、昔のように巨大なものは不要になりましたね」

E499d829ce366065cae14db609ea71891748bbfe

ミラーレスの進化は
とどまるところを知らない

三脚が小型化した背景には、そもそもカメラ自体の進化がある。

「使用しているのは、4,240万画素の35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラです。従来のハイエンドクラスの一眼レフに比べると重さは半分ですね。カメラが小さくなったので、三脚もコンパクト&軽量になりました」

と柏倉氏。

ミラーレス一眼は、どうしてもファインダーで被写体そのものを見ることができず、液晶画面を通して被写体を見ることになる。ピントがわかりづらいことや、液晶画面に映るタイムラグがあることなど多くの懸念があり、これまではプロ用としては程遠い機材だった。しかし、この数年で飛躍的に解決された。

今では、これまで不可能と言われてきたプロの使用に耐えうるスポーツ向けミラーレスが存在するほどだ。

A63085862a6f4ed35b818e545001000e5ea59d0a

機材がコンパクトなら、活動範囲がぐっと拡がるのだ。

少し操作が難しくなる程度で、カメラはいい機材を使うに越したことはない…というのが定説だが、機材のコンパクト化によって、その考え方すら変わりつつある。

「今までは30〜35kgくらいの荷物を背負っていました。望遠ズーム、マクロ、標準ズーム、単焦点、でかい三脚、テント、マット、ガスバーナー。今は、カメラ機材がコンパクトになりテントも軽くなったので、食糧のスペースを確保できるようになりました。パッキングの大きさも小さくなって80Lが40Lになりましたね」

 

これらのインタビューは、ドキュメンタリーTVの「ナショナル ジオグラフィック」が“ドキュメンタリーを体験する”をコンセプトに主催する「ナショジオ ツアー」の第1弾「ネイチャーフォトグラファー柏倉陽介と行く『西表島写真の旅』with ソニーα」に同行し際、実施したもの。

自然に分け入り撮影をおこなうネイチャーフォトの世界で、行動範囲が広まり、場合によっては持ち歩ける食料が多くなったことで日程にも余裕が出る。

機材の制約から解き放たれた写真家が残すものは、今までの世代とは違ってくるはずだ。

「ナショナル ジオグラフィック」は、空中都市マチュピチュ(1911年)や沈没したタイタニック号の発見(1985年)など、歴史に残る数多くの実績を有するナショナル ジオグラフィック協会を母体とし、あらゆる領域の“未知”へ挑み、次世代の“知”へと変えていく世界最高峰のドキュメンタリーTV。事実に基づき、エンターテイメント性を兼ね備えたコンテンツを創造し、より多くの人の知的好奇心を刺激し続ける。

ドキュメンタリーTVの「ナショナル ジオグラフィック」が“ドキュメンタリーを体験する”をコンセプトに主催する「ナショジオ ツアー」の第1弾「ネイチャーフォ...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
現在、東京ドームシティのGallery Aamo(ギャラリーアーモ)において開催されているのは、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」だ。果たして、...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
現在、東京ドームシティのGallery Aamo(ギャラリーアーモ)において開催されているのは、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」だ。果たして、...
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...