『たたみかた』編集長が語る、「希薄な人間」の可能性

白と黒、男と女、既婚と独身…。

二項対立で考えることは、物事を単純にわかりやすくするという利点があります。

メディアでは二項対立による議論が取り上げられることがよくありますが、どちらにも属さない「中間層」にスポットが当たることはあまりありません。政治において、そんな「中間層」の立場にいた編集長の三根かよこさんが作ったのが、30代のための新しい社会文芸誌『たたみかた』。

2017年4月に、ミネシンゴさんとの夫婦出版社「アタシ社」から出版されました。

政治を離れて、
ふつうに福島について語りたい

4b753a3a66c8a93eecb241b4a1cd15ace717f675

創刊号のテーマは「福島」。

福島出身でもなく、身近に被災した人がいたわけでもなく、福島には接点がなかった三根さん。創刊号にあえて「福島」というテーマを選んだのは、なぜなのでしょうか。

「自分に関係ないと思われるテーマが自分の問題になる…。そのスイッチポイントは何なのかを研究したい、とずっと思っていました。私は、誰もやっていないときに『それをやるのは自分かもしれない』という意識が強いんです。震災以降、世の中に対して『社会や政治を語るときのあり方』のロールモデルを作らないといけない、という課題意識がありました」

ジャーナリズムや哲学、仏教、国際協力などの分野で活躍する人たちによって、主義・主張を離れた福島が語られている『たたみかた』。

難しい言葉ではなく、エッセイや対談、漫画も交えて構成されています。そして表紙には、「ほんとうは、ずっと気になってました」と書かれています。

思わず、”そうそう!”と思った人も多いのではないでしょうか。震災以降、心の中では福島のことが気になっていても、どこか語りにくい雰囲気がありました。

それは決して関心が薄れていたわけではなく、「政治的な文脈を離れて普通に福島のことを語ることが難しくなっていたからだ」と、雑誌の中にも書いている三根さん。

E5c84033be2ac879954af0ede224cd07ef517f56

たたみかた』創刊号より(画像提供:アタシ社)

震災以降、三根さんは「正しさ」と「正しさ」がぶつかり合って、論争が起きていることに疑問を感じてきたといいます。

「たったひとつの正しさは存在しないのに」。

だから主義や立ち位置というスタンスを取らないメディアを作りたいと考えました。

「政治について声を荒げたり、SNSで主張をシェアしたり…。そういう論争に自分がどう関わっていけばいいかわからなかった。『たたみかた』は、”人間にとって正しさという主義・主張がない状態が、ベストな状態なのではないか?” という仮説を持って作ったんです。複雑な社会を漂い続け、その孤独に耐えることができる状態こそが、人間が調和的に生きていくための一番いいあり方なのではないかと思うんです」

社会をまっさらな状態から
思考する

『たたみかた』の構想から創刊までには、6年という長い時間がかけられています。

ひとりで背負うには、とても重いテーマ。途中で心が折れた時も何度もあった、と三根さんは話します。

「”なんでこんなリスクを取って、福島というテーマでやろうとしてるんだろう”と思ったこともあります。『たたみかた』は創刊号だから広告も入っていないし、読者はゼロだから、誰も待っていない状態。発売をずるずる2年、3年と伸ばすことができてしまう。でも”もしやらなかったら、自分のことを嫌いになる。自分のことをこれ以上嫌いになりたくない”と思いながら作りました」

C84ce173253a763399e328f47d98bdc2c84205ec

たたみかた』に掲載された、福島在住の小松理虔さんによる上野のアメ横のレポート(画像提供:アタシ社)

『たたみかた』を出すことによって、炎上が起きるのではないかという懸念もあったが、読者から寄せられた手紙には「二項対立に巻き込まれるのが怖かったし、どちらが正しいということではないと思っていた。ずっと言葉が出なかったけれど、ようやく救われた」と書かれていた。

「根源的なテーマと社会を結びつけること」は三根さんにとって生涯かけてやっていきたいライフテーマ。

「”なんで戦争ってなくならないの?” って子どもが不思議に思うような問題とかをずっと考えているのが好きで、それが生業になったら最高!と思ってます。総じて、メディア作りは楽しいですよ」

次号は「男らしさと女らしさ」をテーマにした雑誌が発売される予定。

中間層の人間には
可能性がある

神奈川の逗子に自宅兼オフィスを構える、夫婦出版社「アタシ社」。

三根さんの「中間層」というスタンスは、住む場所においても変わりません。

「逗子って田舎でもなければシティでもなくて、東京との距離感が絶妙。私はベッドタウンで生まれ育った人間だから、土地に対しての思い入れがとても薄い。だから地方で起きている ”街や村を存続させるために移住を増やさなきゃ” というような議題を、どうしても自分たちの問題として捉えられないんですよね。一方で、この土地に対する思い入れの希薄さを、気に入ってはいるんです。思い入れは、執着や争いのタネにもなるから。自分は、こんな風に浮遊してるくらいがちょうどいいのかなと思っています」

3d522b7b422039511afb011759a421d37e509817

都会か地方かという二項対立とは、さようなら。

「地方から東京を見る目と、東京から地方を見る目。そのどちらからも距離をとりたい」と三根さん。

「中間層をはじめとした “希薄な人間” って、流動的になれるという意味で可能性のある人間なんじゃないかって私は思っています。人と人の間に入って、繋ぎ直すことができるのは、こういう人間なんじゃないかって。自分は根無し草だったから、自己肯定感が欲しいだけかもしれないけど(笑)」

声が大きい人が目立つ世界。

実は声をあげたくてもあげられない中間層に属する人たちは、たくさんいるのではないでしょうか。スポットライトの当たっていないこの中間層の人たちこそが、柔軟に未来を作っていくのかもしれません。

アタシ社の本の購入は、こちらから。

Photo by 金田 裕平
夫婦2人の出版社「アタシ社」は、神奈川県逗子市にあります。ミネシンゴさんは美容文藝誌『髪とアタシ』の編集長、三根かよこさんは30代向け社会文芸誌『たたみか...
私が最初に出会った「アタシ社」の本は、『髪とアタシ』でした。美容雑誌なのに、なぜ渋谷・青山エリアではなく離島の美容室!?美容雑誌なのに、リーゼントに角刈り...
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
世界的にも評価の高い、日本を代表する映像作家たちの手でつくられた“とあるアニメーション”が、いま大きな話題を呼んでいます。作品に対しては、伊勢谷友介や松田...
その名も「Oru Kayak 」…折るかやっく?まるで「折り紙」みたいですが、やっぱりそこから着想を得ているのだとか。移動が楽チンに!「折りたたみ式カヤッ...
25年間ANA(全日空)にCA(客室乗務員)として勤め、天皇皇后両陛下や、各国首相・国賓の特別機に乗務したトップCAである里岡美津奈さん。全ての乗客に満足...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
人間はさまざまな理由により、他の人を信じられない人間不信に陥ってしまうことがあります。きっかけは些細なことから、とても重大なことまでさまざまですが、人を信...
スニーカーはファッションとしてもギアとしても好きで、だいたい50足ぐらいを所有しています。街履き用、山用、自転車用、ランニング用など、フィールドやアクティ...
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
2016年2月16日、Appleのホームページに、顧客に向けてこんなメッセージが投稿されました。「米国政府が、顧客の個人情報の安全性を脅かす、前代未聞の要...
撮影したArkadiusz Podniesinskiさんは、自身のwebサイトでこう語っています。「7年前にチェルノブイリを訪れた時には、同じような災害が...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
日本人として知ってて当然のはずの両者の違い。言うまでもなくこの2つの原材料は同じもの。では、どこで「たらこ」と「明太子」を見分けるか?ちゃんと説明できます...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...